最終更新日:2018/1/9

マイナビ2018

マイナビコード
100532
  • 正社員

(株)エム・アイ・ディー【M-PREMIER/Aveniretoile/BLENHEIM】

本社
大阪府
資本金
2,000万円
売上高
50億円 ※2017年3月
従業員
220名 ※2017年4月現在
募集人数
46〜50名

特集記事

ファッションビジネス特集

ブランドのため、自分のため、チャレンジできる環境が、成長につながります。

キーパーソン

PHOTO

「共に成長して行こう!」という思いで社員の成長を見守る会社。

藤村恵美さん
東日本販売部/Aveniretoile(伊勢丹新宿店)
店舗管理者・販売リーダー
2010年入社/理工学部 経営システム工学科卒

エム・アイ・ディーの中でも20代女性をターゲットにした高級感のあるファッションを展開するブランド「Aveniretoile」。藤村さんはこのブランドを体現するイメージスタッフとして、旗艦店となる伊勢丹新宿店の店舗管理者と販売リーダーを務めています。お客様からも高い支持を得て、ブランドの顔として活躍している藤村さんに、エム・アイ・ディーの会社の魅力や仕事のやりがいについて伺いました。

社長や役員の皆さんまでもが、社員一人ひとりをしっかり見ていてくれる会社です。

ブランドの顔として、「私がAveniretoileです」と胸を張って言えるよう、服装はもちろん、立ち居振る舞い、言葉使いなど全てに注意を払っているという。

大学までは自分の得意な数学を学ぶことに専念しようと思い、理工学部に進学したんです。ただ仕事は、自分の好きなことをやろうと思っていましたので、昔から興味のあったファッション関連の企業、アパレルや化粧品メーカーに的を絞って、就職活動を行っていました。
エム・アイ・ディーと出会ったのは、大学4年生の春。派遣会社からのアルバイトスタッフとして、Aveniretoileのお披露目イベントに参加させていただいたときでした。イベントの際、社長や役員の皆さんまで現場に出られ、一丸となってブランドのPRをされていたのが印象的。皆さん一体感を持ってイキイキと働いておられ、そんな中でも私たちアルバイトスタッフのことまで、すごく気にかけてくださっていたんです。社長や上層部の方が、私たちを単なるアルバイトではなく、ブランドの立ち上げに参加してくれているメンバーとして対応してくださるのが嬉しかったですね。エム・アイ・ディーの社風に一気に触れた感じでした。その時、一人ひとりをしっかり見てくれているという印象を受け、この会社なら社会人として成長していけると感じたのが、入社を志望したきっかけです。Aveniretoileの商品自体が、私の好きなテイストだったことも大きかったですね。偶然の出会いでしたが、勝手に「ご縁があるんだ」と思っていましたから(笑)。入社後、立ち上げメンバーとしてAveniretoileのオープンに参加できた時は本当に嬉しかったです。

さまざまなことにチャレンジできる環境が、新しい自分を発見させてくれます。

お客さまに一番近い、現場の意見を大切に考えるエム・アイ・ディー。ショップから提案した商品が店頭に並ぶことも多く、FAにとってやりがいにつながっている。

現在は、Aveniretoileの伊勢丹新宿店に勤務し、店舗管理者と販売リーダーという二つの役職を任せていただいています。店舗管理者は一般的にいう店長の役割で、店舗の運営全般が仕事。売上など数字の管理はもちろん、売り場づくりや、フェアの企画などを行っています。一方の販売リーダーは、Aveniretoileとしてどのように顧客づくりをしていくか、そのノウハウを伝え、深めるのがミッション。Aveniretoileの立ち上げメンバーとしての知識や経験を踏まえ、顧客づくりのノウハウをスタッフに伝えるとともに、実践した結果を新たなノウハウにつなげるようにしています。
エム・アイ・ディーは、一人のファッションアドバイザー(FA)でも、レイアウトからスタッフの教育、商品の提案など、幅広いことに携われる会社です。私自身、単純にFAイコール販売員という認識で入社しましたが、挑戦できることが本当に多いですね。自分には今まで縁がなかったり、できないだろうと思っていたことでも、やってみると意外とできたり、楽しかったり。こんなこともできるんだと、違う自分を発見できる機会が本当に多いですね。挑戦することで新しい自分を発見できた瞬間は、すごくやりがいを感じます。またそのチャレンジについても、上司や先輩が一人ひとりの成長をしっかり見てくれていて、その成長に合わせて次のステップを与えてくれます。私自身、振り返ってみれば、入社時に比べて本当にいろんなことができるようになりました。

頼れる先輩が、仕事からプライベートの悩みまで、しっかりサポートしてくれます。

店舗管理者としてAveniretoile伊勢丹新宿店をとりまとめる藤村さん。販売リーダーとして、横浜、名古屋、大阪の店舗に赴き、スタッフの指導にもあたる。

エム・アイ・ディーは、上層部と現場の距離が近く、社員一人ひとりの成長をしっかりサポートしてくれているのですが、それを具現化しているのが「エルダー制度」です。この制度は、新入社員の教育を入社2〜3年目の社員がマンツーマンで担当し、1年をかけてじっくり育てるというもの。期間中は、新入社員もエルダーも両者がレポートを書き、店長やマネージャーが教育の仕方や成長度合いをチェックします。新入社員だけでなく、2〜3年目の社員がどんな活動をしているかを上層部の人間がしっかり把握し、一人ひとりの成長をサポートしています。
新入社員にとっても、自分を担当してくれる先輩に、業務はもちろんそれ以外の悩みを相談できる心強い制度。私自身もつらいとき、先輩に救っていただいたことが多々あります。今でもいろいろと相談に乗っていただく関係ですよ。こうした制度にも、一人ひとりを大切にするという思いが込められていると思います。
エム・アイ・ディーのこうした制度や社風のなかで、私自身たくさんの現場経験をさせてもらい、成長させていただきました。だからこれからは、外の世界のことも学んでいこうと思っています。例えばホテルでのおもてなしやマネジメント、言葉使いなど、本を読んだり、セミナーに参加したり、外部から知識を得てそれをAveniretoileに還元していきたですね。立ち上げから参加している大好きなブランドAveniretoileをより広めるために、自分自身さらに成長していきたいと思っています。

学生の方へメッセージ

就職活動をしていたとき、周囲の人たちは「本当にやりたいこと」ではなく「会社名」や「規模」などを大事にしているように思えたんです。私にもそういうところはありましたが、それ以上に「やりたいこと」を貫いた結果、理想の会社に出会えました。だから会社名や規模などに惑わされることなく、まず自分のやりたいことを探してみてください。勇気のいることですが、自分を信じてしっかり探していけば、きっと自分に合った会社が見つかります。長い目で見ると、大切にしなければならない部分だと思います。
エム・アイ・ディーは、メーカーとして、ものづくりにおいても商品に対するこだわりがあり、ショップとして、お客さまへのサービスも、日々スタッフでミーティングを重ねながら良いものにしていこうとしています。商品とサービス両方を追求しできるので、そういう意味でもアパレルを志望している方にとってすごくおススメの会社です。働いている仲間や、職場環境も魅力的な会社。ぜひ一度説明会に来て、エム・アイ・ディーの魅力に触れてみてください。

PHOTO
社長はいつも説明会で「大きな家族になってください」と言っています。社員は家族同様に大切にする。私たちもそんなイメージで皆さんを受け入れます。

ページTOPへ