最終更新日:2018/1/11

マイナビ2018

マイナビコード
100749
  • 正社員

(株)川本第一製作所

本社
愛知県
資本金
5,000万円
売上高
318億円(2016年10月実績)
従業員
318名(2016年12月)
募集人数
若干名

創業85年、全国で事業展開する水道関連資材の専門商社。

  • 積極的に受付中

皆さんのエントリーお待ちしています! (2018/01/11更新)

(株)川本第一製作所 採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

長野(営) 営業職を2次募集しています。
エントリーしてくださった方に個別説明会のご連絡させていただきます。
まずはエントリーをよろしくお願いいたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
通称「三本川」のマークで全国の取引先に親しまれている川本第一製作所。得意先・仕入先・同社の3本の柱が力強く協力しあうのが創立以来の願いです。
PHOTO
手動ポンプの時代から80年以上にわたり水道資材の総合卸商社として発展してきたのが同社です。100年企業に向けてさらなる成長を担うのは若手社員です。

早い時期に基礎をしっかり身につけた上で、営業として自信を持って活躍できます。

PHOTO

「自分で仕事を見つけて広げることができるのが商社の仕事の醍醐味。」(伏屋さん)「商品知識やスピード感をさらに強化し、仕事の幅を広げていきたい。」(伊藤さん)

川本第一製作所は、水道管の専門商社。具体的には、水道用配管資材から住宅設備機器、土木建設資材、及び関連機器を取り扱っています。強みは、北海道から沖縄まで全国18の営業所で地域密着の事業展開をしていること。需要の多い都市部に固執せず、早い時期から各地域に根を張った営業展開を推進したことで、価格競争に巻き込まれることなく着実な利益を上げてきました。また、各営業所が倉庫を持ち、必要な商品を必要な時に早く供給できるのも、他社にない強みだと思います。そうした細かな取り組みが、各地域のお客様の厚い信頼を勝ち取ってきたのです。そんな当社の成長をリードしてきたのが営業員です。一人ひとりにある程度の裁量を持たせるのが、当社のスタイル。お客様とのやり取りの中で、自分の判断で価格を設定して利益を上げる。そんな商いの面白さを感じながら、商社員として成長していけると思います。「水道管」に縛られる必要もないんです。自分で商品や販売先を開拓し、広げていくことも可能です。むしろ、そんなバイタリティのある人に入社していただきたい。若いうちから、どんどん挑戦して欲しいと思います。当社には、それを受け入れる度量と環境がありますから。(伏屋 智/営業本部 業務部長)

私が当社を志望した一番の理由は、ちゃんと下積みができる会社だったから。最前線で活躍するための基礎固めを、早いうちにしておきたかったのです。当社では、営業の新入社員はまず倉庫に配属されます。ここで、商品知識を徹底的に身につけることができます。その後、お客様からの電話・ファックスでの問い合わせや発注への対応を担当。そこでは、お客様のニーズに合わせたメーカーや商品の選び方を学びました。価格や品揃えだけでなく、対応の早さやサービスの幅広さなど、様々な情報を加味してメーカーを選択するのが商社員の腕の見せどころ。先輩の仕事や普段の会話からノウハウを学び、仕事に生かしていきました。こうした経験を早い時期にたっぷりしたことで、営業として外に出るための土台づくりができました。入社3年目の今、自分でビジネスを動かせるようになって本当に面白い。自分が価格設定して提案した商品をお客様に選んでいただけた時は、嬉しいですよ。私たちが扱っているのは、ライフラインを支える大切な商品。自分の提案が社会貢献につながることも、大きなやりがいです。(伊藤孝紘/名古屋営業所 営業職)

会社データ

プロフィール

 当社は創業から85年、おかげさまで水道資材・住宅設備機器等の総合卸商社として、北は北海道、南は沖縄までくまなくネットワークを張り巡らし、お得意先は5,000軒を超えることができました。全国各主要都市に営業所を設け、地域に密着した営業スタイルで充実した在庫と即納体制を貫いてまいりました。
また、創業以来愛されてきた当社の手押しポンプは、震災などによりライフラインが止まった時の災害対策として再び見直されています。

我が社の商標は通称三本川のマーク。力強く3本の柱が協力しあうのが創立以来の願いであり、三幸精神の下にお得意先様、仕入先様各位と当社及び社員全員が三位一体となってお互いの信頼を第一としてお付き合いを願って進んでいきたいと思います。

【川】印をトレードマークにしている当社は、水資源を大切に有効に利用させていただき、自然に感謝しつつ今後とも水回り商品を柱に、より社会貢献度の高い会社にするように頑張ってまいります。

事業内容

PHOTO

名古屋営業所倉庫です。6階建ての倉庫には、お客様のご要望にすぐ応えられる様 水道資材を中心に多くの商品を取り揃えています。

配管資材、設備機材、住宅設備、建設機材などの供給、手押しポンプの製造販売


本社郵便番号 460-0016
本社所在地 愛知県名古屋市中区橘一丁目6番1号
本社電話番号 052-332-1900
創業 1932(昭和7)年3月
設立 1937(昭和12)年4月
資本金 5,000万円
従業員 318名(2016年12月)
売上高 318億円(2016年10月実績)
事業所 ■札幌営業所
〒003-0030 北海道札幌市白石区流通センター六丁目1番57号

■旭川営業所
〒079-8452 北海道旭川市永山北二条九丁目7番地の5

■釧路営業所
〒084-0912 北海道釧路市星ヶ浦大通り二丁目10番36号

■青森営業所
〒039-2246 青森県八戸市桔梗野工業団地二丁目6番1号

■秋田営業所
〒011-0945 秋田県秋田市土崎港西三丁目52番地1

■盛岡営業所
〒020-0402 岩手県盛岡市黒川九地割字6番地2

■仙台営業所
〒981-1222 宮城県名取市上余田字千刈田636

■郡山営業所
〒963-0551 福島県郡山市喜久田町権現林37番の6

■埼玉営業所
〒344-0007 埼玉県春日部市小渕193番地1

■新潟倉庫
〒950-0864 新潟県新潟市東区紫竹7-34-32

■長野営業所
〒387-0023 長野県千曲市大字八幡字柳田2178番5

■富山営業所
〒930-0834 富山県富山市問屋町二丁目9番7号

■名古屋営業所
〒460-0016 愛知県名古屋市中区橘一丁目6番1号 川本第一製作所本社ビル2F

■広島営業所
〒733-0833 広島県広島市西区商工センター五丁目10番23号

■福岡営業所
〒813-0034 福岡県福岡市東区多の津二丁目12番2号

■長崎営業所
〒854-0065 長崎県諫早市津久葉町5番地99

■熊本営業所
〒861-8002 熊本県熊本市北区龍田町弓削671-8

■鹿児島営業所
〒899-4462 鹿児島県霧島市国分敷根114番地

■沖縄営業所
〒901-2221 沖縄県宜野湾市伊佐四丁目10番2号
主な販売先 配管資材卸店、管工事組合、総合建築業、建築金物店、ポンプ・空調設備業、電設資材店、農機具・農材店、ハウスメーカー、ホームセンター 他
沿革
  • 1932年3月
    • 先代 川本林三が川本第一工作所を個人営業にて創業
  • 1937年4月
    • 株式会社川本第一工作所に組織変更し、川本林三が初代社長に就任
  • 1956年11月
    • 株式会社川本第一工作所を株式会社川本第一製作所に社名変更
  • 1960年5月
    • 仙台市に仙台営業所を開設する
  • 1961年10月
    • 福岡市に福岡営業所を開設する
  • 1966年10月
    • 札幌市に札幌営業所を開設する
  • 1981年4月
    • 取締役社長に川本勝美が就任する
  • 1982年3月
    • 3月8日 創業50周年の慶節を迎える
  • 1992年11月
    • 名古屋市中区橘一丁目6番1号に本社社屋を新築し移転する
  • 1994年10月
    • 取締役社長に川本貢司が就任する
  • 2007年7月
    • 取締役社長に川本茂人が就任する
  • 2012年3月
    • 3月8日 創業80周年の慶節を迎える
  • 2012年11月
    • 埼玉営業所、広島営業所を開設する
  • 2017年3月
    • 3月8日 創業85周年の慶節を迎える
月平均所定外労働時間(前年度実績)  20時間(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒460-0016
住所:愛知県名古屋市中区橘1丁目6番1号
部署:営業本部
TEL:052-332-1900
URL http://www.kawamotodaiichi.co.jp
E-mail saiyou@kawamotodaiichi.co.jp
交通機関 市営地下鉄 名城線「上前津駅」下車徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp100749/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)川本第一製作所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ