最終更新日:2017/5/18

マイナビ2018

マイナビコード
103193
  • 正社員
  • 既卒可

(株)くわこや

現在、応募受付を停止しています。

本社
愛知県
資本金
2,000万円
売上高
51億円 2016年9月期実績
従業員
194名(正社員124名、パート55名、学生アルバイト15名 ※2016年11月時点)
募集人数
11〜15名

特集記事

女子学生ナビ

“強い部活”のような会社、パルファン。チームワークでより良い店舗づくりを実現。

充実のシゴトスタイル

PHOTO

笑顔を支えるのは、充実した毎日。

石黒愛望さん 
パルファン イオンモール大高店/2016年入社
愛知学院大学 心身科学部 卒業 
就職活動中はエステやブライダル業界も視野に入れていたが、企業理念や社長の人柄に魅力を感じ、パルファンに入社。

内定後のアルバイト制度を利用して、早い時期からパルファンの店頭に立っていた石黒さん。
全店の中でもトップの売上げを誇るイオンモール大高店で、期待の新人として活躍中です。担当するブランドの売場づくりを熱心に行ったり、お客様の立場で親身になって接客にのぞんだり、毎日、意欲的に仕事に取り組んでる彼女。「美容を通して女性の生き方をサポートしたい」という強い思いがモチベーションになっているそうです。その仕事ぶりやキャリアビジョンについて、伺いました。

心に寄り添う接客で、たくさんの人を笑顔にできる仕事。

「売り込まない接客」が、パルファンのモットー。カウンセリングを通して美容に関するお客様の悩みをお聞きし、その解決法を一緒に探していきます。

「自分に自信が持てるようになりたい」。美容に関する仕事に就いたのは、そんな思いがあったからでした。大学時代、養護教諭をめざしていた私は、子どもたちの心に寄り添える先生になりたいと思っていたんです。でもある時、美容の仕事も同じだなと気づきました。「こんな風になりたい」とか「変わりたい」と願う女性の思いを受け止め、叶えるためのサポートをする。まずは外側からきれいになることで女性たちは自分に自信を持ち、心の内側も強く美しくなっていける。そんなお手伝いができる素敵な仕事だし、自分自身も変わることができるんじゃないかと思ったのです。

パルファンの接客も、お客様の気持ちに寄り添うことが基本です。スキンケアやメイクに関する悩みなどをカウンセリングでしっかりお聞きし、さまざまなブランドからお客様にあった商品をご提案します。それがお肌の悩みの解決につながって「ありがとう!」と言っていただける時は、大きなやりがいを感じます。以前、ニキビで悩まれていたお客様に、おすすめのサンプルをお渡ししたことがありました。後日、ご来店されて「とてもよかったので商品を買っていきます!」と言ってくださった時は、うれしかったですね。何よりお客様の表情が、以前とまったく違ってとても明るかったんです。パルファンで、自分がめざした仕事ができていると実感しました。

商品の魅力を自然に伝える売場づくりに挑戦。

担当するブランドの売場づくりや商品PRも重要な仕事。店長や先輩、ブランドの美容部員さんと相談しながら、お客様の心に響くメッセージを考えます。

パルファンの各店舗では、スタッフそれぞれが化粧品の担当ブランドを持ち、売場づくりから売上管理まで行います。私も最近、担当ブランドのリーダーになりました。それは、スキンケアからメイクまでトータルに揃うブランドで、私は商品の特徴を紹介するPOP(商品紹介)を作ったり、陳列の仕方を工夫したり、サンプル紹介と連動させておすすめ商品をアピールしたり…お客様にとってわかりやすく楽しい売場づくりに取り組んでいます。「売り込まない接客」がパルファンのモットーですから、商品の良さを自然なカタチでお客様に知っていただくための売場づくりは重要です。私が書いたPOPに目をとめてくださったり、売場を見て商品について尋ねてくださったりすると、お客様へメッセージがちゃんと伝わっているのだと実感できて、うれしくなります。

私が勤務するイオンモール大高店はご来店されるお客様の数が多く、パルファン全店の中で最も活気のある店舗のひとつです。だから仕事にはスピード感が不可欠。先輩たちを見ていると、常に事前の準備を怠らず、先を読んだ動きで冷静に仕事を進めているので勉強になります。私の場合、忙しくなると、つい周りが見えなくなってバタバタしてしまうので…。でもそんな時は、店長や先輩スタッフがさりげなくフォローしてくれるんです。メンバー全員がお互いに助け合い、雰囲気の良いお店作りを目指し全力で取り組んでいますね。パルファンは、目標達成のためにメンバーがお互いを引き立て合いながらチーム全員で最高のパフォーマンスを発揮する、強い部活のような会社です。

オンとオフを上手に切り替えてリフレッシュ。

休日は、同期の仲間と出かけてリフレッシュ。オンとオフの切り替えを意識的におこなうようにしています。もう少し仕事に余裕ができたら、スポーツクラブにも通いたいです。

休日を充実させるのが、私のスタイル。まずは自宅で心身ともにリラックスすることを大切にしていますが、普段のお店ではなかなかゆっくり考えることができないこと、例えば担当するブランドの売場づくりについて考えたり、写真を切り抜いて作ったPOPの試作を母に見せてアドバイスをもらうこともあるんです。お客様目線の意見が聞けるので新しい発見がありますし、商品の魅力の伝え方やお客様とのコミュニケーションの参考になります。そんな私を見て、母は「楽しそうだね」と言ってくれます。やりがいのある仕事に就き、毎日を楽しんでいる様子が伝わっているのかもしれません。

もちろん食事や買い物に出かけるなど、気分転換も欠かしません。仲のいい同期の仲間と同じ日に休みが取れると、必ず一緒に遊びに出かけます。最近はお笑いのライブにハマっていて、大阪まで足を運ぶこともあるんですよ。先日は、二泊三日で京都に行ってきました。休日はそんな風にリフレッシュして、仕事への英気を養うようにしています。
オンとオフの切り替えを上手におこなって心身ともにすこやかでいることも、仕事のうちだと思うんです。自分自身が健康で落ち着いた気持ちでいなければ、説得力を持ってお客様とお話しすることもできませんから。そうした美容に携わる者としての基本姿勢も、先輩方から学んでいます。

結婚・出産後も安心して働き続けられるサポートが充実。

これからの自分のキャリアや人生を長い目でとらえると、仕事とプライベートのバランスをうまく取ることが大切だと思っています。パルファンは、女性が働き続けられる環境が整っている会社で、結婚・出産などのライフイベントを迎えたらその都度、働き方を見直すことができるんです。例えば子どもが小さいうちは一時的に短時間正社員(SS:ショートタイム・スタッフ)として勤務し、子育ての手が離れたらフルタイムに戻る、という働き方も可能。実際、その制度を利用して結婚後もバリバリ働いている先輩はたくさんいます。私も、長く仕事を続けていきたいと思っているので、安心して働ける環境が整っているのは心強いです。
私たちの仕事は、美容を通して女性の生き方に寄り添うこと。例えば産前産後の肌トラブルに悩まれるお客様へのアドバイスなど、これからの自分の人生の経験をきっと仕事に生かせると思います。

PHOTO
ライフステージに合わせていろいろな働き方ができる制度が整っているのがパルファンの魅力。大好きな仕事だから、環境が変わっても働き続けたいと思っています。

ページTOPへ