最終更新日:2017/12/12

マイナビ2018

マイナビコード
201344
  • 正社員
  • 既卒可

相互ビジネスフォーム(株)

本社
大阪府
資本金
2,300万円
売上高
12億3,400万円(2016年5月決算期)
従業員
79名(男 58名・女 22名)(役員/パート・アルバイト17名含む) (2017年6月現在)
募集人数
1〜5名

特集記事

仕事・働き方を知る特集 「挑戦する仕事」

日々の地道な挑戦が技術力アップにつながる喜びを実感

モノづくり

PHOTO

モノづくりにチャレンジできることに魅力を感じ入社

入社3年目の若手社員として、現場で日々緻密な加工業務を行っている山里さん。仕上加工という責任を伴うポジションで働くことの苦労、おもしろさ、さらに将来の夢についてインタビュー。

山里 彰敏さん
生産部 仕上加工課
2014年入社/大阪芸術大学 芸術学部キャラクター造形学科
大学卒業後、「モノづくりに関わる仕事、会社に就職したい」との思いを持って相互ビジネスフォームへ入社。様々な印刷会社を見る中で、設備の充実度や規模の大きさに感銘を受け、入社を決意。

ずらりと並んだ設備や機器のスゴさに感動。オープンな社風にも魅力を感じ入社。

「入社後、配属されたのは今の部署である仕上加工課。モノをつくる楽しさを実感できる仕事に携われ、経験を積んで技術を高めていけるのが魅力です」と山里さん。

大学時代は、イラストやキャラクターデザインなど、0から何かをつくり出すことに興味を持って学んでいた私。学校卒業後、1年間はアルバイトをしながら将来について考える中で「大好きなモノづくりに関わる仕事をしたい」と考えるようになったんです。
そうして就職活動を開始。イラストやデザインとも関連性のある印刷業界の企業をいくつも訪問しました。当社はいくつか訪問した中でも、圧倒的に製造設備・印刷機器が充実していて、規模も大きく、入社後、いろいろなことができるというイメージを持てました。最終的には面談で「新しい機械への対応やお客様から求められるレベルの高い品質を保つために、現場の仕事は厳しいよ」と現場担当者や社長から率直に話していただけ、そんなオープンな雰囲気も入社の決め手になりましたね。
入社後は、現場のベテランの先輩がマンツーマンで機械操作のことや業務の流れ等を丁寧にレクチャーしてくれ、いつもどんな質問をしても嫌な顔一つせず答えてくれたおかげで、基本的なことはすぐにマスターできました。初めての社会人生活への心配も、技術や経験0からの業務に取り組む不安もまったく感じることなく、スタートできたのを今も覚えています。

自ら考えて行動することで、業務が上手くいき、自分自身の成長も実感

状況や用紙によって緻密な設定や操作が必要となるのが仕上加工の仕事。その上、常に集中しながら、仕上がり品質や機械トラブルがないかを意識する必要があるという。

私が今、仕上加工課で担当しているのは、印刷された後の印刷物に「ナンバーメイト」というナンバリング加工機を使って、チケットや会員カードなどに、一枚一枚ナンバー(番号)を付けていくプロセス。基本的には最終工程に近い加工として、これまで印刷等の前工程の技術者が品質重視でやってきたことを受け、製品として完成させる上で、失敗は絶対にできないという緊張感がある仕事です。
仕事では機械に用紙をセットしてスイッチを押して終わりというほど、簡単ではなく、最初の数値設定をはじめ、加工中の機械動作確認、仕上がりの定期的なチェックなど、集中力と注意が欠かせません。
入社直後はミスが多く、せっかくキレイに印刷された用紙を何枚もロスしたりしたことも・・・。この仕事は、ナンバー一つのズレが後の全部のミスにつながっていくことにもなりかねませんし、納期のことも考えればスピードも大事。その両方を考えながら作業するのは大変でしたが、前準備と段取り、業務で重要なポイントはどこかを意識して取り組むようになってからは、ミスが減り、スピードがアップしました。ただ単に慣れたというのではなく、考えて行動することで、どんどん仕事として上手くいく経験を通して、この仕事は本当におもしろいと思いましたね。

将来の目標を明確に持って、自分を高める努力を継続します!

社員同士の仲が良く、部門を超えた連携・チームワークも抜群。人とのつながりや仲間との絆も大切にできる社内は、腰を落ち着けて長く働ける。

入社から3年目を迎え、技術や知識も少しずつ身についてきたことから、最近は少し先の自分の将来像というか、技術者としてどういうキャリアステップを描きたいかが、明確になってきました。
具体的には、今任されているナンバリングの技術をもっと高めた後は、ハガキやパンフレットなどに見られる2つ折りや巻3つ折りなど自動で折ることができる折加工機にチャレンジし、次にナンバリングと折加工を同時にできる設備の操作知識と製造技術を身につけることを目標にしたいですね。
こんな風に、実際にまだ自分が携わったことのない業務、設備があることから、次にどんなことができるかを楽しみ、かつ目標に働けるのが当社の良いところ。
最近また新しい加工設備が導入され、自社オリジナルの製品開発にも会社が取り組んでいくとの話もあるので、さらに上の目標設定ができるも良いですね。
もちろん、私がそこまでできるようになるのは、もっと先かもしれませんが、自分の将来なりたい姿、やりたい仕事をイメージしながら、これからも日々の仕事とスキルアップに取り組んでいきたいです。そして先輩として、新しいみなさんにも分かりやすく教えられるよう、技術も知識も高めて日々勉強です!

コミュニケーションを密にし、共に上をめざす!

当社は新卒採用に力を入れていることもあって、20代・30代の若手技術者が多く、活気があり、新しいことにも会社全体で取り組んでいく社風があります。部署の一体感はもちろん、他部署との連携もしやすい環境なので、意欲的に仕事をしたい人、より品質を高めていきたい人が働きやすい環境です。
そんな中で私も、常に部門内、部門間を超えたコミュニーションをとることを心がけ、全員でより良い製品にしていこうという思いを持って日々働いているところです。特にこの仕事は、自分の業務に集中しすぎて周りが見えにくくなりがちですが、意識的に周りに声をかけ、相手のことや仕事のこと理解することで、むしろ仕事もスムーズにいき、品質面でも高まります。
コミュニケーションを大事にすることで、自分だけでは解決できないことにもアドバイスをもらえますし、成長につながるヒントも得られますから、これからもこだわっていきたいですね。

PHOTO
仕事はもちろん、プライベートでも仲が良く、会社生活も楽しいのが同社の魅力。社員の成長を第一に考え、社長をはじめ経営陣が社員と日頃から交流し、思いを伝えている。

ページTOPへ