最終更新日:2018/1/19

マイナビ2018

マイナビコード
206861
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)ジェイグループホールディングス [グループ募集]

本社
愛知県
資本金
10億6,896万円(2017年2月末日現在)
売上高
143億5,700万円(2017年2月決算連結ベース)
従業員
2,282名(うち正社員数598名/2017年2月末日現在 連結ベース)
募集人数
51〜100名

仲間がいるから頑張れる!夢に向かって進むもの。夢を実現したもののストーリー

PHOTO

若手、管理者、独立者の3人が今を語る

中泉藍 旬道大地勤務 2016年新卒入社
森陽彦 エリアリーダー 2007年中途入社
小川佳史 TAPROOM代表 2007年新卒入社

飲食店で働くとはどういうことか。中でもジェイグループホールディングスで働くことの面白さ、やりがい。そして巣立った先輩が今、会社に対して思うこと。それぞれの立場から仕事のこと、仲間や会社について語ってもらいました。

この会社を一言で表現するとどんな会社?

この会社を一言で言えば「人が温かい」会社です。縦との関係も、横とのつながりも良好で、とにかく仕事が楽しいと思える職場環境です。(中泉さん)
この会社を一言で言えば「仲間」です。1人では何もできません。スタッフという仲間がいるからできること。チームワークの良さが企業成長の理由だと思います。(森さん)
この会社を一言で言えば「愛」です。社員一人ひとりのことを真剣に考えて、サポートしてくれる。まさに親の愛情のようなものを感じます。(小沢さん)

仲間と一緒に働ける喜びで毎日が楽しくて仕方ありません。

学生時代にカフェでアルバイトをしていたこともあり、就職先も接客業に絞り、業種関係なく探していました。そんな中、当社の説明会はユニークで、実際にドリンクを作って、その原価を出すといった体験型のものでした。この説明会自体も面白かったのですが、何よりそこにいた社員がみんなとても明るく、楽しそうで好印象でした。その後、面接では人事担当者が一人ひとりをきちんと見てくれていることを感じ、ここでなら頑張った分だけ認めてもらえると思い、入社を決めました。 
 今は「旬道大地」のセカンド(店長の次)として、責任のある仕事を任されています。ホールでの接客をメインに、予約の受付や席割、レジ締めまで、店長と2人体制の時は補佐的なことをやっていますが、店長が休みの時は、一人ですべてを任されています。まだたまに仕事でミスをしてしまったり、お客様の対応で迷いがあったりと、苦労することも多いのですが、お客様から「笑顔がいいね!」「ありがとう。美味しかったよ」と直接笑顔で言ってもらえると、嬉しいですし、頑張ろう!という気持ちになれます。
もうひとつの元気の源は、同期の仲間です。開店前に一緒にランチに行ったり、閉店後も集まって食事をしたりと、店舗が違っても何でも話ができて、仲が良く、みんなも頑張っていると思うと、私も!とモチベーションが上がります。また店舗内でも、アルバイトスタッフを含め、みんなが仲良く、雰囲気がとてもいいので、まるで実家に帰るような感覚で出勤しています。仕事に行きたくないと思ったことは一度もありません。
 今はまだ余裕がなく、周りが見えないこともあるため、店長にも指導されていますが、今後は店長のように目配り、気配りができるようになり、少しでも店長が他の仕事に専念でき、ホールを安心して任せてもらえるようになることが目標です。(中泉藍さん)

自分の判断と決断で店を動かしていく。ダイナミックな仕事にやりがいを感じています。

入社前の5年間、アルバイトとして当社で働いていました。その時から社員がみんな楽しそうに働いているという印象があり、社員という立場で、もう少し幅広い仕事にチャレンジしたいと思ったことが入社のきっかけです。現在は、この店の店長を務めつつ、エリアマネージャーとして4店舗を管理しています。店長業務としては、予約管理からホールの担当、さらにスタッフや売り上げの管理など、毎日忙しく動いています。他に、マネージャーとしてグルメサイトの販促管理やリーダー以上が集まる戦略会議の準備、おもにドリンクメニューの考案や仕入れ、価格設定なども任されています。当社は店長の裁量が大きく、店舗ごとでメニューも価格も異なります。自分の工夫次第で売り上げが大きく変わることもあるので、それだけ責任は大きいですが、店舗を経営している感覚に近いので、やりがいも大きいです。名駅店は会社関係の集まりで利用されることが多く、予約もコース料理が多いのが特徴です。通常30人なら大皿に人数分の料理を盛り、お客様に取り分けてもらうスタイルが一般的ですが、会社関係の人同士ですので、取り分けにくく、料理への満足感が低いのではないか。そこで最初から1人ずつお皿に盛り付けて料理を出すようにしたのです。その結果、お客様の数が増えました。このように、店舗の立地やお客様によって自分で戦略を立てられるのも、この仕事の醍醐味です。
 当社は独立支援制度があり、多くの先輩が自分の店を持って頑張っています。私もいずれは独立を目指しています。この会社は入社してから、独立するまできちんと面倒を見てくれますし、やりたいと思ったことにチャレンジさせてもらえる風土があります。やる気さえあれば年齢や社歴は関係ありません。負けん気があって、自分の店を持ちたい!という夢を持っている人には、ここで働くことが、その夢を実現させる最短距離かもしれません。(森陽彦さん)

念願の独立!心強いバックアップ体制で思い切ったチャレンジができます。

実は、もともと飲食業界にそれほど興味があったわけではありませんでした。大学時代に、偶然利用した居酒屋で食べた「かぼちゃコロッケ」が印象に残るほど美味しく、何気なくその店のスタッフに「このコロッケはどこかで買えますか?」と聞いたのです。
しかしそのスタッフは、その店のメニューはすべて店舗内のキッチンで手作りしているとのこと。「こんなに美味しいものを食べさせてくれる居酒屋があるんだ…。しかも全部手作りとは」と鮮明に記憶に刻まれました。これほどまでに人に感動と喜びを与えられる仕事があるんだと思ったことが、飲食店で働くということを意識するきっかけになりました。その後、就職活動をする時期になった時、知人に「こんな会社もあるよ」と紹介されたのが、ジェイグループホールディングスでした。偶然にも、あの「かぼちゃのコロッケ」の居酒屋も、同社のグループ店舗だったのです。運命を感じて入社を決めたことは言うまでもありません。
 入社後は様々な業態の店舗を経験し、3年目には店長に昇格。6年目ぐらいで“独立”を考え、上司にも相談するようになりました。2014年に会社として独立支援制度が制定され、その対象者として選ばれた時は本当に嬉しかったです。偶然出会ったクラフトビールに惹かれ、これをもっと名古屋に広めたいと考えて出店。会社からは、経営ノウハウのみならず、店舗の改装費用の一部を負担してもらったり、食材の仕入れもグループ会社を通すことで優遇してもらったりと、強力なバックアップ体制で感謝の言葉しかありません。
 この会社は、店舗運営業務は各店舗で任されます。ここで学んだ経験は、独立してから活きるものばかりだと感じています。また独立後も資金面でも食材面でも会社がサポートしてくれるのもありがたいです。何より多くの仲間が応援してくれるのが心強いです。「さすがジェイグループホールディングス出身社長だね」と言われるように精進していきたいと思っています。
(小沢佳史さん)

学生の方へメッセージ

飲食業界で働くからには、いつかは自分の店を持ちたい!そんな情熱のある人なら、きっとやりがいをもって働けると思います。仕事のスキルは入社してからしっかりと教育しますので安心して入ってきてください。特に新しい教育制度では、魚の目利きからさばき方まで自社講座を定期開催。他に料理がおいしく見える写真の撮り方や売り上げ予測入門など、経営ノウハウを学ぶものまであり、自由に受講できます。さらに独立支援制度では、「ドミナント出店」と言って、飲食店のビルを一棟当社が建て、その中の店舗を独立者に貸すという方式です。個人では借りる事が困難な「一等地に店を構えることが出来たり」「食材仕入れに関するグループ会社の利用など」バックアップ体制も万全です。本気で独立を考える人には、会社は全力でサポートします。あなたの夢をここで叶えませんか?

PHOTO
店長に店舗運営を任せています。しっかり実力をつけてから卒業して、自分の店を作ってください。いつでもどんなことでも相談にのります。(採用教育部担当部長 田代耕一)

マイナビ編集部から

居酒屋をはじめとする店舗の経営をひとつの“プロジェクト”として考え、若手の自己実現を支援しながら事業を展開するジェイグループホールディングス。創業の地・名古屋で盤石な地位を築き、近年は東京への出店も勢いを増している。今後はさらに全国主要都市への店舗展開を視野に、その勢いは留まる所を知らない。全国規模で事業を成功させるためには、各都市の土地に明るい人材が必要となる。そこでまずは東京で飲食店運営のトレンドやノウハウを吸収した後、地元での店舗展開を任せていくという施策に取り掛かっている。
 こうした事業展開に必要なのは、よりよい人材を育成することだ。そこで昨年から、さながら「ジェイプロジェクト専門学校」があるかのような教育制度を確立し、キッチン、ホール、オペレーションのそれぞれのスキルアップを図る講座を独自に実施。参加したい者は職種に関係なく好きな講座を受講できる。飲食業界での幅広い知識が、会社全体のレベルアップにもつながるからだ。さらに、独立支援制度も拡充させることで、社員の起業を強力にバックアップしている。
 とかく将来像が見えてこないと、道半ばで諦めてしまう人が多いと言われるこの業界で、これだけ支援体制が整っていれば大いに夢を語り、それを実現する可能性も大きいと言える。飲食業界が大好き。でも先のことを考えると。と悩んでいた人にこそ、ここで自分の好きな仕事で夢を叶えてほしいと思う。

PHOTO
出展拡大を進める東京も、アクセスのよい蒲田駅に寮を設けて社員の快適な環境を用意し、ビール工場見学をはじめ、オリジナル梅酒の製造体験などの独自の社員研修を行う。

ページTOPへ