最終更新日:2017/11/16

マイナビ2018

マイナビコード
206870
  • 正社員

タマ化学工業(株)

本社
埼玉県
資本金
1億2,600万円
売上高
27億5,537万円(2016年3月実績) 23億2,924万円(2015年3月実績)
従業員
86名  2017年2月1日現在(嘱託・派遣社員4名含む)
募集人数
若干名

【2018年卒”事務系”募集中】(エントリー者に個別でご連絡します。)お客様に満足をお届けする「High Quality Company」を目指します!

  • 積極的に受付中

医薬品、農薬原料等の受託メーカーとして、プロセス開発〜実機生産を手掛けています! (2017/11/16更新)

学生の皆さん、こんにちは。
タマ化学工業(株)の採用担当です。

当社の採用ページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。
当社は創業以来、有機合成をベースに、医薬・農薬関連の化学薬品を製造しています。

最終製品ではありませんが、大手製薬・農薬メーカーが、医薬品や農薬などを製造するためには欠かせない中間原料や原体を製造しています。
ラボでのグラム単位の合成実験から、数千リッタークラスの反応槽等を使用した実機生産をしています!

有機合成の実験や製造に関心のある方のエントリーをお待ちしています!!

尚、説明会の予約については、エントリーをいただいた方へ、
完全非公開にてご案内しています。
選考にご参加希望の方は、エントリーいただければこちらからご案内させて
いただきます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
顧客先での的確な説明も研究開発職の役割の一つ。上司や同僚と意見を交わしながら、プレゼンの準備にも余念がありません。
PHOTO
高品質な製品の安定供給のために、開発部にパイロットプラントを設置し、生産プロセスの検証を行っています。

取引先との技術ミーティング、産学共同の研究も。さまざまな活躍の場があります。

PHOTO

「一人1テーマを担当するので、テーマ全体が理解でき、責任感を持って研究に取り組めます」と語る小山直城さん(左)と川西和樹さん(右)

当社は、化学品メーカーとして、医農薬の中間体・原体や機能性材料などの製造・販売を行っています。製造プロセス開発の為、産学共同で研究も行っています。

私は大学で有機合成を学んだ経験を深め、プラントレベルの大きなスケールで取り組みたいと思い入社しました。一人1テーマを担当し、現在は医薬品中間体の製造プロセスを検討しています。
単に開発設計に取り組むだけではなく、工場での本生産への移行までしっかり見届けるのが、当社の開発部の特徴。実験ではうまくいっていたのに、反応スケールが大きくなると不純物が増えるなど、トラブルに見舞われることもあり、生産スタッフと共に原因解明に追われることもしばしば。それだけに原因を突き止め、無事出荷に至ると、まるでひな鳥が飛び立つのを見守る親鳥のような安堵感を覚えます。

また取引先の研究職の方と技術ミーティングをすることもあり、生の声を聞ける良いチャンスにもなっています。開発といっても決して実験室にこもるだけでなく、さまざまな経験が積めるのは、当社ならではのやりがいです。
(開発部 小山直城さん/工学部物質工学科卒業/2011年入社)



私は工場での品質管理や開発部での製造プロセスの設計に携わった後、今年度は当社と連携している大学の受託研究員として、安全性の評価に関する研究を進めています。
私も学生時代は有機合成を学んでおり、安全工学に関する研究は未知の分野でした。しかし、化学物質の潜在的な危険について学ぶことは、安全な製造プロセスを考える上でも不可欠なこと。これまでは品質や収率を良くすることばかり考えていましたが、安全性の確保も必要条件であることを認識し、プロセス設計に対する見方が変わりました。また、社会人になっても専門的に学べるチャンスがあることを、とてもありがたく思います。

仲間に恵まれ、先輩にも気軽に相談できる風通しの良さが当社の魅力だと思っています。実験が好きな人ばかりなので、そんな輪の中に積極的に溶け込める人を歓迎します。
(開発部 川西和樹さん/理工学部化学科卒業/2012年入社)

会社データ

プロフィール

当社は1962年の創業以来、有機合成化学薬品の製造・販売を行っております。
創業者である玉井喜八の理念であった「世界のトップ商品を目指す」を経営方針として、「GOOD PROCESS」「GOOD TECHNOLOGY」「GOOD MANUFACTURE」をモットーに、モノづくりに徹し、個々が創造性を発揮して、柔軟で対応力のある質の高い仕事を目指し、日本経済と共に発展してまいりました。

近年は、主力である製造部門に加え、研究開発、品質保証などの部門にも経営資源を投入し、開発段階からの受託品製造にも対応しております。
また、人材の育成にも力を入れており、ハードとソフトの両面でお客様に満足していただけることと思います。

21世紀の化学は「創造の化学」「環境と調和する化学」と認識しております。
我々は新しい感性のもので豊かな創造力、たゆまぬ探究心で挑戦し続け、お客様との共創・共栄、環境との共存・共生を図るべく邁進してまいります。

企業市民として、社会との連携・協調を図る「HIGH QUALITY COMPANY」であり続けます。

事業内容

PHOTO

医薬原料の生産をメインとした八潮・第3工場

当社の製造部門は、
八潮工場、徳山工場にそれぞれ2つの多目的製造プラント棟を有し、両工場で主に有機化学薬品の製造を行っています。

創業以来、医薬(サルファ剤)原体、医・農薬や合成染料の中間原料等の工業薬品を生産して参りました。

現在は、受託製造を中心に、八潮工場は医薬品関連を、徳山工場は農薬関連を軸とし、両工場の多目的製造プラントをフル活用し、様々な分野の有機工業薬品の製造を手掛けており、間接的ではありますが広く社会の皆様に貢献していると自負しております。

開発部は、お客様のニーズに対応すべく製造プロセスの開発・設計から、安全・品質・コスト改善のための技術開発に取り組み、ラボやパイロットプラントで数グラムから数十キロまでの試作・サンプル合成、更に自社の製造部門への技術移管をしております。
近年では、徳島大学との産学共同プロジェクトで、ビス型四級アンモニウム塩の多目的抗菌坑カビ剤の有効成分[ハイジェニア]を発明し販売をしております。
本社郵便番号 340-0807
本社所在地 埼玉県八潮市大字新町29番地
本社電話番号 048-936-1039
設立 1962年12月24日
資本金 1億2,600万円
従業員 86名  2017年2月1日現在(嘱託・派遣社員4名含む)
売上高 27億5,537万円(2016年3月実績)
23億2,924万円(2015年3月実績)
事業所 本社・八潮工場(埼玉県八潮市)
徳山工場(山口県周南市)
業績 決算期   売上高   経常利益
------------------------------------------
2014.3    2,199      14
2015.3    2,329      35
2016.3    2,755      45
(単位:百万円)
株主構成 日本農薬(株)     23.8%
三谷産業(株)     21.8%
(株)トクヤマ      17.8%
三井物産(株)      14.6%
(株)三菱東京UFJ銀行  4.4% 他
主な取引先 日本農薬(株)、三谷産業(株)、(株)トクヤマ、三井物産(株)、武田薬品工業(株)、ダイキン工業(株)、住友化学(株)、広栄化学工業(株)
平均年齢 39歳 (嘱託・派遣社員4名含む)
平均勤続年数 14年 (嘱託・派遣社員4名含む)
平均給与 267,937円
沿革
  • 1962年
    • 創業者故 玉井喜八が、東京都北区に「タマ化学工業株式会社」を設立し、医薬関連の製品を製造。
  • 1964年
    • 埼玉県八潮市柳之宮に工場を移設。
  • 1968年
    • 埼玉県八潮市新町(草加八潮工業団地内)に八潮工場・第1工場を建設。
  • 1970年
    • 八潮工場・第2工場を建設し、同年、八潮市柳之宮より本社および工場移転を完了。
  • 1976年
    • 医薬・農薬原料等の生産能力を増強するため、八潮工場に第3、第4工場を建設。
  • 1980年
    • 山口県の周南コンビナート内(周南市)に、医薬(サルファ剤)・合成染料の原料を生産するため、徳山工場・第1工場を建設。
  • 1988年
    • 八潮工場・第3工場を現在の5階建て多目的製造プラントに改造し、医薬原料の生産能力を増強。
  • 1989年
    • 徳山工場に第2工場として、医薬・農薬原料を生産するための6階建多目的製造プラントを建設。
  • 1998年
    • 八潮工場でISO9002(現9001)を取得。
  • 2000年
    • 徳山工場ででISO9002(現9001)を取得。
      八潮工場の開発部パイロットプラントを3階建に改造し、開発品の試作設備を増強。
  • 2001年
    • 徳山工場でISO14001を取得。
  • 2006年
    • 徳島大学との産学共同で開発した、ビス型多目的抗菌、抗カビ剤の有効成分「ハイジェニア」の販売を開始。
  • 2009年
    • 3月に筆頭株主が日本農薬株式会社になり、農薬関連のビジネスがコアになる。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 21.5時間 2015年度実績
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日 2015年度実績

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒340-0807
埼玉県八潮市新町29番地

タマ化学工業株式会社 管理部 採用担当

TEL:048-936-1039
FAX:048-936-1021
URL http://www.tamakagaku.co.jp/
E-mail info2014@tamakagaku.co.jp
交通機関 (1)東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の草加駅東口
(2)つくばエクスプレスの八潮駅北口

(1)もしくは(2)より、
   共に東武バスの「八潮団地行き」で八潮団地下車、徒歩5分

   
  
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp206870/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
タマ化学工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ