最終更新日:2017/7/25

マイナビ2018

マイナビコード
210166
  • 正社員
  • 既卒可

大日本パックス中部(株)

本社
岐阜県
資本金
5,000万円
売上高
37億円(2016年3月)
従業員
90名(413名/グループ計)
募集人数
若干名

【追加募集開始!】お客様の大切な商品を安全に運ぶための段ボールをオーダーメイドで提案する仕事です。

【追加募集開始!】8/29会社説明会を開催します! 大日本パックス中部/採用担当 (2017/07/25更新)

こんにちは。大日本パックス中部株式会社 採用担当です。
当社のページにお越しくださり、ありがとうございます。

物流に不可欠な段ボール。
その企画からはじまる提案営業がフィールドの会社です。

追加募集を開始することになりましたので、
下記日程で説明会を開催します!

8/29 10:00〜12:00 本社 ※多治見駅より送迎あり


それ以前の日程で会社訪問も随時受け付けておりますので、
その場合はまずは仮予約をお願い致します!

お会い出来ることを楽しみにしています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
営業職の使命は包装のプロフェッショナルとしてお客様の信頼に応えること。そのため、最前線のスタッフはコンサルティング営業に力を入れています。
PHOTO
食品、電化製品、精密機器など、ダンボールケースが守る中身は多岐にわたります。当社は商品の種類や重量、流通方法などに応じた最適なケースをきめ細かく提案しています。

担当者として信頼されるコンサルティング営業ができるように努めています

PHOTO

大日本パックス中部の営業部の第一線で活躍する田口さん(左)と加藤さん。「同業他社との競争から抜き出るには商品よりも、担当者の人柄が問われます」と口を揃えます。

現在は飲料系を中心とする食品メーカー向けのルート営業を担当しています。本社のある土岐市周辺と愛知県一宮市、小牧市の約20社のお客様に向けて要望を伺ったり、新製品を提案したりします。コストダウンや寸法変更、新規デザインの立ち上げなどに関わることの多い仕事です。食品関係を多く手がけているので、スーパーなどの売り場では自分の担当する会社の商品を無意識に探しています。それだけに、自分が手がけた商品に出合うと充実感を覚えます。完成までに何度もやり取りした案件ほど、形になったときの喜びは大きいですね。その半面、製品の品質や運搬方法に関わるクレームが寄せられた時には緊張します。もちろん、クレームが来ないようにするのが大前提ですが、万が一、出してしまったときには迅速に対応することで信頼を回復できるように心がけています。さまざまな経験を通して、製品同様に田口という人間を認めていただくことの大切さを学びました。
(営業部・田口裕規さん)

岐阜羽島と岐阜市内、大垣市、小牧市のお客様、約20社を担当しています。この仕事はお客様第一なので、さまざまな要望に迅速、的確に応えられるように努めています。例えば、コストダウンを求められれば、材質や寸法、設計などを工夫して極力ご希望に近い答を導くようにします。それだけに、コストダウンのために苦心して考えた提案が通ったときは嬉しいですね。「加藤君に任せれば安心だ」という言葉をいただいたときには大きな手応えを感じました。同業他社との競争で先方の出した価格より高いにもかかわらず、私の提案を受け入れてもらったこともあります。時にはコストよりも営業担当者の人柄で判断されることもあるということです。信頼の獲得には時間がかかりますが、失うのは一瞬なので、一つひとつの仕事をおろそかにしない心がけが大切。ですから、依頼には極力素早い結果を出すように努めています。今後は新規開拓に力を注ぎたいと思います。
(営業部・加藤伸哉さん)

会社データ

プロフィール

 流通に不可欠な段ボールケース及び各種の包装資材を製造、販売しているディプスグループは、3社5工場で3大経済圏をカバーし、大日本パックス中部(株)はその一翼を担っています。取引先は、食品、電気、JA等大手を中心に多岐にわたり、特に景気に左右されにくい大手食品メーカーとの強固な関係は、安定経営につながり、不況に強い企業体質を形づくっています。
 また1998年に業界の先陣をきり、全工場でISO 9002規格を審査登録し、2001年には、グループ全体でISO 14000規格を審査登録、そして2003年にはISO 9002規格をISO 9001規格審査登録へと発展させ環境と品質を重視した経営を行い、新しい時代に向けてさらに前進し続けております。

事業内容
1)段ボールケースの製造販売
2)シール・ラベルの製造販売
3)各種紙函の製造販売
4)各種段ボールのデザイン企画、設計、製造、販売
5)アートパッケージの製造、販売
6)包装資材の製造販売
本社郵便番号 509-5312
本社所在地 岐阜県土岐市鶴里町柿野字広畑2322-57
本社電話番号 0572-52-3300
設立 1987(昭和62)年7月
資本金 5,000万円
従業員 90名(413名/グループ計)
売上高 37億円(2016年3月)
売上高推移 37億円(2014年3月)
35億円(2015年3月)
37億円(2016年3月)
グループ会社 大日本パックス(株)
大日本パックス京都(株)
(株)ダイダンロジス
平均年齢 37歳(2016年3月現在)
平均勤続年数 15年(2016年3月現在)
沿革
  • 1951年 6月
    • 東京都豊島区で貼函事業創始
  • 1956年 7月
    • 大日本段ボール(株)を設立[現 大日本パックス京都(株)]
  • 1968年 6月
    • 狭山工場を新設[現 大日本パックス(株)]
  • 1985年10月
    • 栃木工場を新設
  • 1987年 7月
    • 大日本パックス中部(株)を設立
  • 1994年 4月
    • CI戦略として、各社名称更、DPSグループとしての一体化をはかる
  • 1998年
    • ISO9002を全事業部にて認証(審査登録)
  • 2001年 9月
    • シール工場新設
  • 2001年12月
    • ISO14001をグループとして認証(審査登録)
  • 2003年 1月
    • ISO9001全事業所にて認証(審査登録)
平均勤続勤務年数 15.5年(2015年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 6.7時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 2名(うち男性2名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(うち男性0名 2015年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 大日本パックス中部(株)
〒509-5312 岐阜県土岐市鶴里町柿野字広畑2322-57
TEL:0572-52-2352 総務部:採用担当
URL http://www.dainihonpacks.co.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp210166/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
大日本パックス中部(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ