最終更新日:2017/11/22

マイナビ2018

マイナビコード
50148
  • 正社員

三甲(株)

本社
東京都 、 岐阜県
資本金
1億円
売上高
891億2,252万円 (2016年5月 三甲単体)
従業員
3,088名(三甲単体)
募集人数
51〜100名

業界のリーディングカンパニーとして、CSを追求し社会の円滑に貢献する

PHOTO

プラスチックで物流を支えるソリューションサプライヤー

まだ木箱や竹かごしか無かった時代に、他社に先駆けて時の新素材であったプラスチックに果敢に挑み、初めて物流用の容器を世に送り出した三甲。今の当たり前を創り出して以来半世紀。物流という社会に欠かせない大切な機能の中で、物流効率を上げ、運ぶモノと人への安全を実現し、環境負荷の低減と言う、物流現場の大きな課題に挑戦し続けてきました。三甲の製品群は、スムーズで安価なモノの供給を実現することで、陰ながら私たちの暮らしを豊かにしているのです。

多彩な製品をご紹介!

『ジャンボックス』三甲の独壇場となっている大容量超大型コンテナー。サンコーは世界最大・国内唯一の超大型射出成形機を保有するため、大きな製品も一発成形が可能です。
『パレット』フォークリフトによる荷物の保管、輸送には必須のアイテム。軽量と剛性の両立や物流の効率的管理等、高まる期待に答えるため、三甲の挑戦はまだまだ続きます。
『タフライトGシリーズ』従来の半分の厚さで強さをキープした超軽量パレット。新技術はこれまでの製品開発時の課題を克服。設計の自由度を増し新たな市場を生み出してく。

社会のマストアイテム プラスチック物流機器の存在意義

当社はコンテナやパレットを代表とするプラスチック物流機器の製造、販売で国内ダントツのシェアを持つ企業です。
プラスチックという素材は、色も形も変幻自在。吸水性が無いので非常に衛生的。柔軟で人肌やモノに対して非常に優しく、耐久性も抜群。しかも再生利用も容易です。物流用途の資材にこれ以上の素材はありません。
社会で運ばれるモノは千差万別。大きさ・形・重さは勿論、運び方もそれぞれ違いうので、最適な物流機器のサイズや強度はモノごとに違います。それに物性や気を配らないといけない事もモノごとに違いますから、求められる機能も異なります。だから多くの製品カテゴリーとサイズラインナップが要求されるのです。一つひとつのニーズに最適な製品を作り続けてきた結果、これまでに開発したオリジナルアイテムは、業界ダントツの10,000にも及び、今も増え続けています。
それぞれの物流シーンに、運ぶモノや運び方に最適な物流機器を提供する事で、物流にかかる多大なエネルギーやコスト、破損リスクを大きく抑え、利益をもたらしてくれるのです。
日本の経済成長と共に物流網が急速に広がり発展した事で、三甲の物流機器へのニーズが加速度的に拡大しました。次々と新製品を開発・製造し、供給することで物流に大きな変革をもたらしてきました。

CSの追求によって築いた今の地位

もし業界で圧倒的なシェアを持つ三甲の生産が滞ったとしたら、様々な方面でモノの動きが滞ります。そうすれば、どの企業の事業活動も止まりかねません。そして私たちの生活も直ぐに窮することになります。物流という仕組みとそこで活躍する物流機器は、社会に欠くことができないのです。
プラスチック物流機器の最大手である三甲には、社会に対する供給責任があります。その使命を果たすために、さらなる社会からのご支持を得るために、昔も今もこれからも、顧客満足の追求を忘れることはありません。
年間200にも及ぶ新製品を開発し、様々な求めに応えて来たこと。全国に生産拠点を展開し、より早く安定的に供給する体制づくりに邁進し、恒常的に拡張拡大を継続していること。地方都市まで含めた全国主要都市にくまなく配置した販売拠点は、地域に根ざし、機動力を上げ、お客様との密着度を増し、より良いサービス提供を行おうとする拘りです。こうした開発・製造・販売の全ての面で、お客様のご要望に一つひとつ応えてきた結果が、大きな蓄積となり、市場からの絶大なる信頼を作り上げたのです。
業界No.1の威信にかけて「出来ません、無理です」と応えるのではなく、「三甲ならやってくれるだろう」というご期待に応え、これからも社会の円滑化に大きく貢献していきます。

最新設備の導入と高い成形技術により次を目指す

近年ますます多様化する顧客ニーズに応えるため、三甲では最新技術の導入と技術革新に余念がありません。

国内唯一型締力7,000トンの射出成形機を導入している三甲は、一体成型では世界最大とも言われる容量1,400リットル、長辺が2メートルほどのジャンボックスをラインナップ。超容量大型コンテナー市場は、三甲の独壇場にあります。

また、製品の成形段階で、プラスチック原料にグラスファイバーを混ぜ合わせて成形する、グラスファイバーインジェクションシステムも導入。
これにより、製品強度が飛躍的に上がるため、肉薄軽量化との高次元でのバランスを取ることが可能となり、また、耐熱性や対衝撃性も格段にアップ。プラスチックが活躍する領域を拡大。異素材市場にも果敢に挑みます。

他にも軽量化と強さを追求した製品として、滑らかな表面のまま、内部だけを発泡させる事で、軽量な肉厚製品の成形が可能となるカウンタープレッシャー成形技術により、高機能パレットの代名詞「LXパレット」を多数ラインナップ。物流効率のアップに貢献しています。

環境面では、日本で初めてバイオ原料55%の製品を発表し、注目を集めました。現在は、スーパー篭、サンショップカーゴ、飲料容器回収箱サンクリーンボックス、そしてパレットなどが製品として活躍しています。

こうした新技術への惜しみない導入と挑戦は、これまでプラスチックで不可能とされてきた分野への進出を可能にし、新たな市場を創り、事業の拡大を加速します。お客様からの高度な要求に応える力を持つことになり、よりご支持を頂けます。三甲は、これまでもこれからも挑戦し続けていきます。

学生の方へメッセージ

三甲は何よりもCSの追求にこだわります。
営業部門、開発部門、製造部門と、これぞれ役割は違いますが、常にお客様のご要望を最優先にする考えを忘れません。三甲は、お客様と直接対面する営業部門を頂点として、業界最短納期で、安価に高品質を確保して生産し、何があっても約束の日までに届けきることを使命とした製造部門が営業の販売活動を後押しします。また、営業が新製品開発ニーズを見出せば、卓越した開発力を発揮し、全力を挙げて製品化する開発部門が拡販を後押しします。立場は違っても、常に営業の向こう側にいるお客様の存在を意識し、自分たちの都合よりもお客様の要望を優先する。こうした意識と位置づけが明確だからこそ、社員一人ひとりが同じベクトルを共有し、大きな組織力を生み出しているのです。
三甲は、同じ志を持つ『同志』にいち早くなってもらうために、社員の直接雇用と少数精鋭化にこだわり、日々手厚い指導を行います。一丸となって目標に立向かう事の大切さがわかる人、そこで積極的な『考動』ができる人であれば、きっと三甲で活躍できると思います。

PHOTO
どの部門も少数精鋭だけに、新人はいち早く仕事を覚え一線に立つことを期待されている。人材への期待が高いだけに新人教育にも熱が入る。

マイナビ編集部から

同社の特色は他社に先駆けてプラスチックに取り組み続けてきた経験、技術力、開発力を育み蓄積してきたことだ。経営トップから新人に至るまで、営業から製造まで「お客さまが一番」という意識を明確にし、そのニーズをどう解決するかを常に考え、そこからコストを低減し、高い品質を維持し、しかも短納期で納入するという現在の形ができがあった。
商品設計部が営業部に属しているのも、常に最新の製造設備を導入しているのも、そして全国に工場を展開しているのも、すべてお客さまの要望を叶えるためという考えからだ。そのためにバブル崩壊、リーマンショックなどの経済変動に対しても、すぐに業績をV字回復させ、好不況に関わらず先行投資を継続して、さらに強くなるという、好循環を実現している。
同社の新入社員は自社を選んだ理由として、就職説明会で若手社員が生き生きと話していたことが印象的だったと話している。若手の意見位耳を傾け、懇切丁寧に受入れ指導をされる。少数精鋭が故に早くから大きなチャンスが巡ってくる。若い社員が早くから活躍する機会に恵まれているからこその成長の早さが社員の姿に映されているようだ。「人と組織の融和」がこの会社を強くしている。

PHOTO
年間200品目の製品を生み出している同社は、設計・製造の過程で素材や形状を考えることでより進化した製品とし、それがお客さまからの強い支持につながっている。

ページTOPへ