最終更新日:2018/1/16

マイナビ2018

マイナビコード
50857
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

(株)マイナビ

本社
東京都
資本金
21億210万円
売上高
1,212億円(2017年9月期)
従業員数
約5,650名 ※2017年10月1日時点 ※グループ会社除く
募集人数
301名〜

取材情報仕事・キャリアパスについて伝えたい

PHOTO

「より多くの人々、ライフスタイルに向けて」成長する事業を拓く社員たち

入社早々厳しい環境下に。持ち前の負けん気とチャレンジ精神で自ら考えて行動することで道を開拓

アルバイトスタッフを求めている企業・店舗等と求職中の方を結ぶ、Webサイト『マイナビバイト』の提案営業を行っています。私が入社した頃は当事業がスタートして5年目。配属先の横浜営業所は当時、業績不振でこのままいけば営業所閉鎖も有り得るという危機的な状況でした。スタッフは全員で4名。営業は課長と先輩と新人の私の3名という小さな組織でした。営業所の存続を賭けて毎日必死に営業活動を行う先輩たちの姿を見て、自分も成長しいち早く戦力になり事業に貢献できる人材をめざし、アポイントから営業まで一人で業務をこなさなければと考えました。必要な知識は資料や現場から入手し、わからないことは他の事業部の先輩に教えてもらうなど ・・・ 続きを読む

特集記事仕事・働き方を知る特集 「企業の存在価値」

この特集トップへ

PHOTO

あらゆる企業の「採用」から、その組織の躍進を支える存在へ

企業の採用活動の「入口から出口まで」を徹底的にサポート

『マイナビ』には、どういうイメージをお持ちですか? 学生の方々にとっては就職活動の情報収集を行うサイト、企業にとっては優秀な人材を募るための採用情報を掲載するサイトとして『マイナビ』をご理解いただいていることが多いと思います。 しかし、単にWEBサイトに求人情報を掲載することだけが私たちの仕事ではありません。採用の成功に向けて入口から出口まで徹底的にサポートしていくのです。特に私が所属している総合企画営業統括部では、日本を代表する大手企業の新卒採用をお手伝いしていく部門となっています。 たとえば、応募数の多い企業になると数千数万の応募者の中から、組織にとって本当に必要な人材を採用する必要があり ・・・ 続きを読む

特集記事仕事・働き方を知る特集 「挑戦する仕事」

この特集トップへ

PHOTO
生活・ライフスタイル

「マイナビウエディング」立ち上げプロジェクト。ゼロからの挑戦が始まった

新規事業プロジェクトは「ウエディング」。正直、最初は戸惑いがありました。

マイナビは「人材ビジネスだけでなく、もっと人々の暮らしのなかに溶け込んだ存在になりたい」という想いから、カップル向けに結婚式関連情報を提供する「ウエディング情報事業部」を立ち上げました。2011年から東京本社でプロジェクトがスタートし、その営業担当者として私が選ばれました。 本音を言えば、その辞令を受けたとき「なぜ自分が?」という戸惑いがありました。それまで携わっていた仕事にやりがいを感じていましたし、まだまだこれから…といった状況でしたから。 後ろ髪を引かれる思いで新規事業プロジェクトに加わったわけですが、その後、この業界のことを知っていくなかで、”業界特有のさまざまな課題”に気付き、「自分たち ・・・ 続きを読む

特集記事仕事・働き方を知る特集 「子どもと一緒に歩むキャリア」

この特集トップへ

PHOTO

出産・育児の体験をプラスにして働ける、そんな環境が『マイナビ』にあります

「仕事は私の支え」という、“働くママ”の日常とは?

私の一日は、7時に起きて朝の支度をするところから始まります。朝食をつくり、洗濯をし、子どもの着替え、さらに自分の身支度と、毎朝が時間との戦いです。8時20分に子どもを保育園に預け、9時過ぎに出社。日中は大好きな仕事に没頭します。夕方は18時に仕事を終え、子どもの迎えに行きます。自宅に戻ってからは、夕食を作って、遅くとも22時前には子どもを寝かしつけるようにしています。週末は、私も夫も遠出をすることが好きなので、キャンプやドライブに出かけることが多いですね。毎年行く海外旅行は、家族の中での一大イベントになっています。 周囲にこういう話をすると「仕事もあるのに、いつ休んでいるの?」と言われることもあります ・・・ 続きを読む

特集記事仕事・働き方を知る特集 「理系の選択」

この特集トップへ

PHOTO
数学・物理・情報系

人々の人生の転機にかかわるというやりがいを、より使いやすいサイトとして結実させる

マイナビのシステムとして求められる質をクリアして、その先へ。

マイナビのシステム担当者が管理・運営しているシステムには、大きく分けて社員が使用する社内システムと、企業クライアントとターゲットである個人ユーザーを結ぶ商用システムの2種類あります。私が担当していた商用システムは、クライアントにとってはビジネスや企業戦略を左右する重要性を持ち、個人ユーザーにとっては人生を左右する役割をも担っています。 したがってまず最優先されるのは、さまざまな機能が安定して間違いなく稼働するかという点です。その上で、競合サイトよりも、ユーザーにとって使いやすく、クライアントにとってはより効果の出やすいサイトをめざす必要があります。私たちの役割は、使いやすいインターフェイスや ・・・ 続きを読む


ページTOPへ