最終更新日:2018/2/21

マイナビ2018

マイナビコード
57668
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー
  • 上場企業

大和自動車交通(株)【東証二部上場】

本社
東京都
資本金
5億2500万円
売上高
171億8100万円(グループ連結) / 21億5700万円(本社) ※2016年3月期
従業員
2,043名(グループ連結) / 111名(本社) ※2016年11月現在
募集人数
21〜25名

人気急上昇中の“新卒ドライバー”という仕事!その実態とは?

PHOTO

大和(だいわ)で活躍する若手乗務員の本音

1. タクシードライバーは自由な仕事。でも、覚悟と決意は必要。
2. 経営者感覚を養いたい人にはぴったりの奥深い世界。
3. ハイヤードライバーへの転進などキャリアの選択肢もあり。

この仕事は休憩が自由に取れる分、自己管理が不可欠。しっかりと目標を定めることが高収入実現のカギとなります。
大和は新卒の採用を始めて間もないので、若手はある意味おいしいです(笑)
転職入社組の先輩たちからは「もっと早くこの仕事と出会いたかった!」という声も。

タクシードライバーは自由な仕事。でも、覚悟と決意は必要。

【入社1年目タクシードライバー/24歳】

■乗務初日に感じた使命感■
 “新卒ドライバー1期生”として入社してから約1年。乗務初日はかなり緊張していたのを覚えています。しかし、ご高齢の女性に「病院までお願い」と言われた時、改めて“人の役に立つ仕事なんだ”と我に返りました。ドライバーが乗務初日だろうとベテランだろうと、お客様にとっては関係ないですからね。身が引き締まりました。

■緊張感も楽しみやスキルに変える■
 いろんなお客様と、いろんな話をする。そこがタクシーの面白いところで、普段なら接点の無いような方々と時間・空間・話題を共有できて、世界が広がりますね。基本的には、ドライバーからは必要以上にお客様に話しかけないのがマナーなのですが、静かな時の緊張感もたまらなく好きですね(笑)。その緊張感があるから、運転技術も上がっているのかも。お客様から「運転うまいね」「気持ちのいい運転だったよ」と褒めていただけると純粋に嬉しいです。

■無駄のない稼ぎ方を日々研究中■
 初めは、路上を走りながらお客様を探す“流し”営業が基本となりますが、駅やホテルなど、お客様を待てるスポットも結構あります。「今〇〇駅は空車ゼロでお客様が長蛇の列!」とか「△△ホテルで大きな会合が開かれていてXX時に終わるらしいよ!」といったリアルタイムな情報をLINEで交換することも。流れの良いスポットをどんどん開拓し、最終的には路上をほぼ流さずに営業できるような無駄のない稼ぎ方をすることが目標。地理や世の中の動きをよく研究して、売り上げに繋げていきたいです。

■夢をつかむのは、自分自身■
 お金を稼ぐため、増やすために働きたい方にとって、タクシーのお仕事は夢があると思います。でも、決して軽い気持ちでできるお仕事ではありません。「この世界で食べていく」という覚悟を持って入社してほしい。お休みが多くて稼げることは間違いないですが、それを実現して人生を豊かにしていくのは自分自身。どんな仕事でもそうですが、決意と覚悟は必要です。私は、それらを持った方と一緒に仕事がしたいです!

経営者感覚を養いたい人にはぴったりの奥深い世界。

【入社1年目タクシードライバー/21歳】

■まるでフランチャイズ店の経営者!?■
 就活中、テレビ番組でタクシー業界の新卒の特集をやっていて「面白そうだな」と興味を持ちました。この業界は、何というか…フランチャイズのコンビニみたい。コンビニには親会社があり、その下でそれぞれが店舗運営をしているわけですが、タクシーも似ているな〜と。当社でいえば大和自動車交通があって、その下で個人事業主のようにそれぞれのドライバーが業務をしている感覚です。給料は会社から出ますが、“自分の手で商売をやっていく”という点ではサラリーマンという気がしない、奥深い世界。経営者としての感覚も必要で、来年度入社する方々にも自分の会社を立ち上げるような気持ちで臨んでほしい。自分も、「大和」と書いてある車両に乗っていながらも、気持ちとしては“自分自身の看板”を引っ提げて運転しています。

■ハイヤー研修にも挑戦■
 2016年の4月に入社し、同期たちは約8ヶ月後に現場デビューをしましたが、自分はほぼ1年に渡って研修を受けました。タクシーの運転に必要な二種免許は、21歳にならないと取得ができないので、20歳の自分は21歳の誕生日が来るまで待機状態だったんです。自分が3月生まれなのを恨みましたね(笑)
 そんな中、会社の方から「ハイヤーの研修も受けてみたらどうか」と提案があり、約3ヶ月間、ハイヤーの研修に参加しました。このような選択肢を与えてもらえたのは非常に良かったですね。ハイヤーはVIPの方をお乗せするので、言葉遣いやドアサービスなども学べました。また、都心の真ん中だけでなく、横浜や多摩エリアなど、広範囲に渡って運転が出来たので、知識の幅が広がりましたね。

■会社の懐の深さに感謝■
 会社の雰囲気はとても良く、研修中という身であっても丁寧に接してもらえて居心地が良かったです。短大卒や専門学校卒など、二種免許が取れる年齢に達してない人でも入社できるのも魅力の一つ。受け入れの幅が広い、懐の深い会社です。
 ようやく本当のスタートラインに立ち、これからは会社への恩返しの気持ちも込めて、ある意味「商魂たくましく」いきたい。こつこつと経験を積み重ねて、いずれは本物の経営者に…という野望を抱いています。

タクシーでスキルを上げる人、ハイヤーへ転身する人、いろんなキャリアの選択肢があります!

【入社3年目タクシードライバー(中途入社)/25歳】

■優しく自由な雰囲気に惹かれて入社■
 元々居酒屋でアルバイトをしていたので、接客経験を活かせる仕事に就きたいなと思っていました。それと車の運転も好きで、「両方が叶う正社員の仕事って何だろう?」と考えた時、自然と思いついたのがタクシードライバーでした。大和(だいわ)はネットで評判が良かったり、現役ドライバーのブログが楽しそうだったりして、優しくて自由な雰囲気が入社の決め手となりました。

■工夫次第でやりがいは無限に■
 入社して1年くらいは、道を覚えるのに必死でしたね。今は細かな道路情報が頭に入っているので、自分が選んだルートでお客様をお送りして「いつもより料金が安いよ」と喜んでいただけるとやりがいを感じます!また「最寄りの駅まで」の予定だったのに、お客様といろいろお話をしているうち「運転手さん楽しいから、このまま自宅まで送って」と言われた時は本当に嬉しかったですね!

【入社3年目ハイヤードライバー(中途入社)/28歳】

■会社からの配慮でハイヤーへ転身■
 タクシードライバーとして8ヶ月が経った頃、社長から「ハイヤーをやってみないか」という思いがけない言葉をいただきました。自分は妻子持ちなので、タクシーよりも1日の乗務時間が短くなって家族との時間を増やせる上、収入も安定する。そうした配慮からの提案でした。プライベートの部分を考慮していただけたのは嬉しかったですね。ハイヤーは企業の上層部の方々をお乗せするので、「高度なサービススキルを身に付けられる」という期待もありました。新しいことに挑戦し、もっと内面を磨きたいと思ったんです。

■誇りを持って働けるハイグレードな仕事■
 タクシーとハイヤーの一番の違いは、時間の使い方でしょうか。ハイヤーの場合はお客様のスケジュールに合わせて動くため、効率的な時間の組み立て方が身につきます。固定のお客様が多いので、顔を覚えてもらって「今日もありがとう」「またよろしくね」と声をかけてもらえるのは大きなモチベーションになります。上場企業ということで信頼も抜群で、「大和さんだから」とオーダーをして下さるお客様も多いんです。将来ハイヤードライバーになったら、仕事に誇りを持って、胸を張って取り組んでください!

新卒採用チームより、就活中のみなさんへメッセージ

 タクシードライバーは自由な職業です。会社と家を往復し、電車ではスマホを、会社ではパソコンを見つめて1日が終わるわけではない。訪問や電話でのアポ取りに苦労することもない。毎日いろんな人と会っていろんな話をし、世の中の流れを感じ、移ろう季節を五感で味わい、疲れたら休憩するという、ある意味“人間らしい職業”と言えるかもしれません。自分で稼いでいく面白さを備えた個人事業主のような側面もあり、自ら未来を切り拓いていこうという気持ちがある方には最適な仕事と言えるでしょう。
 区切りとなる2020年に向け、業界自体も大きく変化しています。その波に上手く乗り、是非自分自身の手で大きなチャンスをつかんでください!
<新卒採用チームより>

PHOTO
「車の運転が好き」「人と接するのが好き」「個人事業主感覚で働きたい」、そんな人にぴったりの職業です。自ら未来を切り拓く意志のある人を全力でサポートします!

マイナビ編集部から

 近年、全国のタクシー会社で新卒採用を行うケースが急速に増えているのをご存知だろうか? 東証二部上場企業である大和自動車交通もその一つ。進化を遂げる東京の街、そして多様に変化するライフスタイルの「核」となり、若い力でより社会に貢献していくためだ。
 新卒採用のみならず、初乗り運賃の改定、観光・福祉タクシーの増加、女性ドライバーの活躍、選択可能な勤務体系の増設などなど、タクシー業界はまさに『大きな変革の時』を迎えている。つまりこれから入社されるみなさんは、新しい時代を一緒につくり上げていく“同志”と言えるだろう。
 都内に300社以上あると言われるタクシー会社の中でも、大和自動車交通が担う役割は大きい。1939年創業というと伝統があり、実際「大和を選んで乗る」という方も少なくないからだ。そして、その長い歴史の中で磨かれてきたホスピタリティの根底に流れているのは、互いに尊重し合い、高め合える風土。幅広い世代が在籍しているが、風通しよく温かい雰囲気は業界でも話題となるほどで、「快適な職場環境」が「快適な移動空間」を生み出していることは間違いない。是非この仕事の面白さを分かち合い、楽しみながら働ける仲間と共に、未来へ向けて飛躍していってほしい。

PHOTO
社員自らが「世話好きの集まり」と断言するほど、和気あいあいとした社風。年齢や社歴による壁はなく、のびのびと仕事ができる環境です。

ページTOPへ