最終更新日:2018/1/15

マイナビ2018

マイナビコード
61494
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)アサンテ【東証一部上場】

本社
東京都
資本金
11億円
売上高
138億円(2017年3月期)
従業員
988名(2017年3月末)
募集人数
46〜50名

アサンテイズム、脈々と。

PHOTO

若手社員、それぞれが「アサンテ」を語る。

■鵜沼 拓矢/2015年入社/茨城支店 土浦営業所 新規営業職(左)
■片山 雄介/2015年入社/システム部(中)
■加藤 亜紀/2015年入社/法人営業部(右)

登場する3人は、2015年にアサンテに入社した同期組。現在は異なるフィールドで、それぞれの思いを抱きながら、仕事に向き合い成長し続けている。そんな彼らが、「仕事」と「アサンテの魅力」について語る。

Member

安心・安全な生活の裏側を支える仕事に、熱意を見せる鵜沼。屈託のない笑顔と誠意ある対応で、お客様との信頼関係を築く。若手のホープとして社内からの期待値も高い。
会社全体の業務内容に精通し、自社内の業務効率化をITで導き出していく役割を担う片山。アサンテの発展を支える、陰の立役者といえる。
「進むべき道を示してくれる先輩、何でも言い合える仲間。周りを見渡すだけで心強いんです」と加藤。その言葉からアサンテのチームワークの良さがうかがえる。

アサンテの優位性に甘んじない。自分という人間を買ってもらう。<鵜沼 拓矢>

お客様を訪問するとき、目の前にある家を見て、「おじいちゃん、おばあちゃんの家に来た」と考えてみる。そうすることで、ずっとその家に暮らしていた方でさえ気づかなかった家の問題が見えてくることがあります。訪問してサービスをご紹介し、当社を知っていただく営業の仕事は、お会いする方の多くが最初は身構えられます。だからこそ、真剣にお客様の住まいに向き合い、プロだからお伝えできることを包み隠さずお話しすることを心がけています。呼ばれれば出向き、少しの時間でも話を聞く。それが、熱意を見せることでもあるんです。

初受注のお客様は、あるご年配夫婦のお宅でした。何年も前から床に浮き沈みのある場所があるとのこと。実際に床下を見せていただくと、やはりシロアリによる被害を発見しました。状況をお伝えするとともに、どのような対策をするのか、その方法でどのような効果が得られて、どれだけ安心な家にすることができるのかを細かくお話しさせていただきました。当時はまだ経験も浅かったですが、何とかお役に立ちたいという気持ちが伝わったのか、少しずつ信頼関係を築くことができました。ありがたいことに今でもお付き合いをさせていただいている大切なお客様です。

アサンテに入社したのは、ハウスメンテナンスの仕事をテレビで観たことがきっかけでした。住まいを支え、人々の生活を守る。そんな社会貢献性の高いフィールドで、プロを目指そうと心に決めたんです。実際に現場に立って感じたのは、アサンテには豊富な技術や経験があり、JA(農協)などの強力なパートナーがいる。だからこそ、プロとしての立ち居振舞いが求められるということ。そのような環境で、ここまで順調に成長できているのは、周りの上司や仲間の存在があるからに他なりません。当たり前の環境に感謝し、改めて気を引き締めて、今日も元気に現場に向かいたいと思います。

アサンテのために、仲間のために。ITのプロとして力を発揮する。<片山 雄介>

アサンテとの出会いは、偶然参加した就活イベント。学生時代からプログラミングに興味があり、仕事にも活かしたいと思っていたので、アサンテにそのような活躍の場があることを知ったときは一気に志望度が上がりました。

入社後は現場経験を経てシステム部に配属となり、現在は社内各部署からあがってきたニーズに応える新しいシステムの構築を担当しています。その他、既存のシステムのバージョンアップなども手掛けていて、プログラムと向き合う毎日です。ニーズがあがってきた部署の業務内容をヒアリングしながらシステムの目的を考え、プログラムに落とし込んでいきます。

経験が浅くても、一人のエンジニアにシステム開発を一任してくれる度量の大きさも当社の魅力。私自身も、各地営業担当の運転免許管理システムの構築を任せていただく機会がありました。営業担当にとって運転免許は必要不可欠なものであり、重要な個人情報。セキュリティ面も考慮しながら、システムを使用する人が使いやすいよう構築するという貴重な経験をすることができました。

エンジニアとして、ユーザー(ここではアサンテの社員)の声がダイレクトに聞ける環境にいることにもやりがいを感じます。システムの導入後の反応がスピーディーに伝わってくるので、次へのステップに活かしやすいんです。思うような結果につながらないこともありますが、サポートしてくれる上司や仲間の存在が、自分の気持ちをいつも前に押し出してくれます。自分にとって成長できる環境がここにはあるので、ただただ前に進むのみです。

「まだまだできる」と、成長のノビシロを実感できる理由。<加藤 亜紀>

入社から2年が経ちますが、今も変わらず「もっと成長しなければいけない」と自分に言い聞かせる毎日です。それだけアサンテには、もっと大きな仕事がしたい、期待に応えたい、成長したいと思えるほど、やりがいが持てる環境と仕事、そして、上司や仲間がいるんです。

たとえ小さなことでも、一人ひとりの意見にきちんと耳を傾けてくれ、チャレンジできることも当社の魅力。法人営業部は、提携先であるJA(農協)との関係構築を担当する部署で、私は主に、新しいエリアでJAとの提携に必要な資料の作成や、各地のJA担当の社員から寄せられる問い合わせ対応などを担当しています。請求書をはじめとする書類作成も担当しているのですが、仕事を経験すればするほど、「もっとこうすれば効率化が図れるのではないか」という部分も見えてきて、あるタイミングで「業務効率のために、誰でもPC上でボタン一つで操作できるシステムが作れないか」と改善案が出てきました。そんな私たちの提案を上司が一任してくれて、システム部を始め、他部署の方々の協力のもと、私たちの提案が形になるという経験ができました。結果、これまで以上に様々な依頼に対して、スピーディーかつ正確な資料の作成が可能となりました。

当社は部署や役職関係なく、お互いに声を掛け合い、助け合える環境があります。今回のプロジェクトでも、多くの方のお声がけやアドバイスをもらいながらカタチにすることができました。直属の上司や先輩はもちろん、会社全体がひとつのチームのような一体感があるので、仕事を進める上で心強いですし、本当に居心地がいいんです。馴れ合いの関係ではなく、必要であればちゃんと指摘もしてくれるので、全員で成長することができる。アサンテは、自分を磨き続けられる絶好の場所です。

活躍の場が、この瞬間にも拡大中。

東証一部上場を果たして4年目を迎える現在、拠点は順調に増え続けており、これから入社される皆さんの活躍の場も今まで以上に広がっています。そうした中、当社がこれまでと変わらず大切にしているのが、社員一人ひとりの成長です。入社直後に実施する新卒者導入研修をはじめとする研修体制の整備、また配属先でも先輩社員によるOJTをはじめ、現場での技術実践や営業実践を行ないながら、一つでも多くの経験を積んでもらえるようにフォローしています。

どのような会社に就職したとしても、皆さんはゼロからのスタートです。不安になることなどありません。私たちもお会いしてお話しするときには、皆さんそれぞれの個性を知りたい。例えば学生時代にどんなことを経験したのか、そこで何を得たのか、一人ひとりとじっくりお話をするつもりです。もちろん、アサンテのこと、仕事のこと、目の前の担当者自身についても包み隠さずお話しさせていただきます。対話の中から、皆さんの可能性を一緒に探していけるような、有意義な時間にしていきたいと思います。今年も全国各地で採用活動を実施予定。採用担当一同、一人でも多くの方にお会いできることを楽しみにしています。

PHOTO
選考中に一番最初にお会いするであろう人材開発部の皆さん。「夢や目標、悩みなど何でもいい。面接ではありのままの自分を表現してほしい」と熱いメッセージを贈る。

マイナビ編集部から

新宿に自社本社ビルを構えるアサンテ。都会の街並みを見下ろせる気持ちのいい場所で、取材は行なわれた。最も印象的だったのは、笑いあり、ときに真面目な語りありの時間の中で、会社への愛情と自身の仕事への誇りが伝わってきたことだった。
日常生活に深く浸透したハウスメンテナンスを手掛ける同社は、創業から50年近く、私たちの生活に不可欠な「住宅」を守り、支え続けるというビジネスを柱とし、今もなお成長し続ける企業だ。世の中に「家」が在り続ける限り、同社の存在はなくてはならない。まさに縁の下の力持ちのプロフェッショナリズムが、同社の成長を支えているのだろう。
全国各地への支店展開やJAとの業務提携、2014年の東証一部上場など、成長を裏付ける話題は尽きないが、その舞台裏には、地道に額に汗しながら、目の前の仕事に妥協せず前進する社員の姿があった。今回の取材で登場した若手社員の皆さんも、それぞれにフィールドは異なるものの、お客様のために、仲間のために、会社のために奔走する。常に新しいチャンスを掴みながら、それぞれの形で成長をし続けている様子が印象的だった。
上場企業ならではの磐石な基盤、社会貢献性の高い仕事に加え、成長企業の勢いもある。伝えたい魅力は尽きない。是非、足を運んでほしいと思える1社だった。

PHOTO
青と緑のユニフォームに身を包んだ、イメージキャラクター「シロアリ探知犬NOAH(ノア)」。皆さんとともにアサンテのブランド力向上の一翼を担っていく。

ページTOPへ