最終更新日:2017/9/22

マイナビ2018

マイナビコード
62572
  • 正社員
  • 既卒可

イオンフィナンシャルサービス(株)【傘下各社合同採用】 [グループ募集]

現在、応募受付を停止しています。

本社
千葉県 、 東京都
売上高
経常収益 3,596億円(連結・2016年3月期) ※イオンフィナンシャルサービス(株)の数値となります
募集人数
101〜200名

特集記事

女子学生ナビ

「すべてはお客さまのために」。その思いを形にするため、新たな試みに積極トライ!

充実のシゴトスタイル

PHOTO

オフィスは自分らしく輝ける場所

現在、CS企画推進部の部長として活躍中の白鳥さん。志望動機や入社から現在までのキャリアアップについて伺うとともに、大切にしている思いや同社ならではの働きやすさについて、ざっくばらんに語ってもらった。

■白鳥 京子
イオンクレジットサービス株式会社 プロセッシング事業本部 CS企画推進部 部長
2003年入社

社員がいきいきと働く姿に魅力を感じて、当社へ入社しました

"自ら考え、自ら実行" を合言葉に、グループ会社の枠組みにとらわれずコミュニケーションを取り、「お客さまのために」を原点に新しいチャレンジを重ねている。

大学時代は商学部でマーケティングを専攻し、消費者行動論を学びました。そして、就職活動では、大学で学んだことを生かしつつ、生活に密着した分野で社会貢献につながる職に就きたいと、業界や業種にこだわらず幅広く企業を回りました。そのなかで当社を選んだのは、「すべてはお客さまのために」との思いを大切にしつつ、小売業を営む企業ならではの発想で大胆かつユニークな金融商品・サービスを開発している企業であったから。さらに、働く社員の方々が皆いきいきと楽しそうに働いていると感じたからです。私の就職活動時の採用担当者は陶芸が趣味で、休みは山にこもって陶芸づくりに励んでいると話してくれました。そのときの表情がとても輝いて見えたんです。仕事だけでなくオフも楽しみながら自分らしく働きたいと考えていたので、当社は私の希望にまさにぴったり合う企業だと感じました。

入社してまず配属されたのは、大宮にある支店でした。イオンカード会員とイオンカード加盟店の両方を増やすことをミッションとする営業職を約1年担当しました。実家が千葉だったため、生まれて初めて一人暮らしを経験することになりましたが、社宅が完備されており、会社からのフォローもあったため不安はありませんでした。数名のチームのアットホームな雰囲気のなかで、書類の書き方やお客さまの対応の仕方など、当社社員として必要となるスキルを一から学びました。しっかりとしたOJTのおかげもあり、入社半年後には新規の加盟店先を1人で訪問できるまでになりました。

2年目からは本社配属となり、経営企画や広報といった仕事を約8年間担当しました。当社が大切にしている「すべてはお客さまのために」の思いを商品・サービスづくりに生かし、お客さまにしっかりとお届けするためのブランディングプロジェクトが立ち上がり、そのチームの一員として新しいブランドメッセージの策定に携わりました。そのとき生み出されたのが、「まいにち AEON CARD」というメッセージです。このプロジェクトを経験できたことで、当社の商品やサービスへの理解をより深めることができました。その後は、コールセンターのマネージャーを約3年間担当し、コールセンターの運営および組織、システムづくりに関わりました。そして、2016年4月より、現職であるCS企画推進部の部長を務めています。

「すべてはお客さまのために」を合言葉に、声なき声にも耳を傾ける

「お客さまの満足とは何か」を常に問いつつ、最新技術を駆使しながらさまざまなアプローチを通じてお客さまの思いに迫っていく。チャレンジはまだ始まったばかりだ。

現在の仕事のミッションは、大きく3つあります。1つは、お客さま満足度向上のための企画推進。コールセンターでは毎日、多くのお客さまからたくさんのご意見やご要望をいただきます。厳しいご意見もありますが、すべて当社への「さらに良くなってほしい」という思いであり、期待です。それらをとりまとめ、業務の改善や商品・サービスづくりに生かせるよう、経営層や各部門のトップ、さらには社員一人ひとりにまで届けることが、お客さまの声をお預かりする部門を担当する私の責務だと思っています。

2つ目のミッションは、声になっていないお客さまのご意見やご要望を読み解くこと。コールセンターでは、例えば「カードの機能を教えてほしい」「使い方を教えてほしい」といったお問い合わせをいただきます。そういった内容も、背景を読み解くと「使い方がわかりにくい」というお客さまのご意見が隠れている可能性があります。そういったご意見までも漏らさず受け止めるため、月間数十万件というお問い合わせ内容をテキストマイニングという手法を使って分析し、読み解くという試みを2016年7月からスタートさせました。

ミッションの3つ目として、こちらも2016年からスタートさせたばかりですが、お客さま対応窓口のあり方自体を見直そうと組織やシステムの改革を進めています。スマホの普及などにより、お客さまを取り巻く環境は大きく変化しています。年代によっては、問い合わせ窓口に電話するよりもスマホを操作して問題を解決したいと希望されるお客さまが増えており、相談窓口のマルチ・オムニチャネル化など、お客さま一人ひとりにとってより便利で使いやすい仕組みやサービスを検討し、実現していきたいと考えています。

ミッションの2つ目も3つ目も、まだ土台づくりを進めている段階であり、実現のためには、指針づくりをはじめ、システムづくり、組織づくり、メンバーの教育など、乗り越えるべき課題が山積しています。現在の目標は、それらを一つひとつ着実にクリアしていき形にしていくこと。そして、「すべてはお客さまのために」の思いを、この試みを通じて全社へより浸透させていくこと。「お客さまの満足とは何か」ということを常に考え、大切にしながら、時代の変化に応じた新しいチャレンジを積極的に行っていきたいと思っています。

自分らしさを大切にしつつ、オンもオフも思いっきり楽しむ!

自分らしく自然体で仕事に臨めるのが当社の良さ。社員同士認めあい、助けあいながら、「すべてはお客さまのために」の理念のもと力を尽くしている。

イオンクレジットサービスの良さは、自分らしさを大切にしつつキャリアアップできる点にあると思います。私は広報を担当していた頃に結婚をしましたが、それ以来今まで、家庭と仕事の両立を苦痛に感じたことはなく、まさに自然体で両方のシチュエーションを楽しめています。その理由の1つとして、産休や育休、時短制度など、ワークライフバランスを考慮したさまざまな制度が整えられていることはもちろん、それらを利用することを当たり前に受け入れる職場の雰囲気にあると思っています。私の部下に社内結婚しているスタッフがいるのですが、互いの業務を理解しつつ、早く帰れる方が子どものお迎えに行くなど、協力してうまく公私のバランスを取っています。妊娠中の社員の姿も社内でよく目にしますし、家庭や育児と仕事の両立は当社ではまさに当然のことなのだと感じています。

また、趣味を大切にしている社員も多く、例えば私の上司はランニングに熱中していて、休日にはマラソン大会などにも出場しています。ちなみに、私の学生時代からの趣味は海外旅行。社会人となれば続けることは難しいと覚悟していましたが、当社には10連休を毎年取得できる制度があり、今でも毎年1回は海外旅行を楽しんでいます。そんな当社ですから、子どもが生まれても、きっと自分らしくオン・オフともに充実した時間を過ごせるでしょう。未来への不安を感じることなく仕事に全力を尽くせるこの環境が、とてもありがたいです。

当社に魅力を感じ、経営理念に共感していただける方は、ぜひ一度説明会にお越しください。「すべてはお客さまのために」という理念の実現に向けて、私たちと一緒に積極的にチャレンジしていきましょう。やる気あふれる皆さんとの新しい出会いを心から楽しみにしています。

社員のキャリアアップを後押しする制度について

入社後は新入社員全員を対象とした研修を実施し、社会人としての基本的なマナーやスキルを習得します。その後入社3年目まで、金融関連や個人情報保護、法令遵守などに関する知識を身につける研修カリキュラムが段階的に組まれています。その後は登用試験にチャレンジして職位アップを図っていきますが、その際にも職位別に研修があり、必要なスキルを身につけることができます。そのほか、イオングループ共通の自己啓発カリキュラムがあり、任意で受講することができます。業務に必要な資格取得を推奨しており、資格取得者には助成金を支給することにより、社員のスキルや知識の積極取得やモチベーション向上につなげています。
向上心があり、前向きにチャレンジし続けたい、という方は、こうした当社の研修制度をうまく利用して自身のスキルアップを図り、ぜひ活躍していただきたいと思います。

PHOTO
私たちは、「教育は最大の福祉」というイオングループの考えのもと、お客さまのニーズにお応えする「金融のプロ」として活躍できる人材を育成しています。

ページTOPへ