最終更新日:2017/9/10

マイナビ2018

マイナビコード
64207
  • 正社員

アロン化成(株)

本社
東京都
資本金
42億2,000万円
売上高
247億400万円 (2015年12月 決算)
従業員
524名(2016年12月31日現在)
募集人数
1〜5名

介護用品「安寿(あんじゅ)」シリーズをはじめ、暮らしのなかの様々なプラスチック製品を造る成形加工メーカーです。

説明会の予約受付中です! (2017/03/01更新)

みなさん、こんにちは。アロン化成、採用担当の河添です。

現在、弊社説明会を受け付けていますので、
ご興味のある方は、ぜひセミナーエントリー画面よりお申込みください。

さて、簡単にアロン化成についてお話ししますと、
住宅インフラ分野から介護分野・素材開発分野まで。
私たちの暮らしを支えるモノづくりで社会貢献するメーカー。
それがアロン化成です。

我々は業界屈指のプラスチック加工技術を駆使して、人の生活を支える製品を造る会社です。
おそらく企業名から「化学メーカー」というイメージを持っているかもしれませんが、実際はみなさんの生活に非常に密着した製品を提供しています。

アロン化成の業務内容は本当に幅広く、WEB上でお伝えできる情報はほんの一握りにすぎません。エントリーしていただいた方には、たくさんの驚き情報を随時提供していますので、興味をもたれた方のエントリーをお待ちしております。

「モノづくり」に興味のある方
  成型機を操作したい方
  金型の設計をしたい方
  新しい機能素材を開発したい方
  メーカーの営業に興味のある方
  自社開発製造製品をアピールして、営業活動をしたい方
  業界トップブランド製品を販売したい方

多くの方々と説明会でお会いできる日を楽しみにしています。

アロン化成(株) 総務人事部

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
主力事業の製品群。エラストマーコンパウンド(左上)、塩化ビニル製小口径マンホール(左下)、安寿シリーズ 入浴介護用品(右)。
PHOTO
愛知県東海市に設立された「ものづくりセンター」。異なる事業セグメントが保有する知見、ノウハウを部門横断的に共有化し、新規製品開発につなげています。

技術力を強みに社会ニーズを先取りする製品開発で市場をリードする

PHOTO

「自社製品を開発し、ユーザーの皆様に喜んでいただく、そんなメーカの醍醐味を楽しみたい方を歓迎しています」(河添さん)

<3つの主力事業で業績を伸長>
1951年、日本で初めての硬質塩化ビニル管の製造に成功した歴史を持ち、現在では、あらゆる施設の給排水管路システムを提案する「管材事業分野」、「ライフサポート事業分野」では介護用品「安寿(あんじゅ)」シリーズを展開し、入浴や移動・歩行、住宅改修など“人に優しい”をコンセプトとする製品開発を行っています。また、「エラストマー事業分野」では、素材の特性を活かし、お客様のニーズに応じた高機能エラストマーを提案しています。
アロン化成は、プラスチック総合加工メーカーとして、開発力、プラスチック加工技術、市場開拓力を武器に、常に社会のニーズを先取りした製品を市場に提供していきます。

<自ら考えチャレンジする人材を歓迎>
理系出身の総合職の皆さんが活躍する場としては、新製品開発、新技術の確立、素材開発などを担当していただきます。2011年に完成した「ものづくりセンター」や生産工場をローテーションしながら、知見と技術力を磨き、キャリアアップしていただきます。
文系出身の総合職の皆さんは、最初に管材事業もしくはライフサポート事業の営業職を担当していただきます。代理店、販売店の方々に当社としてどのようなバックアップができるかを提案していくことになり、展示会や研修会などを開催し、当社製品の理解を高めていただくような活動も行います。
入社後は、まず東亞合成グループでの入社時研修を行い、その後は階層別の集合研修などによって、常に問題意識を持って行動できる人材に成長していただくための支援をしています。
当社の社風は「元気」「アットホーム」。自分で考え、前向きにチャレンジしていく人材であれば、挑戦しその結果を製品や数字として眼で見ることができます。斬新なアイデアで、積極的にチャレンジしてくれる人材を歓迎します。

(河添 至宏/総務人事部 主査)

会社データ

プロフィール

■プラスチック技術で豊かな生活環境を創造するアロン化成です

アロン化成は、プラスチック製品の成形加工メーカーです。

介護分野では、1972年にはポータブルトイレを発売開始。「安心」と「長寿」の願いを込めたネーミングの「安寿(あんじゅ)」シリーズは、確かな品質と高機能により、介護・福祉分野では注目のブランドに成長しています。

プラスチックという創造性豊かな素材と自由な発想の下、確かな技術で産み出されるオリジナル製品を幅広いユーザーに提案し、強い信頼関係を構築し続けることが私たちの使命。

モノづくり企業として
「何ができるのか」
「何を必要とされているのか」を常に考え、これからも人、そして環境へのやさしさを大切にしながら、いつまでもお客様から愛されるアロン化成でありたいと考えています。

事業内容
以下の各種プラスチック製品の製造・販売に関する業務

・管材・建材事業……(パイプ、継手、マス、小口径マンホール、建築補修材、
           土木補修材等)

・ライフサポート事業……(「安寿」介護用品 排泄・入浴・住宅改修・
             移動歩行・介護予防・生活支援等)

・エラストマー事業……(エラストマーコンパウンド等)
本社郵便番号 105-0003
本社所在地 東京都港区西新橋2丁目8-6 住友不動産日比谷ビル8階
本社電話番号 03-3502-1401
設立 1950年8月16日
資本金 42億2,000万円
従業員 524名(2016年12月31日現在)
売上高 247億400万円
(2015年12月 決算)
事業所 本店 /東京
支店 /大阪、名古屋、福岡、仙台、広島
営業所/札幌、関東、四国、北陸
工場 /関東、名古屋、滋賀、尾道
ものづくりセンター/名古屋
沿革
  • 1950年
    • 東亞合成(株)の塩化ビニル樹脂加工会社としてオークライト工業(株)発足
  • 1951年
    • 日本で初めて硬質塩化ビニル管の製造に成功する
  • 1954年
    • 社名を東亜樹脂工業(株)に改称する
  • 1973年
    • 東亜樹脂工業(株)と(株)寺岡製作所の東亞合成グループ2社が合併し、社名をアロン化成(株)とする
  • 1980年
    • 大阪流通センター(現高槻事業所)完成
      滋賀工場完成(大阪工場生産設備移転)
  • 1993年
    • 技術研究所(現技術開発センター)完成
  • 1994年
    • 関東工場増設
  • 1995年
    • 大証二部上場、資本金を42億2,000万円に増資
      滋賀工場増設
  • 1996年
    • 東証二部上場
  • 1997年
    • 本店を東京都品川区に移転
  • 2000年
    • 東証・大証一部上場
  • 2005年
    • 名古屋工場増設(コンパウンド工場移設)
  • 2008年
    • 株式取得により、ミクニプラスチックス(株)(旧三国化工(株))を子会社化
  • 2011年
    • 東京証券取引所市場第一部上場廃止
      株式交換により東亞合成(株)の完全子会社化
      ものづくりセンター完成
  • 2016年
    • 東亞合成(株)から建築補修材および土木補修材の販売事業を承継
平均勤続勤務年数 18年(2016年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 4.4時間(2016年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 15.9日(2016年実績)
※取得率83.8%
前年度の育児休業取得対象者数 19名(うち女性3名、男性16名 2016年実績)
前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性3名、男性0名 2016年実績)

採用データ

取材情報

介護・インフラ・次世代素材をテーマにプラスチック製品の可能性に挑む。
100名以上のエンジニアが集う「ものづくりセンター」で活躍
PHOTO

先輩情報

法務面から「ものづくり」を支えています!
田村 修一
2004年入社
中央大学
法学部 法律学科
法務全般(法務相談・契約書チェック・トラブル対応)
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒105-0003
東京都港区西新橋2丁目8-6 住友不動産日比谷ビル8階
総務人事部
TEL:03-3502-1401
URL http://www.aronkasei.co.jp/
交通機関 JR山手線  「新橋」徒歩6分
地下鉄銀座線「虎ノ門駅」徒歩9分
都営三田線 「内幸町駅」より徒歩4分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp64207/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ