最終更新日:2018/1/12

マイナビ2018

マイナビコード
69902
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング【東証JASDAQ上場】

本社
東京都
資本金
22億3,766万円(2016年3月末時点)
売上高
294億7100万円(2017年3月期)
従業員
2,019名(2016年12月1日時点) ※臨時従業員除く
募集人数
46〜50名

主体的に働きながらチームで助けあう。だから仲間と達成感を共有できる

PHOTO

自分たちで会社の未来を創る。そんな仕事に挑める環境です

チームで協力しながら目標に突き進むのがニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの働き方。目標に向かって成長を遂げる若手社員の皆さんに、仕事に対する思いややりがいをお聞きしました。

■渡辺 剛志さん(課長/2010年入社/写真左)
■藤田 千洋さん(一般/2015年入社/写真中央)
■古山 直樹さん(課長代理/2011年入社/写真右)

先輩社員の横顔

休日は学生時代の仲間とフットサルに熱中したり、バーベキューを楽しむなどアウトドア派の渡辺さん。プライベートもフットワーク軽く充実した時間を過ごす。
藤田さんは大学時代からヒップホップダンスに夢中。今も休日にはスタジオに通いレッスンを受け、仲間たちとイベントの舞台に立って踊ることもあるそうだ。
昨年、女の子が生まれた古山さんの何よりの楽しみは愛娘と過ごす時間。娘さんの笑顔が一番の癒しであり、仕事に対するエネルギーの源になるという。

部下と協力しながら新しい商品分野、新しい販売方法を成功に導きたい <渡辺さん>

当社は、医療保険・がん保険・介護保険といった第3分野といわれる領域の商品を得意としており、これまで保険総合商社として数多くの保険会社の商品をお客さまに提案してきました。その主な販売方法は、電話をかけてお客さまのニーズを掴み、最適な商品をご案内するテレマーケティングでした。そして今、私が携わっているのは、当社の強みであるテレマーケティングを生かしつつ、さらに発展させた新事業の創出です。

その新事業とは、より幅広い保険商品をお客さまに提案するというもの。第3分野に加えて、第1分野である死亡保険、さらには第二分野の損害保険など多彩な商品をお客さまのニーズに合わせてご提案しています。 同様に、社内にノウハウが蓄積されているテレマーケティングと訪問営業を組み合わせた方法で、よりお客さまに満足していただける商品を提案しています。

そんな新たな事業の中で私のミッションは、テレマーケティングのコールセンターの責任者としての管理業務です。まずはテレマーケティングのご案内によって得られたお客さまの保険に対するご要望を、訪問営業部門に連携します。訪問営業では Face to Face でさらに細やかなアドバイスをしながら、最適な商品に絞り込むという流れになります。当然、訪問営業部門に提案する情報は、お客さまのご要望を的確に把握した精度の高いものでなければなりません。そこで重要になるのが、社員一人ひとりの保険商品の知識を着実に深めることです。

私が社員一人ひとりのスキルを高めるために心がけているのが、部下たちとの密接なコミュニケーションです。私は部下の自己実現を果たすために、1対1でゆっくり語りあう時間をつくり、スキルを向上させるためのアドバイスはもちろん、彼らが何を求め、何を悩んでいるのかを把握したうえで、チーム全員で目標を共有できるようにマネジメントしています。一人ひとりの目的は異なるけれど、それらを達成するためにまずはチームとして目標を達成させる。そしてチームのメンバー同士が助けあうことで、新しい商品分野、新しい販売方法の成功に導きたいと考えています。

上司の適切なアドバイスと地道な努力で社長賞を受賞。その感激を忘れずにもっと成長したい <藤田さん>

現在の私の仕事は、ある大手保険会社のがん保険をテレマーケティングでお客さまにご案内しております。テレマーケティングは、電話でお客さまの保険に関するご要望を伺いながら、最適の商品をおすすめするという販売方法ですが、お互いに相手の顔が見えません。そこで大切になるのが言葉だけで商品特性を伝えていく「トーク力」です。当然のことですが、お客さまに納得して保険にご加入していただくには、深い保険知識とわかりやすく説明できるスキルが不可欠になります。

私の場合は、がん保険という特定分野を担当しているので、商品に対する知識はある程度は深まっていると思います。こうした専門知識に加えてテレマーケティングで何よりも大切にしているのは、好印象をもっていただけるように元気で感じのいい話し方をすること。会話を始めた時点で、電話の向こう側にいるお客さまの年齢や保険に対する知識はある程度わかります。ご高齢のお客さまにはゆっくりと文章を区切りながら簡潔に伝え、保険に対してあまり知識がない方には専門用語を極力減らして平易な言葉を選んで伝えるなど、お客さま一人ひとりに合わせた話し方を心がけています。また、通話終了後にお客さまとの会話を振り返って詳細なやりとりや気づいたことを記録しているのですが、これをコツコツと続けていくことで、契約まで至った時とそうでない時の違いがわかるようになりました。

また当社の場合は、チームリーダーが日々的確なアドバイスをしてくださるので、経験を重ねるごとに結果が出てきました。そして入社1年目の下期に、好成績を収めた社員に与えられる社長賞を受賞することができました。その時の喜びは今でも忘れることはありません。この経験で学んだのは「初めは無理だと感じていた遠いゴールも、一歩ずつ踏み出すことで必ず辿りつける」ということ。その時の達成感を忘れずに、今後も頑張りたいと思っています。

今は、がん保険を中心にお客さまにご案内していますが、今後は医療保険、介護保険の専門知識も身につけて、幅広い視野からお客さまに安心いただける保険のご提案をしていきたいと考えています。

訪問営業をテレマーケティングに続く当社の強みに。それを目標に部下の育成に打ち込む <古山さん>

入社して5年目を迎えますが、これまでテレマーケティング、訪問営業という異なる販売方法を経験するとともに、責任者として部下の育成やマネジメントを経験してきました。このように短期間でさまざまな経験ができるのも当社の魅力の1つといえます。それぞれの販売方法や立ち位置を通して広い視野を持つことでコミュニケーション力を磨けましたし、チームとして働く醍醐味を経験することもできました。

入社後はまずテレマーケティングを担当したのですが、正直言って入社当時は保険の知識は皆無に等しい状態でした。そこで、先輩に聞いたり、インターネットや書籍を読んだりして自分なりに知識を習得していきました。また、テレマーケティングでの保険商品のご提案も、上司とのロールプレイングなどで着実に身につけていけたので、安心して仕事に臨めました。
2年8ヶ月は営業職としてお客さまに保険商品をおすすめしていましたが、その後係長に昇格して6名の部下のマネジメントをすることに。係長の使命は自分の業績を上げることではなく、部下たちを指導しながらテレマーケティングのスキルを磨き、チームの業績を上げることです。一人ひとりの部下のスキルを見極めたうえで適切なアドバイスをするとともに、メンタル面のフォローをしながら業績向上を図ってきました。

そして2015年2月からは、訪問営業の担当になりました。こちらは電話でのご案内ではなく、直接、お客さまのご自宅や勤務先などに伺って保険をご提案するという方法です。お客さまは保険に興味のある方ばかりですが、幅広い商品の中からプロの視点で最適なものをご案内するのが役割です。従来のテレマーケティングで扱っていた商品以外の死亡保険や確定拠出年金なども扱うので、より広範な保険知識を身につけてお客さまにおすすめしていました。

そして2016年7月には訪問営業部門の課長代理に昇格。自分が培ってきた訪問営業のノウハウを部下に教えることで全体の販売力の強化に取り組んでいます。現在、当社は新しい販売スタイルの確立や取扱商品の拡大を図っています。そうした経営方針に応えるために訪問営業部門のコンサルティング力を高め、よりいっそうお客さまから支持される存在になること。それが現在の目標です。

子育てしながら仕事ができる環境

2015年に産休育休を取得し、復職して今現在「営業サポート課」という部署に所属しています。営業サポート課は、ご契約頂いたお客さまへ書類の記入方法を案内したり、書類到着後のフォローなど、営業担当からお客さまの案内を引継ぎ、各保険会社へお客さまがしっかりご加入頂けるようにサポ―トする部署です。お客さまとコミュニケーションを取りながら、書類に不備が出ないように説明や確認をお電話にて案内させて頂くのですが、営業サポート課の発足当時は不備も多く、部下も苦戦していました。しかし研修を重ねていくうちに、スムーズにお客さま対応ができるようになり、お客さまだけでなく、営業担当からも「ありがとう」と感謝の言葉を頂けるようになりました。今では「営業サポート課」が営業部からとても頼ってもらえる存在になったことが本当に嬉しいです。
また、私は今1歳の子どもがいます。
子どもがまだ小さいので、子どもの体調不良で仕事を休むことも多々ありますが、当社では子どもを持つ責任者が多く、従業員からの理解がとてもあり、急に休む日なども仕事のフォローをしてくれます。当社は1人ではなくチームで仕事をしているので、急な時にもフォローしてもらえる環境が魅力の一つです。
いつも周囲の責任者・同僚・部下などに支えてもらっていることに感謝の気持ちを大切にしながら、これからも会社の為に自分自身が出来ることを精一杯頑張っていこうと思っています!

PHOTO
当社は教育体制がしっかりしていてとても自己成長を感じられる環境になっています!そんな当社で一緒に成長をしましょう!(小笠原さん/係長/2011年入社)

マイナビ編集部から

テレマーケティングという販売方法で32社(2016年12月時点)に及ぶ保険会社の商品を取り扱ってきたニュートン・フィナンシャル・コンサルティングは、顧客に最適な保険を提案する保険総合商社である。これまでも顧客のさまざまなニーズに合わせてより良い保険を提案してきた。そして、現在はテレマーケティングのみならず、幅広い販売チャネルを確立している。昨今のグループ化により、訪問営業、保険ショップ、WEBと業界初となる全方位型チャネルをもつグループ企業となった。また、これまでは第3分野と呼ばれる医療保険、がん保険、介護保険が得意分野だったが、それに加えて死亡保険、年金保険など顧客の幅広いニーズに応える多彩な商品の販売に注力する。
常に企業体として躍進を続けているニュートン・フィナンシャル・コンサルティングだが、そこで働く社員の成長スピードも驚くほど早い。わずか入社数年でチームリーダーに昇格し、部下の育成にあたる社員も少なくない。若手社員の仕事に対する旺盛な意欲と、仲間と目標を達成するチーム体制が相乗効果を生み、社内は活気にあふれている。これからの保険業界に新風を吹き込む勢いを感じる企業だ。

PHOTO
本社内にある「リフレッシュルーム」。社員たちが仕事の合間に来てはくつろぐ。オンとオフのメリハリがあるのも同社の働き方の特徴のひとつだ。

ページTOPへ