最終更新日:2017/11/15

マイナビ2018

マイナビコード
74121
  • 正社員
  • 既卒可

青木油脂工業(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
大阪府
資本金
8,064万円(投下資本:90億円)
売上高
76.6億円 ※2017年7月期
従業員数
182(男165 女17)名 (2017年9月現在)
募集人数
1〜5名

幅広い産業分野で需要が伸びる「非イオン界面活性剤」の開発・製造で業界をリード。一人ひとりが主役として、さらなる飛躍の原動力に!

2018年卒会社説明会開催中です! (2017/09/27更新)

こんにちは、青木油脂工業です。
アクセスしていただきありがとうございます!

10月より製造部門の秋採用を開始いたしました!
安定感抜群の当社!
会社で最も重要な部門といっても過言ではない製造部門での募集中です!
エントリーお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

私自身も率先して、より働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。

PHOTO

代表取締役社長/青木俊浩私は2016年10月に社長に就任したばかりです。若手社員のみなさんと一緒に成長し、よりよい会社をつくっていきたいと考えています。

非イオン界面活性剤とポリオールの専門メーカーが私たち青木油脂工業です界面活性剤は、みなさんもご存知の通り、シャンプーや洗剤をはじめ、さまざまな分野で活用されています。当社は1949年の創立以来、界面活性剤を中心に、あらゆる産業界のニーズをとらえた製品を開発し続け、非イオン界面活性剤とポリオールの専門メーカーとして歩んできました。現在では2,000種類以上の製品を揃えるとともに、「青木油脂工業なら、さまざまな相談にのってくれる」「少量多品種や、高度なノウハウが必要な製品づくりに対応してくれる」と、高い評価を受けています。特に最近では、洗剤や家庭品などのハウスホールド関係と、金属加工、化粧品の3分野に力を注いでいます。成長が著しい化粧品分野で、お客様各社に向けてオリジナルの処方を組むなど、きめ細かな提案を徹底しています。
当社は「誠意と信頼をモットーに、より良い商品をつくって、社会に貢献する」という経営理念のもと、お客様への対応はもとより、社内の連携を図っています。同僚や他の部署のことを考え、助け合いながら仕事ができるコミュニケーションのよさが当社の強みだと自負しています。若手社員が多く、社員からの提案もしやすく、柔軟な発想力でものづくりに挑戦できる環境になっています。私は「もっと働きやすい会社づくり」をテーマに社員との交流する機会を設け、幹部社員や研究の現場、工場に赴きスタッフと面談して、社員一人ひとりが思っていることを直接聞いています。これらの活動で得たことを経営や、業務の進め方、設備改善に反映しています。
人とやり取りすることも多いので、コミュニケーション能力が重要です。また、自分の考えを持っている人、自分のやりたいことを発信できる人、他人からの要望にスピーディーに応えられる人が成長できる環境になっています。
当社は、多くのお客様の支持を受け、設立から今年で70年目を迎えますが、黒字経営を続けており、業績も堅調に伸びています。今後は鹿島工場を中心に設備投資をして東日本地域への拡大を図るとともに、新しい事業の柱を創造し、さらなる成長を目指していきたいと考えています。

会社データ

プロフィール

非イオン界面活性剤を中心とした機能化学製品をISO規格に適合した品質マネジメントシステムのもとに製造販売している会社です。これらの製品は私達の生活を支えるあらゆる産業資材に幅広く使用されています。時代とともに世の中のニーズは多様化、高度化の一途を辿っており、近年では開発スピードの重要性も高まる中、当社のような小回りの利く中堅企業の存在価値はますます高まっています。どんな時代にもお客様の満足を高める企業として信頼され、選択されるオンリーワンの存在であることが当社の使命であると考えています。

事業内容
界面活性剤、ポリオールその他機能化学製品の製造・販売
本社郵便番号 532-0011
本社所在地 大阪府大阪市淀川区西中島5-14-22
リクルート新大阪ビル8F
本社電話番号 06-4805-7008
創業 1916年
設立 1949年
資本金 8,064万円(投下資本:90億円)
従業員数 182(男165 女17)名
(2017年9月現在)
売上高 76.6億円 ※2017年7月期
事業所 本社:大阪府大阪市淀川区
東京営業所:東京都千代田区
名古屋営業所:名古屋市中区
大阪工場:大阪府大阪市西淀川区
滋賀工場:滋賀県蒲生郡日野町
鹿島工場:茨城県神栖市
業績推移 決算期   年 商   経常利益
───────────────
2005年  41.1億円  2.8億円
2006年  44.8億円  3.7億円
2007年  50.2億円  3.1億円
2008年  58.3億円  4.5億円
2009年  46.0億円  3.0億円
2010年  52.0億円  5.1億円
2011年  61.0億円  2.8億円
2012年  58.9億円  4.0億円
2013年  63.2億円  3.9億円
2014年  71.8億円  4.3億円
2015年  72.1億円  5.7億円
2016年  73.3億円  6.2億円
2017年  76.6億円  9.7億円
財務比率 経常利益率        12.6%
流動比率         238.4%
固定比率         66.9%
自己資本比率       55.8%

※2017年7月期
主な取引先 長瀬産業(株)、蝶理(株)、丸紅ケミックス(株)、岡畑産業(株)、住友商事ケミカル(株)、昭栄薬品(株)、日油(株)、三洋化成工業(株)、第一工業製薬(株)、花王(株)、ライオン(株)、新日本理化(株)、丸善石油化学(株)、三井化学(株)、(株)トクヤマ、日本オキシラン(株)、松本油脂製薬(株)、(株)マンダム、三菱化学(株)、奥野製薬工業(株)、三井物産(株)、(株)ADEKA その他
平均年齢 38歳
平均給与 46.8万円(賞与込み)
沿革
  • 1916年
    • 大阪市西区道頓堀においてガス副産物(主にベンゾール)の卸売りを始める。
  • 1923年
    • 上記商品類の在庫と製品調整のため、大阪市西淀川区大和田に倉庫と大和田工場(現大阪工場)を設置する。
  • 1939年
    • 大阪市立工業研究所の技術指導により、油脂加工製品の研究にかかり、上記倉庫とは別に、青木油化学研究所を設立する。
  • 1940年
    • 上記製品(切削油、洗浄油などの機械油剤)を市販する。
  • 1946年
    • 従来の設備を利用して繊維油剤(主に硫酸化油)の製造、販売にかかる。
  • 1949年
    • 従来の個人経営を株式組織に変更、現社名となる。
  • 1953年
    • この頃、石油化学製品の台頭により脚光を浴びてきた非イオン界面活性剤の製造に着目し、研究・製造の開始。以後、徐々に増産体制に入る。
  • 1968年
    • 原料酸化エチレンのタンクローリー受入れのため、大型タンクを設置、これに付帯した設備を完了、高圧ガス製造工場となる。
  • 1975年
    • 酸化プロピレン付加物製造のため地下に専用タンクを設置、PO誘導品の製造・販売にかかる。
  • 1985年
    • 酸化エチレン付加用大型プラント設置。
  • 1987年
    • 酸化プロピレン付加用大型プラント設置。
  • 1991年
    • 滋賀県日野町に新工場を設立し、酸化エチレン、酸化プロピレン付加用プラントを設置。
  • 1997年
    • 滋賀工場第2プラント設置。
  • 1998年
    • 滋賀工場においてISO9002認証取得。
  • 1999年
    • 滋賀工場に排水濃縮装置設置。
  • 2000年
    • ISO9002の認証範囲を本社、東京営業所、大阪工場及び滋賀工場に拡大。
  • 2001年
    • 上記部門に研究開発部を加えてISO9001認証取得。
  • 2003年
    • 大阪市淀川区西中島に本社を移転。
  • 2011年
    • 茨城県神栖市に鹿島工場を新設
  • 2013年
    • 滋賀工場内に研究設備を新設
  • 2016年
    • 名古屋市中区に名古屋営業所を開設
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間(2015年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒532-0011
大阪市淀川区西中島5-14-22 リクルート新大阪ビル 8F
青木油脂工業(株) 総務部 採用グループ
担当:今後(イマゴ)

TEL: 06-4805-7008
(受付 9:00〜17:00)
URL http://www.blaunon.co.jp/
E-mail saiyou@blaunon.co.jp
交通機関 地下鉄御堂筋線「新大阪駅」から徒歩1分
JR各線「新大阪駅」から徒歩3分
阪急電鉄京都本線「南方駅」から徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp74121/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
青木油脂工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ