最終更新日:2017/11/17

マイナビ2018

マイナビコード
78010
  • 正社員
  • 既卒可

(株)ベネッセスタイルケア

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
1030億円 2017年3月期 ベネッセホールディングス連結 介護・保育事業
従業員
15,682人(2017年3月末時点)
募集人数
301名〜

特集記事

女子学生ナビ

仕事でもプライベートでも、あなたらしく輝き続ける

充実のシゴトスタイル

PHOTO

人が制度に合わせるのではなく、制度を人に合わせていきます

現場スタッフはもちろん、本部管理職でも多くの女性が活躍しているベネッセスタイルケア。介護の仕事はどんな魅力があるのか。どうキャリアを積み上げてきたのか。最前線の声を伺いました。

取締役 副社長 国政貴美子さん
スタッフ採用支援部 部長 伊藤えり子さん
スタッフ採用支援部 齋藤麻由子さん

自分の人生を主体的に選ぶ切り札となるのが、介護の仕事。その魅力をぜひ多くの方に知っていただきたい

「人生において選択肢が多ければ、どんなことがあっても対応できる。それが自分の人生を豊かにする。その可能性が介護の仕事にはあります」と国政さん。

どの学部であっても、自分の将来像が定まっていない方にこそ、私は介護業界を勧めたいと思います。それはなぜか。どんな会社に就職しても、今の時代、その会社がずっと存在するとは限りません。業界再編や業界の衰退など、思ってもいなかったことが起こります。しかし、高齢化社会が続く今、介護の仕事がなくなることはありません。日本だけでなく、アジアの国々も高齢化社会を迎えつつあり、日本の介護技術が注目されています。グローバルに活躍する可能性も広がっているのです。
また、経験を積んでさまざまな資格を取得すれば、施設スタッフだけでなく相談業務や訪問スタッフなど、いろいろな業務に取り組めます。日中の短時間だけ働ける仕事もあるので、育児との両立もしやすいでしょう。さらに資格や経験があれば、当社に限らずとも介護施設は全国どこにでもありますから、場所を問わず働けます。
結婚や出産など、さまざまなライフステージにより生活が変わることがあります。でも、どんな状況にあっても、介護の経験や資格は自分の強みになる。自分の人生を主体的に決める切り札となるのです。加えて、自分の親が高齢になった時、自分に知識があれば的確な判断もできます。誰にとっても介護は身近な世界なのです。

そういったなかで当社は、「その方らしさに深く寄りそう」を事業理念に掲げています。スタッフはその方の人生を理解することから始め、お一人おひとりの人生と向き合っています。介護の仕事を、決して数をこなすだけの “作業” にはしていません。創業から20年の歴史がありますが、まだまだ成長中であり、いろいろな挑戦ができる会社です。

私自身も当社グループの中で働いてきましたが、キャリアアップをめざしていたわけではありません。ただ、どんなことでも与えられた課題からは逃げませんでした。やったことがないことでも、自分ならできると思って託されたものならば、まずやってみる。1つできると、また次のハードルが来る。それもまたやってみる。そういったことの繰り返しで、できることを増やし、さらに大きな仕事も任されるようになりました。誰でも平等に評価されるのが当社の良いところ。ぜひ介護業界に可能性を感じ、仲間に加わっていただきたいと思います。
(取締役 副社長 国政貴美子さん)

より多くの仲間とこの会社を創っていきたい。その想いが私の原動力です

「育児と仕事を両立させ、仕事の中でもしっかり結果を残す同期も。刺激をし合える仲間がいるから、頑張れます」と伊藤さん。

当社グループに入社し、最初の3年間は通信教育事業に携わっていました。でも、もっと直接人と関わることがしたいと思い、介護事業に異動しました。当時の介護事業はまだ会社にとって新しく、仕組み作りの段階でした。同期も活躍しており、未知なる面白さに満ちていました。そして、現場でサービススタッフを経験した後、11年前からスタッフの採用に携わっています。

介護の仕事は、人がいないと成り立ちません。ホームが運営できるだけの十分なスタッフが揃わないと、サービスが行き届かず、ご入居者さまの生活を支えられなくなります。しかし、ただ単に採用すればよいというものではなく、どうしたら働きたいと思ってもらえるのか? 働き方の改善も提案してきました。例えば、パートで短時間の非常勤勤務ができれば、育児中のママでも働きやすい。夜勤時間を短くすれば、体力的な負担が減り、中高年になっても働き続けられる。ホーム長とも連携し、現場の声にも耳を傾け、あらゆる可能性を探って、多くの人が働きたいと思える環境をみんなで作り上げることに難しさや面白さを感じています。それでもまだ「私にはこの仕事は無理だ」と思う人がいるのなら、その人たちの話を真摯に聞きながら、どのようにしたらよいのかを考えていきたいと思います。また、現場では女性スタッフが多く働いています。さまざまなライフスタイルで働いているスタッフの意見をうまく取り入れるなどして働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

私自身も両親が病気になり、介護の当事者になりました。そのとき軸になったのが、当社の事業理念である「その方らしさに深く寄りそう」こと。父や母や妹たちが、「あの時ああすればよかった」と悔やむことがないよう、考えながら介護に取り組めたのは、ここでの経験のおかげです。また、仕事との両立ができるようサポートしてくれた会社や周りのスタッフの支えがあったからこそだと感謝しています。

人が好きで、この会社が好きで人の力になりたい私にとっては、採用の仕事は天職だと思っています。目の前の仕事に全力で取り組んだ結果として、今の部長職が後からついてきました。これからも発想豊かに、新たなチャレンジを続けたいと思います。
(スタッフ採用支援部 部長 伊藤えり子さん)

妻や母になると、業務の中でも新たな展望が見えてくる。介護はそんな仕事でもあります

「時短勤務だからできることが減ったのではなく、主婦や母としての視線を持つことにより、仕事への視野も大いに広がりました」と齋藤さん。

介護の仕事をしたくて当社に入社。入社5〜6年目まで、老人ホームのオープニングに伴う営業や入居相談、スタッフ管理などの仕事に携わってきました。ホームも増え、会社としても大きく成長する段階だったので、やりがいのある日々を送りました。その後結婚し、2008年と2010年に出産。それぞれ1年半程度の産休・育休を取り復帰、2012年から今の採用関連の部署で働いています。
1人目の出産の時は、まだ産休・育休制度は明確なものではありませんでしたが、「制度がないなら新しく環境を整えましょう」と、上司や同僚も前向きに対応してくれました。2人目の頃にはママ社員が増えた時期と重なり、社員のライフスタイルの変化に合わせて、制度が充実していました。産休に入る時、職場の皆さんが書いてくれた寄せ書きには「戻ってくるのを楽しみにしています」という上司の言葉がありました。そんな言葉に導かれて、私も気負うことなくワーキングマザーで仕事を続けられています。

当社には、「自分や自分の家族にしてもらいたいサービスを提供する」というコンセプトがあります。結婚や出産により、自分が「妻」「母」として家族を考えるようになると、このコンセプトが今まで考えていた以上に深い意義を持っていることを感じます。
結婚、出産などの経験を経たことによって、さまざまな家族のあり方も見えてきて、引き出しがどんどん増えていると感じますし、また違うアプローチができると感じています。
そういう視点で考えると介護職は、実務経験だけでなく、事務やサービス業の経験、家庭の主婦の経験などさまざまな人生経験が活かせる仕事なのだと思います。今は採用の仕事を通じて、さまざまなご経験を持たれた方に介護のお仕事をご紹介しています。人生のお手伝いをする介護の仕事は、さまざまなライフステージを経験するからこそ、活かせる場面が沢山あります。長くライフステージを変えながら働く社員には適したお仕事なのだと思っています。

女性の同僚の中には、部長など管理職で活躍している人もいます。自分のやりたい分野を見つけ、信念を持ってキャリアを貫いている姿は尊敬します。現場スタッフやママ社員だけでなく、いろいろな形で力を発揮できるのが当社です。自分の人生を重ねる中で、当社のコンセプトに共感し、深く追求していきたい人たちと共に働きたいと思います。
(スタッフ採用支援部 齋藤麻由子さん)

人が制度に合わせるのではなく、制度を人に合わせていきます

社内の制度として掲げられているものも、その状況に合わせて柔軟に変化していくのが当社です。
例えば、小学校3年生までの子どもがいる場合に認められる時短勤務。これは当初は、小学校に上がる前の未就学児が対象でした。しかし、ママ社員が増え、「まだ小1の子どもを置いてフルタイム勤務は難しい」「このままなら退職」という声が高まったため、アンケート調査を実施。その結果をもとに、小3までの延長となりました。一方、子どもを預ける環境があってフルタイム勤務が可能という人には、保育手当を支給。両方の立場に公平に対応するのも当社らしいところです。
そして何よりも大事なのは「何のための制度なのか」ということです。「制度があるから、それで良し」ではなく、その内容が社員を助けるためのものであることが重要。社員が仕事で悩み、持ちこたえられずに退職するようなことになれば、さまざまな面からご入居者さまの生活を支えることができません。「その方らしさに深く寄りそう」ために、そこにつながる環境も状況に合わせて変化させていくのが当社の方針です。

PHOTO
社員が安定して働ける環境を作ることが、ご入居者さまへのサービス向上につながる。だから、ぜひ安心して当社の仲間になり、活躍の場を広げてください。

ページTOPへ