最終更新日:2017/10/12

マイナビ2018

マイナビコード
80527
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

(株)小松総合印刷

本社
長野県
資本金
2,100万円
売上高
13億8,000万円(2016年10月年実績)
従業員
40名
募集人数
6〜10名

<秋採用スタート!>【印刷会社+広告代理店】 私たちは常に新しい可能性を追求するプロ集団です!

【Pepperのいる印刷会社って!?】会社説明会予約受付中!【まずはエントリー!】 (2017/08/28更新)

【秋採用スタート】

こんにちは!
株式会社小松総合印刷の採用担当チームです。

秋採用をスタート致しました!
まずはエントリーをお願い致します。
エントリー頂いた方と説明会の日程調整をさせて頂きます。

会社説明会では弊社の紹介、代表取締役社長の話のあと、
社内見学を行います。

弊社の概要だけでなく、会社の場所、働いている社員の様子、社内の雰囲気など、
短い時間で弊社の事を知って頂ける内容となっておりますので、
是非ご参加ください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
スタッフは20、30代が多く、和気あいあいとした雰囲気がある。週に1度、部門ごとに反省点などの報告会を開催しており、情報交換を行っている。
PHOTO
1枚1枚違ったものを印刷するバリアブル(可変)印刷や圧着ハガキ、圧着DMなどをいち早く導入。常にクライアントの売り上げに貢献できるアイデアを提案している。

常に「新しいこと」に挑戦し続け、お客様が今必要としている製品を提案する

PHOTO

「やりたいことができ、さまざまな経験を積める会社」だと話す(左から)青木啓介さん、田中徳史さん、塩原実さん。3名とも、それぞれの得意分野を活かし、活躍している。

 当社は、バリアブル(可変)印刷(レイアウトは同じままで、内容を1枚ずつ変えて行う印刷方法)や圧着ハガキなど、時代のニーズに合わせた製品を開発・提案する印刷会社です。本社は長野県伊那市にありますが、東京や愛知を中心に活動をしています。
 当社の特長は、常に「新しいこと」を取り入れ続けていることです。「新しいこと」そのものを理解し、使い方や売り方を考え、お客様に提案できるようにするまでには、時間とエネルギーがかかります。その反面、お客様に教える「先生」のような立場から提案することができるので、お客様から頼まれたことだけを受ける営業とは違ったやりがいが感じられる仕事だと思います。東京へは週に2回ほど出張に出かけます。全国的に展開する大きな仕事ができるのも、当社の魅力です。
<営業部 塩原実さん>

 私は就職活動のときに、当社なら紙媒体に限らず、いろいろな経験ができると思い入社を決意しました。現在入社2年目ですが、ウェブの運営や更新、展示会の運営だけでなく、紙媒体やメルマガ、ウェブ広告などを一元化し、ユーザーへの対応を自動化するシステム「マーケティングオートメーション」の開発など、責任のある仕事を任されています。
 当社に入って感じたのは、変化のスピードが速いということ。決まったことをやり続けるのではなく、「新しいこと」への挑戦は、ワクワクするような楽しさがあります。変化を楽しめる人、生み出せる人が、活躍できる仕事だと思います。
<営業部営業企画 青木啓介さん>

 私は印刷オペレーターとして印刷機を動かし、色味のバランスを調整して、印刷物を美しく仕上げる仕事をしています。色味は数値で管理できるものがありますが、それができないものは目視で確認しなければなりません。温度や湿度でも微妙に色味が変わるので、うまく調整ができるようになるには、3年ほど時間がかかりますが、その分思った色が出たときには、達成感があります。
 当社は若い人にもどんどん仕事を任せてくれます。やりたいことには、ぜひ挑戦してほしいと思いますし、出る杭は打たれません。それどころか出てこいと言ってくれます。私も入社当初は文系出身でスキル面の不安もありましたが、1から教えて頂き、今では印刷部のリーダーを務めています。やる気のある人にはとても良い環境が整っている会社だと思います。
<印刷部 田中徳史さん>

会社データ

プロフィール

■印刷だけでなく、最新デジタルツールを用いた販促企画等も展開

今、二つの大きな波が印刷業界の使命そのものを根本から変えはじめました。

・Webの普及に伴うクロスメディア化への対応
・マーケティングを意識した販促支援の必要性

ペーパーメディアの枠を越え、動画を絡めたPCや携帯メディアを使ったWebへの対応や不特定多数へのマス広告から顧客データベースを活用した個客対応のマーケティング支援が求められているのです。
これからも弊社に求められていることは多岐に渡り拡がり続けるでしょう。

私たちは、お客様の販売促進を様々な立場からお手伝いできる様、常に新しい可能性を追求していかなくてはなりません。
今では、ダイレクトメールなどの印刷物だけにとどまらず「マーケティング・ホームページ制作・映像制作」等さまざまなツールを使い、お客様の販売促進活動を支援しております。

小松総合印刷は印刷だけにとどまらない、顧客に最適な「売れる仕組み」を企画提案しています。

事業内容
・総合印刷業
・情報発信業
本社郵便番号 396-0029
本社所在地 長野県伊那市横山10955-1
本社電話番号 0265-72-3129
設立 1948年5月
資本金 2,100万円
従業員 40名
売上高 13億8,000万円(2016年10月年実績)
売上高推移 2012年実績 6億円
2013年実績 8億8,000万円
2014年実績 10億9,000万円
2015年実績 11億2,000万円
2016年実績 13億8,000万円
※10年以上黒字経営の高利益体質
事業所 本社/長野県伊那市
自社ホームページはこちら http://www.ko-ma-tsu.co.jp/employ/
沿革
  • 昭和23年5月
    • 長野県伊那市大字伊那3402番地に「小松印刷」設立
  • 昭和32年4月
    • 企業組合小松印刷所に組織変更
  • 昭和38年10月
    • (株)小松総合印刷に組織変更
  • 昭和40年6月
    • 伊那市美篶10243-4に第2工場建設
  • 昭和46年11月
    • 本社工場を第2工場敷地に建築移転
  • 平成元年9月
    • オフセット輪転機導入
  • 平成4年4月
    • 製版用カラードラムスキャナ導入
  • 平成7年 
    • マッキントッシュによるDTP開始
  • 平成9年11月
    • イメージセッター導入及び、OPIサーバーを核としたLAN構築
  • 平成10年2月
    • ウィンドウズDTP開始
  • 平成10年
    • マルチメディア事業開始
      WEBサーバ、イントラネット構築
  • 平成11年9月
    • CTP導入 フルデジタル化
  • 平成12年5月 
    • ISO9002認証取得
  • 平成12年7月
    • CIP3対応菊半裁4色機導入
  • 平成13年5月
    • IT関連成長企業として経営革新支援法認定
  • 平成14年8月 
    • UV印刷対応菊半裁6色機導入
  • 平成18年10月
    • Pマーク取得
  • 平成19年1月
    • 新工場移転
  • 平成19年5月
    • ・個人情報保護士認定証(PiiP)取得
      ・環境保護印刷「クリオネマーク」の中で「ゴールドプラス」を取得
  • 平成20年4月
    • 森林認証「FSC/Coc認証」を取得
  • 平成22年12月
    • 可変印刷強化のため新工場増床、日本第一号機大量ロット可変対応印刷機導入
  • 平成24年8月
    • 型抜き機ボグラマ導入
  • 平成25年5月
    • B2・Led4色機導入
  • 平成26年4月
    • HP Indigo 10000 デジタル印刷機導入
  • 平成27年10月 
    • バリアブル中綴じ製本機 導入
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 50%(2名中1名)

問い合わせ先

問い合わせ先 〒396-0029
長野県伊那市伊那10955番地1
TEL:0265-72-3129 (採用担当 小松・青木まで)
URL http://www.ko-ma-tsu.co.jp/
E-mail recruit@ko-ma-tsu.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp80527/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)小松総合印刷と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)小松総合印刷 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ