最終更新日:2017/11/17

マイナビ2018

マイナビコード
84848
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

富士機械工業(株)

本社
広島県
資本金
4億5,000万円
売上高
133.5億円(2016年8月実績)
従業員
257名
募集人数
6〜10名

【新社屋建設中】創業から65年、確かな技術と開発力でフィールドを広げ続ける「特殊印刷機」のリーディングカンパニー!

【新社屋建設中】“頭脳を売る”会社づくりがモットーの、特殊印刷機のトップメーカーです (2017/11/17更新)

こんにちは、採用担当の金澤(かなざわ)です。
当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。。

現在、海外営業職・総務職の募集を行っています。

ご興味のある方は下記のメールアドレス宛にご連絡をお願いいたします。

saiyo@fujikikai.co.jp

※広島駅の自由通路南口にデジタルサイネージ広告の掲載を開始しました。
 広島駅をご利用される方は、是非ご覧になってください。


PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
製品は全てオーダーメイドで、1台に使われる部品は1万点以上。少しずつ組み立てていきます。
PHOTO
女性の技術者も活躍中です。

暮らしのあらゆるところで、我が社の「特殊印刷機」が活躍しています!

PHOTO

現在、6階建ての新社屋を建設中です。皆様が入社されるときには完成しているため、きれいなオフィスで業務を行うことが出来ます。

運搬機械の製作会社として、1951年に創立した当社は、たばこ製造プラントや、アメリカの企業との提携によるボウリングのピンセッターなど、時代とともに様々な製品を送り出してきました。
そんな中、40年ほど前に初めて着手した「特殊印刷機」の受注生産は、現在、当社の基幹事業へと成長しました。後にはコーティング装置にも開発をすすめ、当社が送り出した印刷機やコーティングマシンから生まれた商品(冷凍食品やお菓子の包装フィルム、缶コーヒーや乾電池のパッケージ印刷など)は、暮らしの様々な分野で目にすることができます。また近年では、液晶テレビや携帯電話などの画面に使われる、光学フィルム用のコーティング装置にも進出しました。
当社がここまで順調に伸びてきた背景には、環境に対応できる技術力と開発力があったから。ユーザーの要望に応えるため、真摯に研究・開発に取り組んできた結果だと思います。
「企業は人なり」と言いますが、社員の力なくして会社は成り立ちません。私の役目は、会社という舞台を提供すること。多少の失敗を恐れず、その舞台で何事にも果敢にチャレンジしてくれる方を求めています。
富士機械工業というステージで思い切り自己表現してください。
それによって大きく羽ばたき、会社の発展と社会への貢献に一翼を担っていただくとともに何よりあなた自身のキャリア能力の形成や生活の向上を実現していただきたいと願っています。

「チャレンジスピリット溢れるあなたの入社を心より歓迎します」

<代表取締役社長 和田隆雅>

会社データ

プロフィール

「富士機械工業」は特殊印刷機の総合メーカーです。コーヒーやジュースの「缶」の表面への印刷や、ペットボトルのフィルムへの印刷、光学フィルムのコーティングなど、実に様々な分野で活躍しています。

1951年の創立以来、「頭脳を売る」メーカーとして、常にお客様のより近くできめ細かいサービスをお届けしてきました。機械というハードの供給メーカーとしてだけではなく、広く総合的なニーズにお応えできる企業として、これからもさらに前進し続けていきます。

現在、6階建ての新社屋を建設中です。
今年の会社説明会には間に合いませんが、
皆様が入社される平成30年4月には完成しています。

事業内容

PHOTO

プラスチックフィルムへ印刷するグラビア印刷機。ユーザーの指向を尊重し、「稼働率のアップ」と「正確で安定した印刷」をメインテーマに生産されています。

・グラビア印刷機
・コーター
・ラミネーター
・金属印刷機
など、各種産業用機械装置、印刷関連機器の開発・設計・製造・販売

【グラビア印刷機】
グラビア印刷は微細な濃淡が表現可能な印刷方式で、ペットボトルフィルムや食料品パッケージなど、さまざまな分野で活用しています。
「稼働率アップ」と「正確で安定した印刷」を実現し、国内・海外シェア共にトップクラスです。

【コーター】
液晶テレビやスマートフォンに使われる液晶ディスプレーの偏向版や、リチウムイオン電池のセパレーターなどに使う高性能フィルムの製造に用いるコーティング装置です。
グラビア印刷機で培った技術を応用して、約10年前に参入。
現在ではグラビア印刷機、金属印刷機と並ぶ柱の一つに成長しました。
※2016年3月 第41回発明大賞 考案功労賞を受賞しました。

【金属印刷機】
コーヒー缶などの食品容器、電気製品や化粧缶、インテリア用品などに印刷する印刷機械です。
冷蔵設備が普及していない新興国では、金属缶による食品保存・流通が主流。
そのため外装印刷のための金属印刷機のニーズが高まっています。
抜群の高速性と操作性を誇り、製造しているのは国内では当社のみ、世界でも3社しか製造しておらず、世界2位のシェアを誇っています。
※2015年経済産業省「がんばる中小企業・小規模事業者300社」より
本社郵便番号 735-0029
本社所在地 広島県安芸郡府中町茂陰2丁目3番17号
本社電話番号 082-428-2450
創業 1951(昭和26)年7月11日
資本金 4億5,000万円
従業員 257名
売上高 133.5億円(2016年8月実績)
事業所 本社・本社工場:広島県安芸郡府中町茂陰2丁目3番17号
八本松製作所:広島県東広島市八本松飯田2丁目7番1号
八本松製作所第2工場:広島県東広島市八本松東4丁目2番10号
府中事業所:広島県安芸郡府中町茂陰2-3-17
東京支社:東京都葛飾区白鳥3丁目7番10号
大阪営業所:大阪府淀川区西中島4丁目13番24号 花原第3ビル8階
関連会社 富士メカティクス(株)
富士機械工販(株)
(株)富士メンテック
富士マシン(株)
THAI FUJIKIKAI Co., Ltd.
平均年齢 43歳2カ月(2015年8月現在)
平均勤続年数 17年1カ月(2015年8月現在)
品質・環境への取り組み ・ISO9001:2008取得(全社)
・ISO14001:2004取得(本社工場、八本松製作所、八本松製作所第2工場)
会社HP http://www.fujikikai.co.jp/
先輩社員からのメッセージ http://www.fujikikai.co.jp/recruit/message/
沿革
  • 1951年
    • 機械器具の設計製作を目的として広島市旭町に富士工業有限会社を設立
  • 1952年
    • 株式会社に改組 富士機械工業(株)となる
  • 1954年
    • 日本専売公社(現在のJT)より、たばこ製造プラントを受注
  • 1963年
    • 米国ブランズウィック社と提携し、ボウリング競技用オートマチックピンセッターの製造開始
  • 1969年
    • 大日本インキ化学工業(株)(現在のDIC(株))と提携し、DFP型ブリキ輪転印刷機の試作に成功
  • 1973年
    • 西独マイレンダー社からの技術導入により金属用オフセット印刷機の開発に着手
  • 1978年
    • グラビア印刷機1号機完成
  • 1981年
    • 独創的なカラーヘッド機構を装備した曲面印刷機1号機完成
  • 1985年
    • 新型金属印刷機(PRIMEXシリーズ)販売開始
  • 1987年
    • コンピュータ制御システムを導入したビジネスフォーム輪転印刷機1号機完成
  • 1997年
    • 通産省より新規産業創造技術開発費補助事業の採択を受け「水性塗工システム」の開発に着手
      押し出しラミネーターの商品化に成功
  • 2001年
    • 本社工場において、ISO9001:2000認証取得
      会社設立50周年
      新エネルギー産業技術開発機構(NEDO)より、開発補助金の交付決定を受け「無溶剤塗工システム」の開発に着手
  • 2002年
    • セクショナルドライブ方式のMD(マルチドライブ)型グラビア印刷機製造開始
      本社工場において、ISO14001:2004認証取得
  • 2006年
    • 八本松製作所第2工場を金属印刷機の専用工場として稼動を開始
  • 2007年
    • 「精密薄膜コーティングシステムの開発」NEDO開発助成事業に採択
      全社において、ISO9001:2000認証取得
  • 2008年
    • 八本松製作所、八本松第2工場において、ISO14001:2004認証取得
  • 2010年
    • タイへ「THAI FUJIKIKAI Co., Ltd.」を設立
      全社において、ISO9001:2008へ移行
  • 2011年
    • 会社設立60周年
  • 2015年
    • 経済産業省「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定
  • 2016年
    • MCD塗工装置が日本発明振興協会・日刊工業新聞社共催の 第41回発明大賞「考案功労賞」を受賞
月平均所定外労働時間(前年度実績) 23.5時間(2015年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.2日(2015年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒739-0146
広島県東広島市八本松飯田2丁目7番1号
TEL:082-428-2450
FAX:082-428-2456

富士機械工業(株)
八本松製作所
担当:社長室総務人事部 金澤(かなざわ)
URL http://www.fujikikai.co.jp/
E-mail saiyo@fujikikai.co.jp
交通機関 広島駅→(JR山陽本線30分)→八本松駅→芸陽バス(篠・シャープ方面行き10分)→「富士機械前」下車
八本松駅から、徒歩30分、タクシーの場合5分程度です
※場所が分からないときは、お気軽に担当者までご連絡ください
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp84848/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
富士機械工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ