最終更新日:2017/8/28

マイナビ2018

マイナビコード
85105
  • 正社員
  • 既卒可

上田石灰製造(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
岐阜県
資本金
1億円
売上高
61億4,300万円(2016年3月期実績)  
従業員
128名
募集人数
1〜5名

日本の国有資源である石灰を通じて環境づくりなど新たな価値を創造する技術集団

エントリー受付&個別会社説明会を随時開催しています。 (2017/08/28更新)

※平成30年3月卒の採用活動は終了しました。
採用に関するお問合せは下記までご連絡下さい。
上田石灰製造 総務部(担当左高または安田) 0584-71-1133

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
機械や設備が自動化しても、人間にしか管理はできません。一瞬の変化や異常に気付く事が求められます。(2014年入社 技術課 出荷管理係 野田幸嗣 )
PHOTO
石灰焼成炉などはメーカーに修繕してもらいますが、それ以外の機械の電気トラブルはほぼ全て私たちが対応しています。(2008年入社 プラント部プラント2課 稲熊拓也 )

石灰を通じて「小さくてもONLY ONEな環境ものづくり企業」を目指す。

PHOTO

環境保全やリサイクルなど奥の深いテーマを、トライアンドエラーで追求します。

製品の出荷管理を担当しています。入社して3年目を迎えますが基本的なことに取り組んでいます。具体的には、石灰を成分やサイズ等の規格ごとに振分けて貯蔵する様に指示をしています。貯蔵タンクは40くらいあるので、生産状況や出荷ペースによって、常に変化をしているので在庫管理を行っています。
生産ラインから貯蔵するまで自動ですが実際の現場を見て確認もしています。出荷指示書は手書きなので、間違った指示をしたら大変です。単に指示をしている訳ではなく、成分規格や用途など基本的な知識も必要なので覚えるのも一苦労ですね。今後は、主製品の生石灰・消石灰などの製造管理を経験したいですね。弊社の主力製品である製造プロセスに携わることはあこがれます。
これからの働き方としては、いかに効率よく業務に対応し柔軟な考え方をもって取組んでいくことを心がけていきます。様々な役割があり、役割ごとに業務内容が違うのでそういった姿勢は必要だと思います。
(2014年入社 技術課出荷管理係 野田 幸嗣 )


電気設備の保安業務を行っています。全ての機械は電気によって作動しています。それには修理・補修・改造・改修などあらゆる対応が迫られるのです。他社に先駆けて導入したドイツ製の石灰焼成炉などはメーカーが修繕しますが、それ以外の電気トラブルは私たちが対応しています。
約50年前の機械から最新のものまで、製造設備から電動工具に至るまで修理してしまいますね。基本的には、製造部門からの依頼指示が来て修繕に取り掛かりますが、設備の図面を見て理解し、故障原因を突き止めないといけないので技能は向上すると思います。なかには古い図面もあるので描き直しをしたりすることもあります。とにかく電気の知識が全て必要です。同時に知識だけではなく、設備の音・振動などの変化をいかに読み取っていくか「勘」が求められます。「勘」や「経験」をもとに予測や仮説を立てて、対処方法を考えています。
日々の業務は修繕や点検ばかりではなく、修繕報告書や記録作成でパソコンに入力作業をし、設備工事があれば現場で工具を持つなど様々な場面があります。
中でも一番大事なことは人材育成です。私自身も上司に育ててもらっているところもあるのですが、電気技術者の確保と更なるプロ集団を構築していく事が課題だと感じています。
(2008年入社 プラント部プラント2課 稲熊拓也 )

会社データ

プロフィール

大量生産・大量消費型の社会から、省エネ・リサイクル型へ変わろうとしている社会の中で、上田石灰はそのリーディング産業として太古からの資源の恩恵を活かし、127年に亘る技術をベースに製鉄・化学・土木・食品など、暮らしを支える産業に高品質な製品を提供し続けてきました。その一方で、大気汚染・水質汚染などの公害防止やフロンガスの分解等の環境事業にも取組んでいます。これからも新たな分野へ積極的にチャレンジします。

事業内容

PHOTO

フロンガス分解など自社プラントを活用し環境に貢献しています。

●生石灰・消石灰・軽焼ドロマイト・石灰石・ドロマイト・炭酸苦土石灰・
 アヅミン苦土石灰・炭酸カルシウムの製造販売
●フロンガスの分解
本社郵便番号 503-2213
本社所在地 岐阜県大垣市赤坂町3751番
本社電話番号 0584-71-1133
創業 1890年5月
会社設立 1948年5月
資本金 1億円
従業員 128名
売上高 61億4,300万円(2016年3月期実績)  
事業所 本 社(岐阜県大垣市)
商品開発センター(岐阜県大垣市)
昼飯工場(岐阜県大垣市)
市橋工場(岐阜県大垣市)
久瀬工場(岐阜県揖斐郡揖斐川町)
沿革
  • 1890年
    • 初代上田治一が旧本社所在地に赤坂工場を建設し、石灰の製造販売を開始
  • 1948年
    • 上田治一商店を上田石灰製造(株)に改組し、初代社長に3代目上田治一(現名誉会長)が就任
  • 1964年
    • 上田鉱業(株)を設立
  • 1967年
    • ベッケンバッハ炉1号を建設
  • 1969年
    • 丸上運輸(株)を設立
  • 1973年
    • 昼飯工場にベッケンバッハ炉5号を建設、合計4基体制
  • 1990年
    • 創業100年を迎える
  • 1992年
    • (株)グラニテックを設立
  • 1997年
    • 上石津工場を建設
  • 1998年
    • フロン破壊処理事業に着手
  • 1999年
    • 上石津工場でISO 14001 の認証登録
  • 2000年
    • 昼飯工場でISO 9002 の認証登録(現在ISO 9001)
  • 2001年
    • リサイクル推進功労者表彰(建設大臣表彰)
  • 2009年
    • 循環型社会形成推進表彰(環境大臣表彰)
  • 2010年
    • 創業120年を迎える
  • 2017年
    • 創業127年を迎える
平均勤続勤務年数 16年(2016年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 7.9時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.0日(2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 5%(20名中女性1名 2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 岐阜県大垣市赤坂町3751番地
総務部 左高・安田
TEL:0584-71-1133
URL http://www.uedalime.co.jp/
E-mail sataka@uedalime.co.jp
yasuda@uedalime.co.jp
交通機関 JR東海道本線「大垣駅」下車 → 
名阪近鉄バス「赤坂分署行き」に乗車 → 昼飯バス停下車(350円・約20分) →昼飯バス停から南へ徒歩3分

JR東海道本線「大垣駅」下車 → 
名阪近鉄バス「荒尾行き」に乗車 → 荒尾五丁目バス停下車(330円・約20分) →荒尾五丁目バス停から北へ徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp85105/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
上田石灰製造(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ