最終更新日:2017/11/6

マイナビ2018

マイナビコード
85790
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

大分交通(株)

本社
大分県
資本金
4億2,750万円
売上高
54億円(2016年3月期)
従業員
380名
募集人数
若干名

公共交通事業を核に地域に根ざした事業を展開!様々な分野で大分を支えています!

大分交通からのお知らせ (2017/06/02更新)

こんにちは。大分交通採用担当です。
当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。

『総合職』の募集は、平成29年5月15日を以て締め切りました。
ご応募並びにエントリーして頂き、誠にありがとうございました。

尚、『通信事業専門職』は現在も応募受付中です。

皆様のご応募お待ちしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
地域の方々の足を支える路線バスから、快適な旅をサポートする貸切バスまであらゆるニーズに対応しています。
PHOTO
バス事業以外にも、通信事業、広告、不動産など多彩な事業・職種があるのも当社の魅力。朝見 樹/別府営業所営業課(2015年入社)

バス事業を根幹に、地元で活躍できるフィールドがある。

PHOTO

「入社して丸2年。やっと仕事に慣れて来たところです。気を引き締めてさらに成長していきたいですね」と同期の松浦さん、丸山さん。

 学生時代から不動産関係に従事したいと思っていました。内定をいただいた企業もあったのですが、雰囲気が良くて働きやすそうだったことから弊社に決めました。新人研修では、APUで学生向けの定期券を販売したり、空港バスのキャリーバッグの積み降ろしをしたりと、公共交通としての役割を知る良い経験になりました。仕事は、弊社が所有するマンションやビルの家賃管理や修繕の手配などです。働きながら不動産について理解できるようになったのが嬉しいですね。2年目に入った頃からようやく仕事に慣れてきました。毎月同じことを繰り返す仕事で油断しがちですが、数字を扱うのでミスをしないよう心掛けています。弊社には鉄道会社時代の遊休地が県内各地にあり、再開発が課題です。町が活性化し、変わって行く姿を見るのは面白いので、いずれは遊休地の開発に携わってみたいですね。学生時代からの夢だった「宅建取得」を目指して、仕事に励む毎日です。

管理部 不動産事業課 丸山 実華 
山口大学 経済学部 経済法学科 卒業
2015年入社


 弊社との出会いは福岡での会社説明会です。大分県内に就職を希望していて、祖父がバス会社に勤めていたこともあり、公共交通に親しみを感じていたことが入社のきっかけになりました。仕事は貸切バスの受注で、市内の旅行代理店を担当しています。弊社にはバスガイドがおり、観光や修学旅行が人気です。ただシーズンには受注が重なり、バスの手配ができるかどうかが勝負です。バスの運行管理を担当する社内の先輩との関係づくりが重要で、旅行社からお話を頂いた時に厳しくてもお断りせず、必ずバスを出すことで信頼を築いています。無理をしても依頼を受けておくと、オフシーズンにプラスαの結果となって戻ってくることもあるからです。学生時代の部活で、OB会を通して年代の違う方たちとの付き合いで人間関係を学んだことが仕事に生きていると感じます。将来、チャンスがあれば、東京案内所の所長として新規開拓に挑戦したいですね。その思いを胸に頑張って結果を残し、社外からも社内からも選ばれる人間になりたいと思います。

貸切営業部 貸切課 松浦 大輔
西南学院大学 法学部 法律学科 卒業
2015年入社

会社データ

プロフィール

大分交通は、2016年8月に創業120年を迎えました。

創業当時は別府〜大分間に、九州で初めて路面電車を走らせた当社。時代の変遷により、電車からバスへと主幹事業は変わっていったものの、大分県の公共交通を長い間支えてきました。

また、歴史と伝統に培われた「社会的信用」を基に、通信事業や広告事業、情報システム事業といったバス以外の事業も積極的に展開し、大分の産業・文化をバックアップしています。

事業内容

PHOTO

大分交通本社(大分市新川)

■乗合バス事業
大分市から別府・国東半島までを運行エリアとする地域密着型の路線バスに加え、大分空港と大分県各地を結ぶ特急バス「エアライナー」、大分と各都市をつなぐ高速バスなど、お客様の様々なニーズにお応えしています。

■貸切バス事業
優秀なバスガイドと快適な車両でおもてなしする「貸切バス」はもちろんのこと、バスツアーを中心とした様々な旅行プランなど、お客様に満足していただけるサービスを提供しています。

■通信事業
NTTドコモ代理店として、ドコモショップを県下5店舗展開し、大分のモバイルコミュニケーションをリードしてきました。
お客様のライフスタイルに合わせた、暮らしをより豊かにする提案をします。

■情報システム事業
社内システムから官公庁や地場企業まで、大分の情報システム開発を手がけています。
また、地域医療分野や福祉分野、更には小中学校教育課程のコンピュータ教育の導入支援を行っており、地域社会の高度情報化の一翼を担っています。

■不動産事業
当社所有地の管理や再開発を担当しています。
商業施設「D・plaza」(大分市新川)の企画・開発・運営なども手がけ、地域の活性化に寄与しています。

■広告事業
総合広告代理店として、テレビ・ラジオCMからバス会社としての特徴を活かしたバス広告(ラッピングバス)まで、幅広いメディアを扱っています。

■保険代理店業
生命保険(アフラック)及び損害保険の代理店として、あらゆる側面からお客様の生活をサポートしています。
本社郵便番号 870-8691
本社所在地 大分市新川西8組の3
本社電話番号 097-532-5152
創業 1896年
資本金 4億2,750万円
従業員 380名
売上高 54億円(2016年3月期)
事業所 本 社:大分市
営業所:大分市、別府市、国東市
案内所:東京
ドコモショップ:大分県内5店舗(金池、高城、別府流川、杵築、竹田)
関連会社 大交北部バス(株)、国東観光バス(株)、玖珠観光バス(株)、別府大分合同タクシー(株)、杵築国東合同タクシー(株)、大交車輌整備(株)、大交メンテナンス(株)、大分小松フォークリフト(株)、(株)宇佐八幡駐車場、大交ソリューションズ(株)、大分ICカード開発(株)
平均年齢 42.0歳
代表者 代表取締役会長 幸重 綱二
代表取締役社長 杉原 正晴
沿革
  • 1896年
    • 豊州電気鉄道(株)として創業
  • 1900年
    • 別府〜大分間に日本で5番目の電車が開通
  • 1945年
    • 鉄道会社、自動車会社計6社が合併し、称号を大分交通(株)に改めて発足
      バス事業のめざましい躍進と近代化が進む
  • 1971年
    • 大分空港特急バス「エアライナー」運行開始
  • 1989年
    • 福岡線高速バス「とよのくに」運行開始
  • 1994年
    • 大分県下初のドコモショップをオープン
  • 2000年
    • 立命館アジア太平洋大学線(APU線)運行開始
      ホームページ上での時刻表(路線バス・高速バス)提供開始
  • 2004年
    • 複合商業施設「D・plaza」オープン
  • 2010年
    • バスICカード「めじろんnimoca」サービス開始
  • 2016年
    • 創業120周年
前年度の育児休業取得対象者数 4名(うち女性2名、男性2名)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名、男性0名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒870-8691
大分市新川西8-3
TEL:097-532-5152
管理部人事課 採用担当
URL http://www.oitakotsu.co.jp/
E-mail recruit@oitakotsu.co.jp
交通機関 大分駅方面から
・大分交通バス「新川経由5号地行き」一本松バス停 下車徒歩2分
・大分交通バス「新川経由」又は「別府方面行き」新川バス停 下車徒歩3分
別府市方面から
・大分交通バス「大分駅行き」新川バス停 下車徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp85790/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
大分交通(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ