最終更新日:2017/9/28

マイナビ2018

マイナビコード
86542
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー
  • 上場企業

天馬(株)【東証一部上場】

本社
東京都
資本金
192億2,535万円
売上高
連結/757億9,307万円(2017年3月期)
従業員
連結/6,730名(2017年3月末時点)
募集人数
16〜20名

押入れ収納といえば、「Fits」ケース…「Fits」以外にも、OA機器・車両部品など、あらゆる分野で技術力を発揮するプラスチック総合成形メーカーの天馬です!

会社説明会&選考会について (2017/09/28更新)

<次回会社説明会&選考会情報>

9月分の会社説明会&選考会は全日程終了しました。
沢山のご参加ありがとうございました。

次回の開催は未定です。
実施する場合はマイナビよりご案内いたします。



<当社のご紹介>

プラスチック総合メーカーの天馬です!
「Fits」ブランドの収納ケースのほか、自動車や事務機器の部品、CDケースやビールピッチャーなどの多様な製品の供給を通して広く社会に役立っています。
生産拠点は国内6カ所、中国・東南アジア地域に12カ所と、日本国内だけではなく、海外においても活躍できる場が豊富にあります。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
収納の定番商品として長く親しまれているフィッツケース。同社のハウスウエアの代表的製品で中国をはじめ海外にも販売。これまで累計1億ケースを出荷している。
PHOTO
2015年発売のヒット商品「カバコ」は蓋が上部にスライドしてケースを固定した状態で中身を取り出せる優れモノ。他社には真似できない多数の特許技術の製品も同社の強みだ。

家庭用・工業用とも高品質な製品を追求する、国内屈指のプラスチック総合メーカー

PHOTO

東京都北区にある天馬本社。印象的な社名は古代中国で皇帝に愛された名馬の名前から採った。天下無双と称えられた「天馬」のイメージに社業発展のロマンを託している。

私たち天馬は、創業70年近くの歴史を持つプラスチック総合メーカーです。長年にわたって磨き上げたプラスチックの加工・成形技術を核に、家庭用から工業用まで、幅広い領域において顧客のニーズに応える製品を一貫生産してきました。
家庭用品で代表的なのは収納ケースのフィッツシリーズ。恐らく皆さんのお宅の押し入れやリビングにも1つはあるのではないでしょうか。1986年に発売されたこの製品は、これまで全世界でシリーズ累計1億ケースを出荷したロングセラーです。
一方、工業用では自動車から家電、OA機器などの大手メーカーからプラスチック部品を受託するほか、プラスチック製型枠や物流資材といった産業資材でも高い評価を得ています。工業部品は圧倒的に海外の需要が高く、海外工場も東南アジアに12拠点を展開するなど、海外勤務のチャンスも広がっています。

飽くなき技術革新に取り組み、常に先端の技術と最新のアイデアをめざし続けてきた当社で、入社する皆さんにぜひ存分に成長してほしいと思います。
具体的な入社後の研修制度としては、まず本社での集合研修を経て、3週間程度の工場実習を行い、ものづくりの現場への理解を深められる体制を整えています。その後、各部署に配属となった先でも、階層別研修や会社が費用を全額負担する外部セミナーの受講制度、自己啓発のための通信教育を用意しており、取り組み次第でどんどん成長できる環境となっています。国家資格をはじめとする資格取得も支援しています。
また、当社では入社後、英語または中国語の語学研修を必修としており、グローバルな人材育成にも力を入れています。

また、その年に消化できなかった有給休暇を無期限に保存できる制度や、短時間勤務、朝型勤務制の導入など、ワークライフバランスを考慮した働きやすさの向上にも注力しており、常に振り返りと改革を行っています。
そして何より、失敗を恐れずチャレンジする人を評価する企業風土が特色。あとは皆さんの意欲次第です。行動力と斬新な発想を兼ね備えた、当社の将来を担う人材に成長してほしいと期待しています。

プラスチックは再生可能ゆえに環境に優しく、この事業はあらゆる分野の製品づくり・販売を通して環境と人々の豊かな暮らしに貢献するもの。「東アジアNo.1」をめざす当社で、誇りと使命感を持って国内外で思いきり活躍して下さい。

会社データ

プロフィール

ハウスウエア(家庭用品)、工業部品および産業資材の領域で多彩な製品を提供する当社は、多種多様な販売チャンネルを通じて、市場のニーズをタイムリーに把握しています。
こうして捉えたユーザーの声を基に、プラスチックならではの優れた加工性と、長きにわたって蓄積した独自のノウハウを駆使し、独創的な製品を開発。ライフスタイルの多様化や高齢化社会の進展、環境保全意識の高まりなど、時代の流れに伴う市場ニーズの変化に的確にお応えしています。

事業内容

PHOTO

プラスチック製品だけではなく、異素材のハウスウエア(家庭用品)の販売も開始しました。写真は金属製の室内物干しです。

<ハウスウエア(家庭用品)>
プラスチックは軽くて清潔、加工しやすいなど、多くの利点から、さまざまな日用品の素材として人々の生活に欠かせない存在となっています。
当社はインテリアやキッチン、サニタリーなど、多様なライフシーンを彩るハウスウエア(家庭日用品)を提供しています。
自由な発想と、人にやさしいデザイン、確かな品質で、豊かな空間創りをご提案します。

<工業部品(OA機器・自動車部品など)>
プラスチック射出成形技術をベースに、金型の設計・製作から成形、二次加工までの一貫した生産体制により、国内外でエレクトロニクス業界や自動車業界をはじめ、幅広いモノづくりを支える工業部品を提供しています。

<産業資材>
プラスチックの素材特性を最大限に活かして、さまざまな産業分野のニーズに応えるプラスチック資材を開発しています。
とりわけ、建築現場のコンクリート打設に用いられるプラスチック製型枠『カタパネル』は、従来の木製型枠の代替品として開発したもので、環境保護に配慮した製品として高い評価をいただいています。

<新規分野>
他社との協業を図りながら、新規分野の開拓にも力を入れています。
・海外調達品分野
プラスチックだけではなくステンレスや布など様々な素材のハウスウエア商品を企画し海外メーカーから調達・販売しています。
本社郵便番号 115-0045
本社所在地 東京都北区赤羽1-63-6
本社電話番号 03-3598-5511
設立 1949年8月26日
資本金 192億2,535万円
従業員 連結/6,730名(2017年3月末時点)
売上高 連結/757億9,307万円(2017年3月期)
事業所 <本社>
東京(赤羽)
<国内生産拠点>
弘前、八戸、新白河、野田、滋賀、山口
<国内営業拠点>
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
売上高推移(連結) 757億9,307万円(2017年3月期)
812億6,726万円(2016年3月期)
751億2,494万円(2015年3月期)
関連会社 中国(4カ所)、ベトナム(3カ所)、インドネシア(3カ所)、タイ(2カ所)
沿革
  • 1949年
    • 太洋商事株式会社として創業。
  • 1954年
    • 欧米で急速に発展したプラスチック産業への特化を図り、天馬合成樹脂株式会社に社名を変更。
  • 1961年
    • わが国のプラスチック産業の飛躍的な発展による業容拡大にともない、埼玉県川口市に最新鋭工場を建設。
  • 1964年
    • プラスチック製ゴミ箱「ポリトラッシュ」販売、東京五輪を機に全国に普及。
  • 1967年
    • カラーテレビ、自動車部品、ビールコンテナーなど大型産業資材の需要増に対応し、野田工場を建設。
  • 1973年
    • 関西圏への販路拡大にともない、滋賀工場を建設。
  • 1981年
    • 中・四国、九州地区の生産物流拠点として山口工場を建設。
  • 1985年
    • 東北地区の生産物流拠点として新白河工場を建設。
  • 1986年
    • 家庭用プラスチック収納ケースのロングセラー「Fits」発売。
  • 1987年
    • 事業の多角化を目指して、天馬株式会社に社名を変更。
  • 1988年
    • 東京証券取引所第二部に上場。
  • 1991年
    • 東京証券取引所第一部に上場。
      八戸工場を建設、全国への出荷体制が整う。
  • 1992年
    • 中国、広東省中山市に天馬精塑(中山)有限公司を設立。
  • 1995年
    • 中国、上海市に上海天馬精塑有限公司を設立。
  • 2000年
    • コンクリート打設用のプラスチック製型枠「カタパネル」の販売を開始。
  • 2002年
    • 簡易取り出し機構を有するDVDディスクケース「ポップマンボウ」の生産を開始。
  • 2004年
    • 中国第3の製造拠点として、深セン市の深セン美陽注塑有限公司を買収。
  • 2005年
    • 中国、広東省中山市に天馬精密工業(中山)有限公司を設立。
      中国、広東省深セン市に天馬精密注塑(深セン)有限公司を設立。
  • 2006年
    • 上海天馬精塑有限公司第二工場稼動。
  • 2007年
    • ベトナム、ハノイ郊外クエボにTENMA VIETNAM CO.,LTD.を設立。
  • 2009年
    • 物流の効率化を目的に弘前工場を建設。
      「株式会社タクミック・エスピー(現 天馬アセアンホールディングス株式会社)」を買収し、タイ、インドネシアに製造拠点を確保するとともに、ベトナム拠点を増強、国内試作品製作会社もグループ化。
  • 2010年
    • PT.SUMMITPLAST(インドネシア、現 PT,TENMA CIKARANG INDONESIA)を買収。
      中国、江蘇省蘇州市に天馬皇冠精密工業(蘇州)有限公司を設立。
  • 2013年
    • ダイキョーニシカワ(株)とインドネシアに合弁会社を設立。
  • 2014年
    • TENMA(THAILAND)CO.,LTD.の第二工場となるプラチンブリ工場稼働。
平均勤続勤務年数 16.2年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.8時間(2015年度)

採用データ

取材情報

独自の技術をコアにして東アジアナンバーワンのプラスチック成形メーカーをめざす
高品質のものづくりを通して「感動と喜び」を分かち合う
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒115-0045
東京都北区赤羽1-63-6
総務部人事課 中村
TEL:03-3598-5511
URL http://www.tenmacorp.co.jp/
E-mail jinji-recruit@tenmacorp.co.jp
交通機関 JR各線「赤羽駅」東口より徒歩5分
東京メトロ南北線、埼玉高速鉄道「赤羽岩淵駅」2番出口より徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp86542/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
天馬(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ