最終更新日:2017/9/4

マイナビ2018

マイナビコード
91753
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

サンキ・ウエルビィ(株)

本社
広島県
資本金
5,000万円
売上高
57億5,400万円(2015年3月)
従業員
全従業員数:1950名 うち正社員:626名(2016年4月現在)
募集人数
若干名

特集記事

女子学生ナビ

毎日が楽しくて充実!サンキ・ウエルビィ女子が語る介護のシゴト

充実のシゴトスタイル

PHOTO

仕事の魅力も将来のキャリアも。最高の仲間と共に成長できます。

人と接することが好き、高齢者の方と話すことが大好きという山角さん。利用者さまからの「ありがとう」の言葉が日々の仕事の原動力と話す入社3年目の先輩に、仕事のやりがいや喜び、職場の雰囲気などを伺いました!

デイサービスセンター防府
生活相談員
山角 優
2014年入社/山口県立大学社会福祉学部卒
小学生の頃から福祉業界に興味を持ち、社会福祉学部へ進学。就職活動では、会社説明会がきっかけで第一志望となった当社へ。現在は、デイサービスセンター防府「昭和レトロ」で、介護スタッフ兼生活相談員として活躍している。

一日があっという間に過ぎるほど、毎日が充実しています!

生活相談員として、利用者さん一人ひとりと真摯に向き合う山角さんに心を開く人も多くいます。利用者さんから「あなたが大好きよ」なんて嬉しい言葉を掛けられることも!

私はデイサービスセンター防府で、介護スタッフと生活相談員を兼務しています。介護スタッフの仕事は、利用者さまの送迎や入浴介助、トイレ介助、食事介助、ゲームなどのレクリエーションを行うこと。生活相談員の仕事は、利用者さま一人ひとりにより良い支援を提供するために、身体機能の回復につながるデイサービスでの活動計画やリハビリ計画を組み立てることです。利用者さまのご家族を交えて話し合う担当者会議にも参加。関連事業所のスタッフやケアマネジャー、看護師などの他職種と連携しながら利用者さまを支えています。嬉しいのは、「いつもありがとう」「あなたがいてくれるから通っているのよ」と声を掛けていただけること。利用者さまやご家族からの温かい声掛けが、日々の原動力につながっています。

生活相談員になってからは、利用者さまの自宅に伺い、生活状況を確認する機会も増えました。お部屋の環境や日常生活のどんなシーンで困られているか等を考えて支援計画を考える必要があるので、デイサービスの施設の中だけでなく自宅での様子を見ることで、生活の全体まで見渡せるようになれたと思います。利用者さまの中には、認知症の症状があり、直前の記憶がない方もいらっしゃいます。それでも、いつも顔を合わせている私が髪を切った時には「感じが変わったね!」と話し掛けていただいたこともありました。私の顔を覚えてくれているのだなと、凄く嬉しい気持ちになりましたね。伝えたいことが上手く伝えられず、苦労することもありますが、基本的には嬉しいことの方が多い仕事です。ですから、介護の仕事は大変――なんて思ったことがありません!一日があっという間に過ぎてしまうほど充実しています。

社員全員がいつまでも安心して働ける職場。オフもしっかり楽しめています。

昨年は、職場のセンター長や後輩とともに、「ザ・コーポレートゲームズ リレーマラソン@東京夢の島競技会場」に参加。「凄く楽しい2日間を過ごせました!」と山角さん。

デイサービスセンター防府には、看護師や事務を含め、デイサービスのスタッフが9名。ケアマネジャー2名を含めると、11名が一緒に働いています。忘年会や歓送迎会など、みんなで食事会を楽しむ機会も多く、個人的に誘い合って食事に出かけることもあります。普段からコミュニケーションが取れているため、いつも冗談を言いながら笑い合っている感じがありますね。入社前は、女性が多い職場に不安を感じていましたが、実際は、気にすることなんてありませんでした。むしろ、自分自身の悩みを共有できるなど、優しいまわりのみなさんに支えられています。昨年は、東京で開催された「コーポレートゲームズ」に参加。デイサービスセンター防府からは、当時のセンター長と私と後輩の3人が参加。本社からは、社長も一緒に参加して走りました。結果は30チーム中30位と残念な結果でしたが、みんなと一緒に参加できたことが凄く楽しかったですね。日頃は会えない人たちと親睦会を楽しんだり、社長達と一緒にスカイツリーを訪ねたり。会社の社長といえば、遠い存在だと思っていましたが、当社の代表はとても話しやすい優しい方。人間関係に恵まれている会社だと感じています。

介護の仕事は、連休が取れないイメージを持つ人も少なくないと思います。当社なら、有給を利用しながら連休を交代で取りやすく、私も好きなアーティストのコンサートに行くため、4日間の連休をいただいて宮城県まで行ったことがありました。旅行も好きなので、年に数回は連休を取り、いろいろな場所を訪ねてリフレッシュしています。プライベートもしっかり楽しめるから仕事もしっかり頑張れていると思います。産休育休の取得率100%という会社なので、長く続けられる安心感があります。

資格取得やスキルアップしながら、周囲から頼られる存在になりたいです。

いつもニコニコ笑顔の山角さんは、デイサービスセンター防府のムードメーカー。仕事とプライベートを欲張りに楽しみながら、さらなるレベルアップをめざして邁進している。

入社していちばんに感じたのは、報連相の大切さです。その大切さに気づいたのは、一つの失敗がきっかけでした。ある利用者さまから「この日もデイサービスに行きたい」とサービスの追加を受け、何も考えずに快諾してしまいました。でも、その日は訪問介護のサービスを利用する予定だったそうで…。結果的に、まわりの皆さんに迷惑を掛けてしまう事態となりました。私たちの仕事は、一人だけではできない仕事です。介護スタッフ、看護師、ケアマネジャーなどが連携しながら、チームみんなで一人ひとりの利用者さまを支援していくため、報連相が大切だとあらためて理解できました。振り返ると、学生時代の私は受け身なところが多く、何でも先生の指示に従うタイプでした。当社に入社してからは、まわりを見渡しながら自分から動けるようになれたと思います。入社3年目になると、自分自身で決断することも増え、自分なりの成長を感じています。

私の目標は、社長になること――というのは冗談ですが、社内で将来の目標を発表した際、張り切って「社長になります!」と宣言してしまった私。いつの間にか本社の人にも知れ渡り、いろいろな方から「次期社長だね」なんてからかわれています(笑)。でもやっぱり、将来はキャリアを高めたいという思いがあります。そして、まわりの皆さんに、「この人なら任せられる」と頼りにされる人になりたいと思っています。そのためにも、資格取得からめざしたいですね。介護業界で3年働くと介護福祉士の受験資格ができるので、そこからチャレンジします。また、認知症介護実践者研修にも参加して、専門的な知識を学びたいと思っています。今後も、どんどん資格を取得しながら、現場に活かしていきたいです。

1年後輩の岡さんから山角さんへ「いつでも私を頼ってください!」

山角さんは私の一つ上の先輩。チューター制度の指導役としていろいろなことを教えてくれました。技術的なことだけでなく社会人としての基礎もしっかり指導していただいて、悩みもその都度聞いてくれて…凄く密な一年間を過ごせたと思います。右も左もわからない頃から教えてもらった山角さんは、今でもいちばん頼りになる存在で、何でも話せる良き相談相手ですね。

チューター制度では、入社3カ月、半年、1年の節目に、山角さんと管理者と私の三者面談をしていただきながら、進捗状況を確認していました。嬉しかったのは、半年目の面談で、山角さんから「信頼できるスタッフ」と言ってもらえたこと。この職場でやってきて良かったと、自分の居場所を強く感じることができました。私と考え方や性格が似ていると感じる山角さんですが、私には真似できないところがあります。それは、利用者さん一人ひとりに対して、とても深く関わっていること。常にもう一歩深く関わろうという姿勢を尊敬しています。

昨年からは、生活相談員になり、業務量が増えていると思います。何でもこなしてしまう山角さんですが、無理はしないで欲しいですね。教わる立場ですが、できる限りサポートできるように私も頑張るので、いつでも頼ってください!

PHOTO

ページTOPへ