最終更新日:2017/10/3

マイナビ2018

マイナビコード
91800
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

神奈川中央交通グループ [グループ募集]

本社
東京都 、 神奈川県
資本金
31億6,000万円
売上高
1,115億4,300万円(グループ連結・2016年3月決算)
従業員
7,804名(グループ連結・2016年3月現在)
募集人数
若干名
PHOTO

神奈川中央交通:地域の皆様の生活に寄り添う仕事です

木村 弘明
2009年
29歳
玉川大学
農学部生物資源学科
運輸計画部運転課
運行ダイヤ作成

現在の仕事内容

現在は、運輸計画部運転課で、横浜エリアから藤沢エリアにかけてのバスの運行ダイヤの編成に携わっています。
基本的には自分の机か、ダイヤを専門に作成するシステムで仕事をすることが多いです。
地域のお客様の状況の変化に対応するために、営業所と連携を取り合いながら、営業所の意見や、利用状況・遅延状況などの情報収集をしたり、また、実際にバスに乗って、バス利用者の乗車バス停及び降車バス停、乗車目的等を把握する調査を行い、その得られたデータをもとに、編成を行ったりもしています。お客様の動向や人口の変化、道路状況や電車の時刻の変更など、様々なことにアンテナを張り、お客様により利用して頂きやすいダイヤを作成するよう、心がけています。


仕事のやりがい

ダイヤ改正を行うと、お客様の利用の変化というのが数字でよくわかるので、その利用が増えた時はすごくやりがいを感じます。また、現場からも利用が増えてよかったという声を耳にすることがあり、自分の仕事が地域の交通インフラを支えていることを実感することができます。今後もお客様に利用していただきやすいダイヤ作りをしなくては、と更に気が引き締まる思いです。


神奈川中央交通で働く魅力

私自身、子供のころから神奈中バスを利用して生活してきましたので、私にとってバスは通勤や通学の足として欠かすことのできない存在です。自分達がやっている仕事が、地域に住む方々の生活の一部を支えることにつながり、地域に貢献していけることが一番の魅力だと思います。
また、当社は国内最大規模のバス会社で、バス業界のリーディングカンパニーとしても知られてます。新しいサービスや事業を切り拓いていくことのできる基盤があり、またそのための情報も集まってきやすいため、スケールメリットを感じながら仕事をすることができるのも大きな魅力だと思います。


今後の目標

私はお客様からのご意見・ご要望をダイヤに反映させることを日々考えながら仕事をしていますが、バスにはどうしても「遅れる」ということが発生します。でも、それを「仕方がない」とは思わず、「地域に住む人々の生活に寄り添ったダイヤ」を作り、お客様に満足していただくことが目標です。
また、お客様には安全・安心なバスの運行を提供していくことが大事だと考えています。当社は2021年に創立100周年を迎えますが、今後も地域の皆様に信頼され選ばれる会社であるために、安全を強化する施策を考えてみたいと思っています。今日も当たり前のように神奈中バスが走っている。その光景を未来にもつなげていくのが私の目標でもあります。


学生へのメッセージ

私が当社に入社して感じたことは、楽な仕事はないということです。それだけ若いうちから責任ある仕事を任せてもらえる会社です。やりがいは責任と苦労なくして感じられるものでは決してありません。特に現場は最前線で地域の交通インフラを支えているため、雪の日や大雨の日などはバスの運行管理にも苦労することが多いです。しかしバスを頼りにしている方々がいる限り、私達はバスの運行を止めることはできません。インフラとは、「当たり前」を維持していく仕事です。地域の交通インフラを支える仕事に興味がある方、様々な仕事を経験しながら自己成長をしていきたい方、是非、みなさんの力を神奈中で発揮してください。私達と一緒に頑張りましょう!


ページTOPへ