最終更新日:2018/2/22

マイナビ2018

マイナビコード
92465
  • 正社員
  • 既卒可

エフビー介護サービス(株)

本社
長野県
資本金
1,000万円
売上高
52億円(2017年3月実績)
従業員
900名
募集人数
26〜30名

特集記事

女子学生ナビ

介護現場で日々奮闘する先輩にインタビュー

充実のシゴトスタイル

PHOTO

人が相手の仕事だからこそ、働く喜びも大きい

入社6年目にして、現場の第一線で活躍する岡村さん。ほんわかとした優しい雰囲気を漂わせながらも、仕事に向き合う姿勢は真剣そのもの。語られるエピソードの中に、岡村さんならではのこだわりが垣間見えた。

介護福祉士 岡村沙紀
2011年入社
介護付き有料老人ホーム「ケアライフ古里」に配属

「人の役に立ちたい」という思いで、介護の道へ。

「今日は寒いね」「眠いですか?」何気ない言葉も、話し方によって印象はまったく違う。スキンシップをしながら、優しくゆっくりと話すことを心掛けている。

介護の仕事を志すきっかけとなったのは、高校時代のボランティアでした。夏休みの間、ある介護施設でお手伝いをさせていただくことで、「将来は人の役に立つ仕事がしたい」という気持ちが芽生えました。今まで漠然と抱いていた思いが具体的なイメージになって、どんどん興味が湧いた瞬間でもあります。そして「自分が進むべき道はこれだ」と、思うようになったのです。

入社後は、介護福祉士として介護付き有料老人ホームへ配属に。私は、18名の方々が入居されている2階フロアを担当しています。食事や入浴、排せつといった身の回りのお世話については、「できないことをお手伝いする」というのが基本。1日2回行うレクリエーションなども、重要な仕事です。担当させていただいている18名の方々は、好きなこと、嫌いなことがそれぞれ異なります。当たり前のことですが、それを理解するには時間を要し、日々の仕事の中でたくさん声を掛けて、お話を伺うことが、なによりも大切だと感じています。

出勤したら、全員の方にあいさつをするのが私の日課。何気ない会話の中から入居者様のちょっとした変化を感じ取れることもありますし、お互いの心の距離も近くなります。また入居者様の訴えを決して無視しないということも、こだわりのひとつです。「寒い」「トイレに行きたい」といった一人ひとりの訴えに、できる限り丁寧に耳を傾けようと心掛けています。

入居者様のうれしそうな笑顔が、がんばるパワーをくれる。

スタッフが24時間交代で働く介護の現場。行き届いたサービスのためには、スタッフ間の情報共有は欠かせない。一人ひとりの体調など、その日の様子を細かく記録していく。

学生時代の実習や、入社間もない頃は、とにかく緊張の連続でした。当初の私は、入居者様と型どおりの会話しかできず、歯がゆい思いをしたということを今でも覚えています。今では少しずつ仕事に慣れ、入居者様とも打ち解けてお話することができ、さらに毎日のびのびと働かせていただいています。

最近、とても話好きな方が入居されたのですが、慣れない環境に戸惑っている様子を見かけたことがありました。できるだけ早く馴染んでほしいという思いから、私から積極的に声をかけるように心掛けました。すると、「こうしてあなたと話していると楽しくって、孫と一緒にいるみたい。うれしいわ」と言って、曇りがちだった表情から一転して、にっこりと満面な笑顔に。「私が話し相手になることで、こんなにも喜んでもらえるなんて!」と、この仕事に手応えを感じたと同時に、これからもたくさんの入居者様の笑顔が見たいと改めて思った出来事でした。

介護の仕事は、人が相手。スタッフも入居者様もすべて人間ですから、いつも同じ心の持ちようであるはずもなく、それだけに机上だけでは解決できない難しい側面のある仕事です。「今日はうれしそうだな」「なんとなく元気がないな」など、そんな入居者様の微妙な心の変化をいち早く察知し、それに寄り添ったきめ細かな対応をしていきたいと思っています。

人の温もりを感じられるのが、この仕事の一番の魅力。

若手からベテランまで、幅広い年齢層のスタッフが、息の合った連携で日々の業務にあたる。スタッフ同士の打ち合わせも、和気あいあいとした雰囲気。

介護の仕事は、よく業務が大変だといわれます。 たしかに楽な仕事とはいえませんが、苦労を補って余りある喜びがあると感じています。私にとっては、入居者様との関わり合いの中でみられる笑顔と「ありがとう」の一言が、なによりもうれしいことです。ご年配の方は、私とは比べものにならないくらい人生経験も知識も豊富。最近では、料理上手な方に郷土料理のレシピを伝授いただくなど、入居者様から学ばせていただくことも本当に多いんですよ。それに加えて、一緒に外食や買い物に出掛けたり、花や自然を楽しんだりと、毎日の生活に密着した関係を築いていけることに、大きなやりがいを感じています。人が相手の介護の仕事は、決してマニュアル通りにはいきません。自分で感じて、考えて、工夫して、行動にうつすことが、この仕事の醍醐味ではないでしょうか。

今の目標は、介護のノウハウに限らず、幅広い知識を身につけること。介護保険制度やケアプラン、薬や病気などについて、時間を見つけて少しずつ勉強しています。入居者様に役立つ情報を収集したり、疑問に思われることに対してすぐに答えることで、より入居者様に喜んでいただける介護に繋がると信じています。将来は、知識や経験が豊富なだけでなく、入居者様に信頼していただける懐の深さと温かさを持った介護福祉士になれたらいいなと思っています。

制度やサポートについて

説明会では「専門の勉強をしていないとだめですか?」という質問も多くありますが、人と積極的に関わっていくことが好きで、「大事な人に何かしてあげられることはないか?」という気持ちを持っていれば何も心配することはありません。
当社では、一人ひとりの新人に合わせた指導計画に基づくOJT研修を取り入れています。基礎から教える環境が整っていますから、学部や学科は問いません。1年目の新入職員には「チューター制度」を取り入れておりますので年の近い先輩が、半年間マンツーマンで面倒を見ます。仕事の指導・教育はもちろんですが、職場での不安や悩みがあれば気軽に相談できますので、安心して下さい。
2〜3年目は、介護福祉士の資格取得のため実務者研修を月1回のペースで受講して頂きます。実技研修もあれば講義形式の研修もあり、充実したプログラムを用意しておりますので、まずは3年かけて基礎を学び介護福祉士の資格取得やスキルアップをめざし、自分にできることを積極的に増やしていける方を歓迎します。
ご利用者様や周囲のスタッフとしっかり向き合い、相手を理解しながら自らの意志を伝えられる人が活躍できる環境で、将来のリーダーとしてエフビー介護サービスを牽引し「地域No.1」にチャレンジしてください。

PHOTO
月1回チューターの先輩と面談を設けており1ヶ月の振返りや次回の目標設定を行ないます。また、チューターの先輩は定期的にミーティングを開き、課題解決に取り組みます。

ページTOPへ