最終更新日:2018/1/22

マイナビ2018

マイナビコード
95798
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

(株)ZEAL.G・P

本社
東京都
資本金
1億270万円
売上高
65億円(2016年3月実績)
従業員
320名
募集人数
26〜30名

特集記事

仕事・働き方を知る特集 「挑戦する仕事」

営業力は人間力! 自分次第で若手でも大活躍できる仕事です。

ビジネス

PHOTO

3年目社員が語る、ZEALで働くやりがいとは?

米川竜司さん
2014年入社。法学部法律学科出身。関東支店査定員。

幼少期から野球ひと筋に励み、大学野球部の監督を通じて同社を知る。入社後は社内にて電話対応による営業を経験後、客先に出向く現在の外回り営業へ。そのデビュー後、わずか1年足らずで全社2位の成績を達成。その秘訣はどこにあるのか? 入社後のキャリアステップや同社営業職のやりがいについて、大いに語っていただいた。

落ち込む日もあった1年目、「ポジティブな気持ち」の大切さを実感しました!

商談中も笑顔が絶えない米川さん。「お客様と色々なお話ができているときに、一番のやりがいを感じます」と語る。

私が当社を知ったのは、野球部がきっかけでした。当社には軟式野球部があるのですが、在籍していた大学野球部の前監督から教えていただいたのです。「営業」というと客先の呼び鈴を押して商品を売って回るようなイメージを持っていたのですが、当社の営業は主にご依頼を受けてから交渉に出向くスタイルだと知り、「面白そうな仕事だな」と感じて志望しました。

入社後はビジネスマナーや当社のメンタリティー、車両知識に関する研修を受けたのち、4月下旬に現在の関東支店に配属になりました。最初の1ヶ月は先輩方の営業に同行し、スキルを学ばせていただきました。通常はその過程で「ひとりで回れそうだな」と先輩に判断いただけると外回りデビューなのですが、私は少し異例だったようで、ここから半年ほど社内でアポイントをとる営業を担当することになったんですよ。

今は対面営業をやっているので違いがよくわかりますが、電話だけでお客様に信頼をいただくのは本当に難しいです。お客様自身も忙しいですし、まず「話を聞いていただく」というところまで持っていくのが、とにかく大変でした。アポイントがなかなか取れず、ネガティブモードに入ってしまった日もあります。でも、入社前から「どんな仕事でも、まず1年はやってみよう」と思っていたんです。そこで「自分自身が変わらないと仕方ないんだ」と気づいて、ポジティブな気持ちを奮い立たせることができるようになりました。そうして冬を迎えるころ、ついに外回り営業として念願のデビューを果たすことができたのです。

「人の力」が自慢のZEAL。どんなお客様にも対応できる営業を目指して

野球部で培った体力と元気は健在。アポイントがなければ自ら積極的に予定を入れて、外回り営業に出かけていくことも多いそうだ。

それからは、ご連絡のあったお客様のところに出向き、査定・交渉を行う日々が始まりました。平均して1日1〜3件程度ですが、当日中に契約手続きをし、事務処理をして回送するところまでが営業の仕事です。関東支店は東京・神奈川・千葉のほか、山梨・群馬・新潟・富山までが担当エリアですので、泊りがけで出向くこともあります。私は動き回っているほうが性に合っているので、どんどん自分で予定を入れて、積極的に足を使って動いていますね。

交渉では価格設定も大事ですが、私たちの“人柄”も見てもらうことを当社はとても大事にしています。一度お取引のあったお客様には、リピーターになっていただくことを目標とし、良好な関係構築に特に力を入れています。実際にお客様から、「ZEALさんは丁寧に接してくれるから」と評価いただくことも少なくありません。

お客様は経営者の方が多いのですが、弁護士の方から重機業者の方まで、職種は様々です。私も最初のころは「お客様がどんな方で、どんなお話をしたらいいか?」の判断がうまくできず、必要事項を伝えることしかできていなかったように思います。しかし最近は、現地での状況判断が素早くできるようになり、どんなお客様とも長くお話ができるようになってきました。

お客様とお話することは本当に楽しく、お話を聞いているうちに今の世の中のことをたくさん学ぶこともできます。私が、この仕事で一番やりがいを感じるのはお客様と心を開いてお話できたときです。気持ちが通じると、査定金額を伝える前から「君に売るよ」と決定いただけることもあります。

先日も、なかなか掴みどころのなかったお客様に一歩踏み込んで私の趣味の話をしてみたところ、大いに共感し合えるポイントが見いだせました。最終的には「いくらでもいいよ」といっていただき、ご成約のときは本当にうれしかったですね。

全国2位の成績を達成! 私のような若手でも活躍できる職場です

若手が多いこともあってか社員間の距離は近く、「とてものびのびと働きやすい環境です」と米川さん。部活の先輩後輩のような雰囲気もあり、何でも気軽に相談できるそうだ。

営業を始めて2年足らずですが、実はこの夏、営業キャンペーンの成績で全国2位を取ることができました。やれるとこまでやらないと気が済まない、負けず嫌いな性格が功を奏したのだろうと思っていますが、まだまだ至らない点はたくさんあります。失敗した経験も数知れずですが、そのなかで仕事を覚えていくことも多いです。失敗するたびに成長できる、そんな実感もありますね。

当社には、若手でも自分の意欲や取り組み方次第で活躍の機会がたくさんあります。給与や賞与などの形でも、評価をしっかりいただける会社です。「早くひとり立ちしたい」とか「自分の力を生かして意欲的に仕事をしたい」という方に、向いているのではないでしょうか。クルマの知識は入社後からで十分覚えられますが、回送も営業の役目なので運転する機会は比較的多いかと思います。

毎日お客様との交流を楽しみながら一台一台コツコツと買い取りをしていますが、海外を報じる番組などで私たちが扱ったであろう思しきトラックやバスが利用されているのを見ると、「スケールの大きな仕事なのだな」と嬉しくなりますね。日本車は高品質なので世界中から求められており、中古商用車もロシアやアジア圏、アフリカ圏などで大変人気があります。入社前に思っていた以上に、やりがいの大きな仕事だと感じます。

ZEALは、若い世代や体育会系出身者が多い会社です。そのためか挨拶や礼節を重んじつつも、社内はとてもフランク。毎日、皆で気軽に会話し合っています。「明るい」という言葉そのものみたいな先輩もいますし、全体的には元気で明るい人が多いです。一方で、そうではないキャラクターを生かして自分の営業スタイルを築いている人もいます。人との関わり・会話を楽しめる方であれば、どんな方でも活躍できる仕事ですよ。

今後の目標と学生の方へメッセージ

こう見えて私は、もともとシャイな性格でした。しかし学生時代に「自分が壁を作ると相手も壁を作るのだ」と気づいてからは、とにかく素直に自分の思ったことを伝える姿勢を心がけています。当社のお客様はほぼ年上で、いろんな人と接してこられた方ばかり。下手に小細工するよりも、素直に自分の思いを伝えたほうが懇意にしていただけることが多いように思います。

素直な性格と、あとは体育会系で培った元気や明るさだけが今の私の売りですが、先輩たちのような“自分らしい営業スタイル”も、これから確立していけたらと思っています。目下の目標は、次のキャンペーンで1位を取ること。今以上にリピーターのお客様を増やせるような「人間力」と「営業力」とを身につけ、いずれは支店長などのキャリアも目指していきたいと思っています。

あとは余談ですが、社内の軟式野球部チームで天皇杯に出場することも目標です。そこでもいずれは、日本一を目指したいですね。休日に他支店の方と集まって大好きな野球をする場があることは、私の働く原動力にもなっています。ZEALへの入社はいわずもがなですが、入部希望の方も心よりお待ちしています。

PHOTO
多くのリピーターのお客様に支えられて成長を続けてきたZEAL。これからも全社一丸となり、中古商用車業界の大手として全国に規模を拡大していくことだろう。

ページTOPへ