最終更新日:2017/11/20

マイナビ2018

マイナビコード
98835
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー
  • 上場企業

(株)ヨンキュウ【東証JASDAQ上場】

本社
愛媛県
資本金
21億8,761万円
売上高
(2016年3月期連結) 売上高   394億9,204万円
従業員
126名(2016年3月末)
募集人数
6〜10名

【東証JASDAQ上場】養殖専門商社として全国の消費者ニーズに対応した加工食品の販売を手がけ、21世紀の海洋総合商社として成長し続けています。

12/8,12/15(金)会社説明会開催します!【東証JASDAQ上場・積極的に受付中】 (2017/11/20更新)

 ┌──☆   
 │\/|  ヨ┃ン┃キ┃ュ┃ウ┃!┃
 └──┘  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛
こんにちは! 採用担当です。

会社説明会を開催します。
ご予約は、「説明会・選考会予約受付」よりお願いします。

皆さんのご参加を、社員一同、心より楽しみにしております!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
この美しくて豊かな海が私たちの仕事場です。新鮮な海の恵みを確実にみなさまの食卓にお届けするためにがんばっています。
PHOTO
養殖業者が大切に育てた安心・安全な養殖魚は市場での高い需要があります。私たちは養殖魚のブランド化にも積極的に取組んでいます。

社長自ら先頭に立ち、社員一人ひとりが前向きに仕事に取り組んでいる会社です。

PHOTO

「いろんなジャンルの本を読んで教養を学んで欲しいですね。基本的には入社してからOJTで身につけていただけるので大丈夫ですよ」と語る清水常務取締役。

私たち(株)ヨンキュウは、日本全国に取引先を持ち、主に四国・九州の養殖業者向けに餌料・飼料や稚魚を販売し、育った魚を養殖業者から買い付けて全国の市場に出荷するという商社的な事業を展開しています。タイ、ハマチ、カンパチを中心に、その他シマアジやフグなどあらゆる魚種を扱っていますが、愛媛県はマダイの養殖が日本一で、特に本社のある南予地方では養殖漁業は基幹産業となっており、地元の産業を支える一助としての役割も担っています。島国である日本の食卓に魚は切り離せない食材です。私たちは安心・安全で、安定的に供給できる養殖魚を市場に提供することで社会に貢献しています。

当社は東京・大阪、神奈川・鹿児島にそれぞれ営業所と事業所を展開し、大分県佐伯市には主にマダイの人工ふ化事業として蒲江種苗センターを設置しています。また、神奈川県の三崎事業所へは、宇和島で養殖されたタイやハマチを活きたまま船で運び、そこから東京の築地市場に新鮮な魚を出荷出来ることが、当社の特徴の一つとなっています。

近年はクロマグロとウナギの養殖を行なう子会社を立ち上げ、新しい収益の柱としてグループ全体が成長していくための事業展開を始めています。2013年4月に創立50周年を迎えたヨンキュウですが、全国の方々から喜ばれ、役立つ会社として今後もますます努力していきたいと思っています。

会社データ

プロフィール

当社は1963年に設立し、2013年4月に設立50周年を迎えました。設立以来「捕る漁業」から「育てる漁業」へのシフトに寄与し、養殖漁業に特化した経営方針のもと成長を続けています。

養殖魚の餌料・飼料販売から養殖魚の販売、加工事業、さらに人工ふ化事業にも注力しています。また、流通過程における「養殖魚のトレーサビリティーシステム」の早期導入や本社鮮魚加工場のハセップ認定取得など、安全管理体制の強化に取り組み、現在では養殖漁業を総合的にサポートする企業へと発展しています。

全国の消費者がいつまでも美味しい魚を食べられるよう、一歩先を見据えた取り組みに積極的にチャレンジしています。

事業内容

PHOTO

長年に渡り全国の卸売市場に安定して魚を供給してきた功績が認められ、各方面から多数の感謝状などをいただいています。

■鮮魚・活魚事業
ハマチ・カンパチ・タイなどの養殖魚を各生産地の漁業協同組合や養殖業者から仕入れ、全国各地の中央卸売市場の荷受会社や外食・量販店へ出荷しています。

■鮮魚加工事業
宇和海を中心とした四国や九州地方から水揚げされた新鮮な養殖魚を加工し、関東・関西方面のスーパーや大手外食産業へ販売しております。

■餌料・飼料事業
漁業協同組合や養殖業者に対し、養殖魚用の生餌、配合飼料、自社製品のモイストペレットなどを販売しております。

■種苗生産事業
種苗センターを設置することで人工ふ化稚魚の供給を可能にし、愛媛県を中心に高知県や九州の養殖業者へ稚魚を販売しております。
本社郵便番号 798-8691
本社所在地 愛媛県宇和島市築地町2丁目318番地235
本社電話番号 0895-24-0001
設立 1963年4月
資本金 21億8,761万円
従業員 126名(2016年3月末)
売上高 (2016年3月期連結)
売上高   394億9,204万円
事業所 東京営業所・宿毛連絡事務所・三崎事業所・鹿児島事業所・蒲江種苗センター
業績 (2016年3月期連結)
売上高   394億9,204万円
営業利益   15億660万円
当期純利益  8億9,898万円
主な取引先 漁業協同組合、養殖業者、全国中央卸売市場(荷受会社)
関連会社 (株)海昇、四急運輸(株)、日振島アクアマリンLLP、(株)西日本養鰻
沿革
  • 1963年 4月
    • 養殖魚用餌料の販売を目的として四国急速冷凍(株)を設立
  • 1974年10月
    • 鮮魚部門を開設
  • 1975年 3月
    • 水産餌料の販売を目的として、四国餌料販売(株)を宿毛市に設立
  • 1978年 8月
    • 鮮魚の販売を目的として、四国水産(株)を宇和島市に設立
  • 1985年 5月
    • 本社工場を設置、モイストペレット(固形飼料)の製造を開始
  • 1986年 8月
    • 鹿児島県垂水市に鹿児島事業所を設置、南九州地区に進出する
  • 1987年12月
    • 本社第2冷蔵倉庫及び鮮魚加工場を設置
  • 1989年 1月
    • 四国水産(株)において東京営業所、および三崎事業所を設置、関東地区に進出する
  • 1990年 4月
    • 四国急速冷凍(株)、四国餌料販売(株)、四国水産(株)の三社が合併し新しい四国急速冷凍(株)となる
  • 1991年 6月
    • 商号を(株)ヨンキュウに変更
  • 1993年 1月
    • 大分県佐伯市蒲江に蒲江種苗センターを設置
  • 1993年10月
    • 日本証券業協会に株式を店頭登録
  • 1994年 4月
    • 神奈川県三浦市に鮮魚加工場を設置
  • 2000年11月
    • 本社鮮魚加工場を設置
  • 2004年12月
    • 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
  • 2007年 3月
    • 本社鮮魚加工場にてHACCP認定を取得
  • 2011年 6月
    • (株)海昇の株式を取得し子会社化
  • 2012年 9月
    • 鰻の養殖事業として、当社100%出資の(株)西日本養鰻を設立
  • 2016年11月
    • 愛知県名古屋市に名古屋営業所を設置
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月平均40時間程度
※2015年度実績
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 該当なし

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ヨンキュウ
総務部 宇都宮
〒798-8691 愛媛県宇和島市築地町2-318-235
TEL:0895-24-4901
URL http://www.yonkyu.co.jp/
E-mail soumu@yonkyu.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp98835/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ヨンキュウ【東証JASDAQ上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ヨンキュウ【東証JASDAQ上場】と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ