最終更新日:2018/6/14

マイナビ2019

マイナビコード
108489
  • 正社員
  • 既卒可

ゼオンノース(株)【日本ゼオングループ】

本社
富山県
資本金
1億円
売上高
65億9,100万円(2017年3月実績)
従業員
235名(2018年2月1日現在)
募集人数
1〜5名

様々な分野から地域社会に貢献できる技術者を一緒に目指していきましょう!

<内定まで3週間!!>【技術職/エンジニアリング事業・夏採用開始!】 (2018/06/14更新)

<内定まで3週間!!>
こんにちは。ゼオンノースの磯野と申します。
第二クールの募集を開始致しました!
是非ご応募下さいませ。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
日本ゼオングループ関連の事業に加え、地元富山の基盤を活かした事業も多数展開。さまざまな分野・規模の案件により、独自のノウハウを多く蓄積しています。
PHOTO
環境分析事業、エンジニアリング事業に商事事業を加えた3部門が主力。各部門で、若手からベテランまで幅広い人材が活躍しています。

グループのメリットを最大限に活用。さらなる技術力・多様性を追求します。

PHOTO

左から、佐渡友康(商事事業部長)、坂裕(エンジニアリング事業部長)、佐竹宏介(環境分析部長)。

日本ゼオングループの一員である当社。現在は下記の3部門を柱に、多岐にわたる事業を展開しています。

◆エンジニアリング事業
主力である化学プラントの建設工事の他、多彩な案件を手がけています。2016年には、地元企業から受注した石油タンクの建設が完工。顧客に提示された納期よりも2カ月ほど短縮することができ、高い評価を頂きました。これには、地元業者の皆さんとの緊密な連携が大きかったようです。
近年注力しているのが、アルミ工事部門。現在は溶接加工工場の認定を申請中です。この認定取得により、事業の幅をさらに広げていく方針です。
多様な工事への対応力を支えているのは、社員一人ひとりの技術力の高さ。これから入社する皆さんにも、失敗を恐れず経験を積み、技術を身につけてもらえればと考えています。

◆環境分析事業
当社の環境分析事業は、大きく2つの部門に分かれています。1つめは、ばい煙や排水などの測定・分析と、工場などにおける空気環境などの測定を行う部門。もうひとつが、日本ゼオンの各工場における製品試験を担う部門です。製品試験事業については、今後グループ外への展開をにらんでいます。
環境分析においては、エンジニア事業部との連携により、対策の策定・提案・実施までを一社で進めることが可能となっています。対応の迅速さに加え、機密保持の面でも顧客に大きなメリットがある体制です。こうした点と分析・測定精度の高さなどにより、多くの顧客から信頼を受けています。新人の皆さんには、日々知識と技術を追求する姿勢を期待します。

◆商事事業
主力の工業用薬品・資機材や石油製品をはじめ、多彩な商品を販売しています。現在注目している商品のひとつが、プラントの設備などを保護・長寿命化するコーティング材。2016年からグループ企業への提案を進めており、導入実績も増えつつあります。配属にあたって、専門的な知識・スキルは求めません。ある程度の快活さをもって人と接することができる方、報告・連絡・相談をしっかり行える方であれば、活躍できるのではないでしょうか。

3部門に共通するのは、先を見すえた事業展開への取り組み。当社にとって、時にノウハウ蓄積の場、時に新商品の提案先となるグループ企業は、なくてはならない存在といえるでしょう。今後もグループ関連の事業と地場での事業の相互作用により、さらなる飛躍を目指したいと考えています。

会社データ

プロフィール

1972年の設立当初、北興(株)として建築設備工事の設計・施工及びガソリン、灯油、重油等の石油製品の販売をしておりました。
その後、プラント工事部門、産業用資材・機械部門を拡充し、2002年に社名をゼオンノース(株)に変更しました。
その翌年には、子会社の大三興産(株)及び日本ゼオン(株)関連会社のゼオン高岡分析センター(株)と合併し、プラントメンテナンス事業の拡充を図るとともに環境分析を加えての事業拡充に取り組み、今日に至っております。

事業内容

PHOTO

「現代のエンジニアには、協調性・挑戦精神を含めた広い意味での人間力が求められます。日々の仕事を通し、そうした力を養う姿勢を期待します」(代表取締役社長・澤宗樹)

<エンジニアリング事業>
各種プラント設計・施工、建築土木設計・施工
各種公害防止設備設計・施工
保全工事
建築設備・空調設備・衛生設備設計・施工
ビルメンテナンス

<産業機械事業>
産業機器設計・施工

<商事事業>
材料販売、土木・建材販売、石油販売

<環境分析事業>
環境計量証明、作業環境測定、各種の測定・分析・調査
本社郵便番号 933-0062
本社所在地 富山県高岡市江尻351番地
本社電話番号 0766-25-1111
設立 1972年4月12日
資本金 1億円
従業員 235名(2018年2月1日現在)
売上高 65億9,100万円(2017年3月実績)
事業所 <神奈川県>
 川崎営業所(日本ゼオン川崎工場内)

<岡山県>
 水島営業所(日本ゼオン水島工場内)

<山口県>
 徳山営業所(日本ゼオン徳山工場内)
株主構成 日本ゼオン(株) (出資比率 100%)
関連会社 日本ゼオン(株)
東京材料(株)
ゼオン化成(株)
茨城ゼオン化成(株)
ゼオン山口(株)
ゼオンエフアンドビー(株)
ゼオンケミカルズ米沢(株)
RIMTEC(株)
ゼオンリム(株)
ゼオンメディカル(株)
(株)オプテス
ゼオンポリミクス(株)
(株)トウペ
ゼオンナノテクノロジー(株)
岡山ブタジエン(株)
ジスインフォテクノ(株)
特定建設業の許可 <許可番号 富山県知事 許可(特-18)第342号>
土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業、電気工事業、管工事業、
鋼構造物工事業舗装工事業、塗装工事業、防水工事業、機械器具設置工事業、
熱絶縁工事業、水道施設工事業
一般建設業の許可 <許可番号 富山県知事 許可(般-18)第342号>
消防施設工事業、造園工事業
関連有資格者 1級建築士 3名
2級建築士 4名
土木施工管理技士 15名
建築施工管理技士 5名
電気工事施工管理技士 5名
管工事施工管理技士 24名
環境計量士 6名
作業環境測定士 14名
公害防止管理者 9名
放射線取扱主任者 1名
臭気判定士 2名
(2015年1月1日現在)
沿革
  • 1972年
    • 日本ゼオン(株)の関連企業として、資本金500万円にて設立
      冷暖房・給排水設備及び消防設備工事業としてスタート
      高岡市江尻に本社屋を新築移転、高伏給油所を開設・商事(産業資材)部門の営業開始
  • 1975年
    • オリジナル安全工具「フランジオープナー」「ハンド・ナッター」の製造・販売開始
      プラント工事部門、建築設備工事部門ならびに産業用資材部門を拡充
  • 1977年
    • 総合アルミニウムリサイクリングシステムを完成
  • 1980年
    • 資本金2,000万円に増資
  • 1985年
    • 資本金5,000万円に増資
  • 1986年
    • OA機器販売およびソフトの開発・販売開始
  • 1989年
    • フレキシブルコンテナー自動充填装置を開発・販売開始
  • 1990年
    • 合併処理、農業集落排水分野へ進出
  • 1994年
    • 本社社屋の増設完成
      戸出開発センターに工場棟の増設完成
  • 1995年
    • 商事部門(土木・産業資材・石油販売等)をゼオン北陸販売(株)へ、OA部門をゼオン情報システム(株)へ分離
      ゼオンエンジニアリング(株)高岡支店を統合、日本ゼオン(株)高岡工場内に、支社:プラント事業部を設置総合
      エンジニアリング会社をめざしてスタート
  • 1996年
    • プラント事業部の一部がゼオンメンテナンス工事(株)として独立
  • 1997年
    • ゼオン北陸販売(株)及びゼオンビジネス(株)と合併
      資本金9,000万円に増資
  • 2002年
    • 創立30周年を機に社名を「ゼオンノース(株)」に変更
  • 2003年
    • 大三興産(株)、(株)ゼオン高岡分析センターと合併
      資本金1億円に増資
  • 2007年
    • ISO9001:2000、ISO14001:2004を取得
  • 2008年
    • 神奈川県川崎市に川崎営業所[日本ゼオン(株)川崎工場内]を開設
  • 2011年
    • 岡山県倉敷市に水島営業所[日本ゼオン(株)水島工場内]を開設
  • 2013年
    • 山口県周南市に徳山営業所[日本ゼオン(株)徳山工場内]を開設
  • 2014年
    • 米島事業所に第4工場完成
  • 2015年5月
    • 米島事業所にゼオンノース教育センター開設
  • 2016年1月
    • 米島事業所に第5工場完成
  • 2017年4月
    • 鉄骨製作工場性能評価基準Rグレード認定
      軽金属溶接構造物製造工場R級認定
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 10%(40名中女性4名 2016年度実績)

採用データ

取材情報

幅広い事業領域、多彩な経験がエンジニアとしての伸びしろを大きくする。
エンジニアの道を歩み始めた若手3名にインタビュー
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒933-0062
富山県高岡市江尻351番地
ゼオンノース(株) 採用担当:磯野、若林
TEL:0766-25-1111 
URL http://www.zeonnorth.co.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp108489/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ゼオンノース(株)【日本ゼオングループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ