最終更新日:2018/3/1

マイナビ2019

マイナビコード
111730
  • 正社員

眞鍋造機(株)

本社
愛媛県
資本金
6,000万円
売上高
73億4,000万円(2016年実績)
従業員
208名
募集人数
1〜5名

船舶用機器のパイオニアカンパニーとして60年。世界の海で頼れるMANABEブランドの「省エネ」と「環境」技術を武器に、グローバルに活躍してください!

ご興味のある方はまずエントリーください! (2018/03/01更新)

技術系総合職と事務系総合職(営業)を積極採用予定です!
ご興味のある方は是非当社ホームページからエントリーお願いします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
船舶用機器のパイオニアカンパニーとして、設計・製造・アフターサービスまでの一貫生産体制のもと、省エネで人と環境に優しい革新的な製品を手掛けています。
PHOTO
スケール感ある機器が目の前でカタチになっていく過程は圧巻!自ら手掛けた製品が、世界を舞台に活躍する醍醐味を味わえます。

世界の「MANABE」へ!ユーザー目線の革新的なモノづくりと厚い信頼

PHOTO

「アフターサービスは最強の営業」という想いのもと、技術やノウハウだけでなく、長いお付き合いを通しての「信頼」を提供し続けています。

世界中のインフラを担い、大海原を行き来するダイナミックな船舶。当社はその船舶に搭載する機械メーカーとして、船の大小に関わらず必ず装備されている、錨(いかり)の上げ下ろしや港への係船に使用される甲板機械。また積荷の上げ下ろしをする港には欠かせない、船の用途・種類に応じた各種デッキクレーンの設計から製造、営業・販売、アフターサービスまで一貫して自社で行っています。さらには国家プロジェクトで使用されるような作業船や海外の洋上石油生産現場などで活躍する作業船用の大型特殊甲板機械も製造しています。

当社の強みは、徹底したアフターサービス。世界中で活躍する当社製品を搭載した船舶がいつでも安心して航海できるように、国内はもちろん世界各地にサービス拠点を設け、スピーディで細やかな対応を可能にしています。それに加えて、環境にやさしく、省エネ、高効率の「電動油圧式甲板機械」や、世界初となる「インバータ制御電動油圧式クレーン」など、現場の声をダイレクトに感じているからこそできるユーザー目線の革新的なモノづくりは、業界を常にリードしてきました。現在では、「完全電動型クレーン」や低騒音を実現可能にした油の昇圧機器(ポンプユニット)「S300」など、新たな製品開発にもチャレンジしています。こうした技術力と絶大な信頼感が評価され、近年では国内船主はもとより、海外の船主や大手海運企業からも「MANABE」を指名いただくこともあり、韓国や中国、インド、ベトナム、台湾など海外の造船所との取引も年々増加しています。

今後はさらなるグローバル化を目指し、新しい発想と創造力を持って、世界を舞台に活躍できる人材の確保と育成に注力していきます。「平凡<個性<チームワーク<リーダーシップ」――そんな当社の想いに共感いただける、自分で考え行動を起こし、人生をより面白くしていける方にぜひお会いしたいと思っています。役職や社歴に関係なく、手を挙げた人に思い切って任せる、自由でチャレンジスピリット溢れる社風もMANABEの魅力。一人ひとりが会社を代表する顔としての誇りを持ち、「球の組織」として大きく成長していく当社の新しい一面を担ってください。

会社データ

プロフィール

◆甲板機械のパイオニア

1955年、船舶用鋳造品のメーカーとして創業以来、60年にわたり、「独創」「活力」「研鑚」を社是に掲げ、独自技術による、ディーゼル式・電動式・電動油圧式の各種船舶用、揚錨機・係船機・揚貨機などを生産。また、これらの技術・経験を活かし、1982年電動油圧式デッキクレーン、1987年バケットクレーン、2001年インバータ制御電動式甲板機械を開発。2000年にはISO9001を取得し、船舶用甲板機械・荷役装置の総合メーカーという現在の姿に至る。

事業内容
●船舶用甲板機械・デッキクレーンの設計・開発・製造・販売・アフターサービス

<主力製品>
◎甲板機械:
揚描機、係船機、揚貨機、AH/TOウインチ、ランプウインチ等

◎デッキクレーン:
シングルクレーン、ツインクレーン、バケットクレーン、ホースハンドリングクレーン等

現在、IoTとビッグデータを利用するシステムの開発プロジェクトも進行中。
日本初の500tonクレーンの研究開発も始動!
本社郵便番号 799-2113
本社所在地 愛媛県今治市高部甲633番地3
本社電話番号 0898-41-9217
創業 1955年1月1日
創立 1960年3月1日
資本金 6,000万円
従業員 208名
売上高 73億4,000万円(2016年実績)
平均年齢 40.6歳(2017年10月現在)
平均勤続年数 16.4年(2017年10月現在)
事業所 ■本社(愛媛県今治市高部甲633番地3)
技術部(機械設計・電機設計)、営業部、工務部、品質保証部、サービス部、資材部、経理部、総務部

■東京営業所(東京都港区芝5丁目13番18号 いちご三田ビル2階)
海外営業及び東京にある商船会社、造船所等への営業

■西条工場(愛媛県西条市ひうち字西ひうち3の2)
鉄工部門・大型機械加工部門・組立部門・検査部門・出荷/塗装部門・工務部門
各種甲板機械、クレーンを製造

■大西工場(愛媛県今治市)
鉄工部門・工務部門

■波止浜工場(愛媛県今治市)
機械加工部門

■三豊工場(香川県観音寺市)
鉄工部門・機械加工部門
主な取引先 (国内造船所)
ジャパン マリンユナイテッド(株)、今治造船(株)、警固屋船渠(株)、旭洋造船(株)、 住友重機械マリンエンジニアリング(株)、(株)新来島どっく、常石造船(株)、檜垣造船(株)、 三菱重工業(株)、南日本造船(株)、村上秀造船(株)、本田重工業(株) 他

(海外造船所)
CSBC CORPORATION(台湾)

(海運会社)
出光タンカー(株)、川崎汽船(株)、(株)商船三井、日本郵船(株)、EVERGREEN MARINE CORP.(台湾) 他

(商社他)
(株)マツイ、川崎重工業(株)、(株)カナックス 他
沿革
  • 1955年
    • [1月]
      ・眞鍋鋳造所創業
  • 1960年
    • [1月]
      ・碁石山工場を建設
       ディーゼル駆動型揚錨機、係船機、揚貨機製造開始
      [3月]
      ・(有)眞鍋鋳造所設立
  • 1964年
    • [9月]
      ・本社工場を建設
  • 1965年
    • [5月]
      ・眞鍋造機(株)に組織変更
  • 1967年
    • [1月]
      ・油圧甲板機械製造開始
  • 1968年
    • [11月]
      ・三豊工場を建設
  • 1970年
    • [10月]
      ・大西工場を建設
  • 1974年
    • [9月]
      ・構造改善のため、鋳造部門を廃止
  • 1982年
    • [9月]
      ・電動油圧式デッキクレーン開発
      ・西条工場第1期工事完成
  • 1987年
    • [10月]
      ・バケットクレーン開発
  • 1991年
    • [9月]
      ・西条工場増築工事
  • 1994年
    • [5月]
      ・西条工場第2期工事完成
  • 1997年
    • [6月]
      ・日本海事協会舶用事業所承認取得
  • 2000年
    • [10月]
      ・ISO9001取得
  • 2001年
    • [3月]
      ・インバーター制御電動式甲板機械を開発
  • 2008年
    • [8月]
      ・東京営業所開設
  • 2010年
    • [4月]
      ・EH-CRANE (Ecology & High Performance)
        インバータ制御電動油圧式クレーンを開発
  • 2013年
    • [2月]
      ・愛媛県今治市高部甲633-3に本社を移転
  • 2016年
    • [9月]
      ・東京都港区芝五丁目13番18号 
       いちご三田ビル2階に東京営業所を移転
平均勤続勤務年数 16.4年(2017年10月現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 17.9時間(2017年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9日(2017年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 対象者8名(男性7名・女性1名)(2017年実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(女性)取得(2017年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%(2017年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 総務部 大谷・相馬
TEL:0898-41-9217
URL http://www.manabezoki.co.jp
E-mail soumu@manabezoki.co.jp
交通機関 JR予讃線波止浜駅から徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp111730/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
眞鍋造機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ