最終更新日:2018/12/6

マイナビ2019

マイナビコード
213692
  • 正社員
  • 既卒可

ケイ低温フーズ(株)

本社
兵庫県
資本金
12億円
売上高
1012億円(2018年9月30日現在)
従業員
224名(2018年9月現在)
募集人数
6〜10名

★★【秋採用・冬採用】選考直結型・スピード選考の実施しております!★★

  • 積極的に受付中

【営業職/事務職】12月14日、19日、20日に会社説明会を開催致します! (2018/12/06更新)


12月に秋・冬採用の会社説明会・選考を開催致します!

食品・商社にご興味のある方は是非会社説明会にお越しください!

採用担当一同、お会い出来ることを楽しみにしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
低温食品を中心に、チルド、日配品、惣菜品、水産、フードサービスを扱う総合食品卸売業。鮮度を維持し、物流精度の高い商品をローコストで効率的に提供しています。
PHOTO
入社後は約6カ月間の研修を実施。加藤産業グループの研修や物流センター、業務、営業での実施研修など教育体制も充実している。社員は気さくで、のびのびとした社風だ

低温食品やフードサービスのプロとして、常に進化して新しい価値を創造します!

PHOTO

入社半年後のフォローアップ研修ではグループ会社の同期が集まり刺激になりました(島崎さん)自分の仕事はやりたいことをやらせてもらえる風土があります(浅井さん)

入社後、約6カ月を掛けて物流センター、業務、営業の研修があります。物流センターでは商品が多く、取引先の業態によってケースだったり、バラだったりと納品状態が違うので、積み込むのが難しかったです。業務では商品の受注の流れなどを知ることができました。研修を通じて会社の仕組みを細かく学べたと思います。研修後は業務用営業部へ配属。得意先様はファミリーレストランや居酒屋、和食などの外食産業様です。最初の頃は先輩の同行をしていましたが、次第に見積りの作成やサンプルの手配のほか、担当も持たせてもらっています。商品がメーカー様から届く時間、物流で対応できる時間、便の発車時間などを確認した上で提案しないと得意先様に迷惑をかけてしまうので、一つ一つの確認作業を怠らないように気をつけています。得意先様への提案が売上につながった時はうれしかったです。今はまだサブ担当ですが、早くメイン担当になれるように売上拡大に努めたいと思っています。
【業務用営業部 第3ユニット 島崎拓斗さん/2014年入社】

市販用営業部はスーパーやドラッグストアが得意先様で、私はドラッグストア業態の担当をしています。得意先様のニーズを探り、そのニーズに合ったメーカー様の商品をつなぎ合わせるのが仕事です。幅広い食品を扱いますが、日配食品といって賞味期限が短い豆腐、納豆、牛乳など毎日食べる食品やチルド食品が多いので、受注から納品までスピード感が求められます。ですから、メーカー様、物流、得意先様との連携が上手くいくように、物流の方とも顔を合わせてコミュニケーションをとるように心がけています。金額、納品数、納期など交渉されることも多く、最初は上司や先輩にサポートしてもらっていましたが、任されるようになってやりがいを感じています。営業一人ひとりに決定権を与えてもらえるので、責任もありますが自分が提案したいことを表現できるのが面白いです。
競合他社もある中で、得意先様から真っ先に「この商品を扱っていないですか」と相談されると嬉しいですね。今後は「売り場を作ってくれないか。商品は任せる」とまで頼まれるような信頼関係を築いていきたいと思います。また、今までどこにも卸していない商品を交渉して取り扱ったり、地方のメーカー様の商品を発掘したり、新しい商品を見つけて提案していきたいです。
【市販用営業部 第2ユニット 浅井基寛さん/2013年入社】

会社データ

プロフィール

私たちケイ低温フーズは、低温流通機能のさらなる拡充を使命として低温食品・フードサービス分野におけるマーチャンダイジング力の強化をはじめ、ロジスティクス・リテールサポートをコア事業と位置づけています。

さらに皆様との対話を通じて、事業を支える「人」と「システム」を進化させ、未来を見据えた新しいサービスの創造・機能の開発に努めています。

近畿エリアを中心に、首都圏さらには全国にサービスネットワークを拡大するとともに、加藤産業グループの低温事業・フードサービス事業部門の中核を担い、グループ会社との連携効果を最大限生かしながら、多くの方々とともに成長したいと考えている会社です。

事業内容

PHOTO

独自の物流システムを活用し商品鮮度を維持、精度を高め、低コストの効率的な物流を追求、お得意さまの要望に応える一括物流を提案、最適な物流を共同で構築、実現します。

【総合食品卸売業】
当社の事業内容は総合食品卸売業で、食品の中でも特に冷凍・冷蔵食品に特化した取扱いをしています。
我々は、食品を取り扱うプロとして、冷凍食品、チルド、日配食品、惣菜品、水産、フードサービスの分野をカバーしています。
本社は、兵庫県伊丹市北伊丹にあります。他に首都圏支社、南近畿支店、京滋・東海支店、の支社や支店があります。

【営業部】
営業部署として、市販用MD事業部(市販用営業部)、業務用MD事業部(業務用営業部、生鮮営業部)、支店統括事業部(南近畿支店、京滋・東海支店)、首都圏支社(営業部)の事業部を設けています。
営業をサポートする部署として、営業企画部、物流部(物流センター)、業務部(受発注や在庫管理等の事務)、首都圏支社(業務部)、品質管理部、総務部、経理部があります。
主な関係取引先は、仕入先様である食品メーカー様、得意先様である小売業様、外食産業様になります。
弊社では、取扱う商品のカテゴリー毎に、担当部署が分かれております。
市販用MD事業部の取扱う商品は、小売業様で販売している冷凍・冷蔵食品、業務用MD事業部の取扱う商品は、外食産業様や学校給食様で使用している食品、小売業様の惣菜売場や鮮魚売場などで販売している食品です。
本社郵便番号 664-0831
本社所在地 兵庫県伊丹市北伊丹5丁目43番地1
本社電話番号 072-773-6800
設立 2006年4月3日
資本金 12億円
従業員 224名(2018年9月現在)
売上高 1012億円(2018年9月30日現在)
事業所 本社・兵庫県伊丹市北伊丹5丁目43番地1
首都圏支社・東京都大田区大森中1丁目2番28号
京滋東海支店・滋賀県大津市瀬田大江町33番地3、三重県桑名市額田1482番地2
南近畿支店・和歌山県紀の川市北勢田64番地1
他、物流センター21拠点
売上高推移 2018年9月 売上高1012億円
2017年9月 売上高974億円
2016年9月 売上高985億円
2015年9月 売上高954億円
2014年9月 売上高895億円
関連会社 加藤産業(株)、三陽物産(株)、ヤタニ酒販(株)、和歌山産業(株)、九州加藤(株)、カトー菓子(株)、(株)植嶋、カトーロジスティクス(株)、マンナ運輸(株)、他11社
平均年齢 42.8歳(2018年9月実績)
平均勤続勤務年数 15.6年過(2018年9月実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 5日(2018年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 1.9%(51名中1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒664-0831 兵庫県伊丹市北伊丹5丁目43番地1
本社 総務部 矢三(やそう)
電話:072-773-6800
URL http://www.k-teionfoods.co.jp/
E-mail mio_yaso@ktf.katosangyo.co.jp
交通機関 本社/JR宝塚線・北伊丹駅より徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp213692/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ケイ低温フーズ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
ケイ低温フーズ(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ