最終更新日:2018/6/25

マイナビ2019

マイナビコード
213732
  • 正社員

京阪ホテルズ&リゾーツ (株)【京都タワー・京都センチュリーホテル・琵琶湖ホテル】

現在、応募受付を停止しています。

本社
京都府
資本金
3億円
売上高
121億円(2016年度実績)
従業員
504名(男性321名・女性183名)
募集人数
36〜40名

京都のランドマークである京都タワーを中心に、京都センチュリーホテル・琵琶湖ホテルを運営しています。さらに2019年1月には、京都駅前に新ホテルをオープン予定です!

【自分超越】会社説明会の予約受付をスタートしました! (2018/05/02更新)

こんにちは。京阪ホテルズ&リゾーツ(株)です。
【2019年度採用】会社説明会の予約受付をスタートしました!
お申込みは、「会社説明会予約画面」からお願いします。

〜会社説明会〜
2019年度新卒採用の説明会は終了いたしました

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
京阪ホテルズ&リゾーツのモットーは、お客様の目線に立ったサービスの提供。お客様とのふれあいは、ホテルの仕事の大きな喜び。
PHOTO
「仕事をしていると自然と笑顔になる」と口を揃える社員の皆さん。その理由は、自分たちの仕事に誇りとやりがいを感じながら働いているから。

京都・滋賀の魅力を発信するオンリーワンホテルを目指し、ともに挑戦し、ともに成長を

PHOTO

今後も新しい業態への挑戦など、業界や社会に与える影響を大きなものにしていきたいですね。自分自身の力を試してみたいという方には、ぜひ一緒に挑戦してもらいたいです。

■既存ホテルの伝統とブランド力に加え新しいフィールドにも挑戦する進取の気風が強み

当社は、京都タワー(株)、(株)京都センチュリーホテル、(株)琵琶湖ホテルの3社が経営統合し、2016年10月京阪ホテルズ&リゾーツ(株)として新たなスタートを切りました。国際観光都市・京都の玄関口に位置する京都タワーホテル、同じく京都駅前にあり、京都で3番目に長い歴史を持つ京都センチュリーホテル。そして、皇室にもご利用いただいている由緒ある琵琶湖ホテル。これら3社が長年培ってきた伝統とブランド力を融合し、さらに京都・滋賀の魅力を世界に発信していくことが経営統合の目的です。

統合前から、各社の経営改革に取り組んできた結果、経営成績・財務体質ともに良好な優良企業に成長。安定した経営基盤のもと、2019年1月には京都センチュリーホテルの隣接地にハイグレードホテル「THE THOUSAND KYOTO」のオープンを予定しており、京阪グループのフラッグシップとなる新ホテルとして、期待が高まっています。

■「サービス」と「おもてなし」を追求しつつ、将来の経営人材を育成していきます

また、2018年春には、カフェとホテル・ホステルを融合した新業態として、女性専用の「カフェテル京都三条 for Ladies」がオープンします。責任者は若手社員から公募するなど、若手や女性の登用によって、将来の「経営人材の育成」に取り組む新しいプロジェクトでもあります。今後も、当社では京阪グループが経営戦略として掲げる「京都戦略」「観光創造」のもと、その中核をなす企業として、新ホテルや新業態にも果敢に挑戦していきます。

ホテル業を展開する当社にとって、「サービス」や「おもてなし」が重要なのは言うまでもありません。同時に、事業拡大を進める中では、既成概念に捉われないクリエイティブな発想や起業家精神を持った人材など、多様な人材が必要となってきます。

現在進めている経営改革では、充実した人材育成体系の確立や、意欲のある若手や女性の抜擢、また、有休取得率の向上をはじめとする働き方改革など、社員が長くやりがいを持って働ける環境づくりを進めています。統合前からの家庭的な社風も大切にしながら、成長路線をとる当社でともに成長したいと考える皆さんと、オンリーワンの魅力を持つホテルとして進化していきたいと考えています。

(代表取締役社長 稲地利彦)

会社データ

プロフィール

2016年10月1日、京都タワー・京都センチュリーホテル・琵琶湖ホテルの3社が経営統合し、京阪ホテルズ&リゾーツ(株)として新たなスタートをきりました。

ホテルの歴史としては、1928年(90年前)京都センチュリーホテルが、京都ステーションホテルとして営業を開始しました。
その後1934年(84年前)、琵琶湖畔に滋賀県の迎賓館として琵琶湖ホテルが開業、1959年(59年前)には(株)京都産業観光センターとして、現京都タワーが設立されました。
3ホテルともに多くのお客様に支えられ、長い歴史を紡いで参りました。

そして、京都のランドマークとして世界中のお客様をお迎えしてきました京都タワーは、2016年8月来塔者3,000万人を達成いたしました。
皆さまも一度は京都タワーに登ったり、写真を撮っていただいた経験がおありかと思います。
そんな京都の玄関を守ってきた京都タワーは、2017年4月に商業施設(KYOTO TOWER SANDO)がリニューアルオープンし、お買い物・タワー観光・宿泊など今まで以上に魅力溢れる観光スポットに進化しています。

これから益々成長していく観光産業の中で、京阪ホテルズ&リゾーツ(株)は京都・滋賀のまちづくり・地域活性化に積極的に取り組んで参ります。
さらに、2019年1月に京都駅前に新ホテル(THE THOUSAND KYOTO)開業を予定しており、京都駅前開発にもより一層力を入れていきます。

ホテル業界に興味のある方、世界を感じたいとお考えの方、京都・滋賀のまちづくりに興味のある方、ぜひ私たちと一緒に働きましょう!

事業内容

PHOTO

・京都タワービル(ホテル・タワー事業・貸室・貸店舗等)の経営
・京都タワーホテルアネックスの経営
・京都センチュリーホテルの経営
・琵琶湖ホテルの経営
・THE THOUSAND KYOTO(2019年1月開業予定)の経営
本社郵便番号 600-8216
本社所在地 京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1
本社電話番号 075-361-3225
設立 1959年6月1日
資本金 3億円
従業員 504名(男性321名・女性183名)
売上高 121億円(2016年度実績)
事業所 京都タワー
京都タワーホテルアネックス
京都センチュリーホテル
琵琶湖ホテル
THE THOUSAND KYOTO(2019年1月開業予定)
沿革
  • 1928年3月
    • 京都ステーションホテル営業開始(現京都センチュリーホテル)
  • 1934年2月
    • (株)琵琶湖ホテル設立
  • 1934年10月
    • 琵琶湖ホテル開業
  • 1959年6月
    • (株)京都産業観光センター設立(現京都タワー)
  • 1964年12月
    • 京都タワービル全館開業
  • 1973年3月
    • 京都第2タワーホテル開業
  • 1978年11月
    • 京都第3タワーホテル開業(現京都タワーホテルアネックス)
  • 1981年4月
    • 京都センチュリーホテル開業
  • 1998年10月
    • (新)琵琶湖ホテル移転開業(浜大津)
  • 2016年1月
    • 京都第2タワーホテル閉館
  • 2016年10月
    • 京阪ホテルズ&リゾーツ(株)発足
  • 2017年3月
    • 京都タワーホテルアネックス リニューアルオープン
  • 2017年4月
    • KYOTO TOWER SANDOオープン
前年度の育児休業取得対象者数 16名(女性10名・男性6名 2017年度)
7名(女性4名・男性3名 2016年度)
12名(女性5名・男性7名 2015年度)
前年度の育児休業取得者数 10名(女性10名 2017年度)
4名(女性4名 2016年度)
5名(女性5名 2015年度)

採用データ

取材情報

お客様に喜んでいただけることが、仕事を好きになって頑張る原動力になる
現場でサービスを提供する社員が、リアルな声をお届けします!
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒600-8216
京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1
京阪ホテルズ&リゾーツ(株)
総務人事担当 植木志織
TEL/075-361-3225
URL https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/
E-mail ueki-s@keihanhotels-resorts.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp213732/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
京阪ホテルズ&リゾーツ (株)【京都タワー・京都センチュリーホテル・琵琶湖ホテル】と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】京阪グループ

ページTOPへ