最終更新日:2018/5/1

マイナビ2019

マイナビコード
86388
  • 正社員
  • 既卒可

川之江造機(株)

本社
愛媛県
資本金
5,000万円(自己資本79億7,470万円 2017年度)
売上高
60億3,990万円(2017年7月期)
従業員
221名(2018年2月時点)
募集人数
6〜10名

アジアNO.1のティシュマシンメーカーを目指す製紙機械のエキスパート!設計開発から納品、アフターサービスまで全て自社で行うトータルエンジニアリングを展開!

【予約受付中】離職率3% 川之江造機 会社説明会 3月 (2018/03/01更新)

受注から販売まで一貫体制で製作している当社のモノづくりの現場を、ご自身の目で見て、製造現場がどういったものかを肌で感じて頂きたいと考えています。
【日時】3月12日(月)、13日(火)、15日(木)、16日(金)、19日(月)、20日(火)
      26日(月)、27日(火)、28日(水)
      13:30〜16:30 入場は15分前より行います。

    3月22日(木) 9:00〜12:00 入場は15分前より行います
【内容】
・設計部の仕事風景ほか営業・総務フロア、製造部生産管理部門フロアの見学
・機械加工(マシニング、旋盤、複合機などの金属加工)
・製缶(溶接、レーザー・ガス切断、プレス加工など)
・組立(抄紙機や加工機の組立)
・若手社員との意見交換会
  1〜2年目の若手社員との意見交換、各大学のOBが同席します

【場所】川之江造機(株) 5階もしくは2階会議室
    〒799-0195 愛媛県四国中央市川之江町1514
     JR川之江駅より徒歩7分
    お車でお越しの方は本社事務所国道11号線挟んで向かいの来客用駐車場をご利用ください。


当日選考は行いませんので、当社また製造業に興味のある方は是非ご参加ください。
今後、当社選考の受験を検討されている方は、会社説明会への参加が原則必須となりますので、
ご予定を調整いただき、ご参加いただけますようお願いいたします。

説明会の予約は先着順となりますので、お早めにお申し込みください!!

みなさんとお会いできますことを、採用担当一同、心より楽しみにしております!!

会社紹介記事

PHOTO
製紙機械・紙加工機の専門メーカーとして国内トップクラスのシェアを誇る当社。日本で生産されているティシュペーパーの8割が当社製の抄紙機により製造されています!
PHOTO
仕事への大きなやりがいはもちろん、働きやすい環境も当社の魅力です。新卒者の3年以内の離職率はなんと3%!オン・オフのメリハリをつけ自分らしく活躍できます。

図面を描くだけが設計じゃない!ゼロからカタチにする面白さを感じられる仕事

PHOTO

入社2年目の横内俊吾さん(設計部設計課)。フラットな雰囲気の社内はとても働きやすく、お互いに相談やアドバイスをしながらモチベーションを高めあっているそう。

学生時代から設計の仕事に興味があり、地元の企業を探していた時に当社に出会いました。専門メーカーとして日本を代表する実績があることや、グローバル化も推進していることに惹かれ入社を決めました。

入社後は9カ月間の研修で、設計部はもちろん製造や総務、営業まで、すべての部署を経験しました。会社全体の動きを把握することができ、みんなに顔もおぼえてもらえて心強かったです。その後は設計部の配属になり、先輩のサポートとしてマシンの一部分を設計していく「部分設計」を担当しています。設計というと図面を描くイメージで簡単に考えていたのですが、実際は想像以上に幅広い仕事があり、やりがいや責任の大きさを日々実感しています。図面ひとつ描くにもいくつもの強度計算やスケッチが必要ですし、取扱説明書や検査項目といった書類作成も仕事の一つ。学校の授業で習ったことよりも、実際に仕事を通して身に着く知識のほうが断然多いですね。

私が担当しているのは、近年当社が新たに進出した不織布分野の機械。前例のないマシンが多く、ゼロからの設計に携わっていけるのでとても勉強になります。細かい指示通りに動くのではなく、一人ひとりが仕事を任され自分の考えをどんどん設計に反映できるので、毎日本当に楽しいです。もちろん失敗もありますが、しっかり先輩がフォローしてくれるので思いきって挑戦できます。また、経験豊富な先輩でも不織布の分野ではわからないこともあるので、その都度チームで話し合いながら解決策を考えています。社歴や年齢に関係なく発言でき、相談や提案もしやすい環境です。

仕様の打ち合わせからはじまって、設計、製作、組立、納品まで全工程に携わっていけるのが当社の設計職。プロジェクト全体を見渡しながら各工程と連携していく、まさに会社の核となる存在です。だからこそ、手掛けた製品は自分のマシンという実感があり、大きな達成感を感じられます。早く丸ごと一台手掛けられる設計者になって「横内に任せておけば大丈夫」と言われるようになりたいですね。また、当社は若手が多くサークル活動も盛んで、親睦会なども多く、他部署の人たちともたくさん交流の機会があります。支え合える仲間が大勢できるので、オン・オフともに充実した日々が待っています!何でも「やってみよう」という前向きな人が活躍できる会社ですので、ぜひ一緒に新しい可能性にチャレンジしましょう。

会社データ

プロフィール

創業から、70年を迎えた私たち『川之江造機』

私たちは、あくことなき挑戦者として未知のテクノロジーにアプローチします。
KAWANOEの技術力と豊富な経験をもとに、
社員全員がチャレンジスピリットを発揮し、
未知のテクノロジーにアプローチし、新たな可能性を拓きます。

■ KAWANOE Technology
多岐にわたる高度な技術ノウハウで業界に貢献するマシンを開発します。
現在皆さんの生活に欠かすことのできない紙。“KAWANOE”の設計力、技術力によって 「抄く・巻く・切る・折る・包む」の製紙工程の機能をマシン化します。当社は多岐にわたる技術力で、お客様のご要望に柔軟にお応えするとともに、業界に貢献するマシン、設備を開発、 提供することが使命だと考えています。

■ Kawanoe Spirit of Work 〜川之江造機のものづくり
当社のモノ作りは一から十まで自社内で行なう一貫体制です。
お客様のニーズを的確に把握し、設計し、製作・施工を行います。
一貫体制へのこだわりから生まれる技術力、
総合力をベストなソリューションとして実現し、お届けしています。

■ Kawanoe Global Expansion
当社のティシュマシンは圧倒的なマーケット・シェアを占めています。
日本で生産されるティシュペーパー、トイレットペーパーの実に8割が
当社の抄紙機により作り出されています。
国内だけでなく、近年は海外との取引も増え、
すでに中国、韓国、台湾、ベトナムなどに納入。
アジアでの紙産業の発展には目覚ましいものがあります。
中国のみならずアジア市場へのさらなる展開により、
アジアNo.1のティシュマシンメーカーの座も
今や視界に捉えています。

事業内容

PHOTO

製紙機械、紙加工機械、不織布製造機械などの設計・製造・販売
本社郵便番号 799-0195
本社所在地 愛媛県四国中央市川之江町1514番地
本社電話番号 0896-58-0111
設立 1944年11月8日
資本金 5,000万円(自己資本79億7,470万円 2017年度)
従業員 221名(2018年2月時点)
売上高 60億3,990万円(2017年7月期)
事業所 本社/四国中央市【愛媛・東予エリア】
工場/四国中央市(川之江・伊予三島・余木)
営業所/東京・富士
売上高推移 決算時期 7月
過去3年の売上高
2015年 62億6,208万円
2016年 68億4,270万円
2017年 60億3,990万円
主な取引先 広島銀行川之江支店
伊予銀行川之江支店
中国銀行川之江支店
関連会社 ケイテック(株)
川之江造紙機械(嘉興)有限公司
平均年齢 42歳
平均勤続年数 17年(2017年実績)
沿革
  • 1944年
    • 川之江造機(株)設立
      海軍監督工場として呉海軍工廠に所属、魚雷部品を製作する。
  • 1945年
    • 終戦により、紙パルプ機械製作に転向。
  • 1953年
    • 企業合理化、生産増強により中小企業庁により表彰される。
  • 1959年
    • 中小企業庁より合理化モデル工場に指定される。
  • 1959年
    • 大阪営業所開設。
  • 1964年
    • 東京営業所開設。
  • 1971年
    • FMC(米国)とトイレットロール加工機、紙ナプキン製造機、 紙ハンカチ製造機等に関する技術提携を行う。
  • 1974年
    • 中小企業庁創設25周年にあたり、通産大臣より永年合理化 モデル工場として表彰される。
  • 1980年
    • JWI(カナダ)とTバーシステムフォイルユニットに関する 技術提携を行う。
  • 1982年
    • ジェームス・ロス社(カナダ)とドクターに関する技術提携を行う。
  • 1985年
    • 富士営業所開設。
  • 1990年
    • 全自動巻取ロール包装機(高能力・多種類対応タイプ)を開発。
      本社新社屋建設。
  • 1994年
    • BLACK CLAWSON-KENNEDY(カナダ・現GL&VINC)とトップフライト"C"フォーマ等に関する技術提携を行う。
  • 1996年
    • Valmet-KARLSTD AB(スウェーデン)とティシュマシンに関する提携を行う。
  • 1999年
    • Valmet-KARLSTD AB(スウェーデン)とティシュマシンに関する技術提携を行う。
  • 2003年
    • 家庭紙用抄紙機で中国市場へ本格進出。
  • 2005年
    • 余木工場建設。
  • 2007年
    • G&V SWEDEN ABとパルプ洗浄、漂白設備に関する技術提携を行う。
  • 2012年
    • 世界トップクラスの省エネ家庭紙用抄紙機 BF-1000を開発。
  • 2013年
    • 新型トイレットロール全自動クラフト紙包装機開発。
  • 2014年
    • ドイツ・SAUERESSIG社との販売協定を発表。
      3次元CADを導入。
  • 2014年
    • 3次元CADを導入。
  • 2014年
    • GL&V社より中国市場においてBTF全自動ダイリューションシステム技術の全権を引き継ぐ。
  • 2015年
    • ファイバーレーザー切断加工機導入。
  • 2016年
    • 中期経営計画「Change2020」がスタート。
平均勤続勤務年数 16年10カ月(2017年10月度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 25時間(2017年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 13.7日(2017年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 13名(13名中 男性12名 女性1名)
前年度の育児休業取得者数 1名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%(17名中0名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒799-0195 愛媛県四国中央市川之江町1514
川之江造機(株)
総務部/採用担当 篠原、山本
TEL:0896-58-0111
URL http://www.kawanoe.co.jp/index.html
E-mail kawanoe@kawanoe.co.jp
交通機関 JR川之江駅より徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp86388/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
川之江造機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ