学生のための就職情報サイト

泣く子も黙る才木流 今からはじめる「就活」道場

マイナビ講師・才木弓加先生が辛口回答!一問一答で就活のお悩みを解決します。

今から就活を始めるのですが、何をしたらいいのかサッパリわかりません

まずはエントリーして、説明会に参加しながら考えなさい

何をしたらいいのかわからない、とはのんびりにも程がありますね。ライバルたちは早いうちから自己分析や業界・企業研究をしてすでにさまざまな企業にエントリーシートを提出しています。今から自分に向きそうな業界や業種を考えたり、詳しく自己分析をしてから動き出す余裕はありませんよ。すでにエントリーシート提出の〆切りが過ぎてしまっている企業も出はじめているので、興味のある企業にまずはエントリーして、説明会にどんどん参加しなさい。説明会に行きながら、自分に向く業界や業種を考えるのです。出遅れた分、走りながら考えないと間に合いません。

秋以降も採用活動をしている企業はありますが、それを当てにしてのんびりしていたり、嫌なことを後回しにしていてはダメです。6月からは大手など多くの企業が選考を開始します。就活準備はしていたけれども通過しなかった就活生が夏からまた就活(企業エントリー)を行い、ライバルが増える可能性も大いにあります。とにかく今できることをやりましょう。

周囲より遅れて就活スタート。どのようにエントリーする企業を探せばよいですか?

就活は短期決戦なので、自分の可能性を最大限に広げて置くことが重要

出遅れていることで、今からエントリーする企業が見つからない! と焦る人も多いでしょう。今年も就活は短期決戦なので、 もし途中で上手くいかなくなったときに、追加でエントリーするということが難しくなってきます。

後悔しないためにも、今のうちにどんな業界や企業があるのかをなるべくたくさん知っておく必要があります。
「志望している○○業界以外は何も分からない…」というような不安を感じている人は、ぜひマイナビTVの 企業セミナーを活用することから始めてください。

自分のスケジュールや興味に合わせて、いつでもどこからでも、企業の説明会にWEBで参加することができます。 リアルタイムでの参加が難しい場合は、アーカイブ配信であなたが知りたいと思う企業の話を聞くことができます。

自分の時間を惜しみなく使い、エントリーしたいと思う企業を探しましょう!

自己分析はどうやればいいですか?

自問自答が基本。他の人に聞くのであれば、家族や付き合いの長い友人に。

エントリーシートを書くにしても、面接を受けるにしても、自己分析は欠かせない。ここがしっかりしていないと門前払いになるのは覚悟しておいたほうがいいですね。

自己分析は、自分の強みや学生時代に力を入れてきたことを中心に行いますが、この部分が自分でしっかり把握できていないと、いくらエントリーや面接を受けても通過しません。「自分の強みは何か」「学生時代に力を入れたことは何か」を自問自答しながら、しっかり理解し、頭に入れておくことです。

よく自分のことを手当たり次第、知人に聞く人がいますが、私は個人的にはおすすめしませんね。なぜかというとすべての友人があなたのバックグラウンドを細かく知っているわけではない。人に聞くことでさらに迷ったり、混乱することになりかねないからです。

もし自分のことを人に聞きたい場合は、家族や付き合いの長いあなたのことをよく知っている友人がいいと思います。あなたのつらい時、苦しい時を一番よく知っているのは身近にいる家族や付き合いの長い友人です。私のところに来る学生も家族に聞いて、自分のことが初めてわかったという人もいます。優先順位はまず自分、それから家族、最後に友人です。

また、自己分析の進め方がイメージできない人はマイナビTVの「自己分析編」を参考にしてみるのもおすすめです。
就活生をモデルに自己分析を進めているので重要な点がわかるはずです!

企業研究の進め方を教えてください

オススメの方法は同業他社研究。会社の特徴がよくわかります

毎年、企業研究が浅いために、落とされる学生がたくさんいます。企業研究は志望動機と密接にからむので、そこは手を抜かずしっかりやっておきなさい。とはいっても、時間があまりないというときに手っとり早い方法は、同業他社を見ることです。同業を見ればその会社の特徴がわかります。

最近もマスコミ志望のある学生から、「どの会社もある程度までは進むのですが、最終に近くなると落ちてしまう」という相談を受けました。話を聞いてみると、企業研究がまったくできていない。なぜその会社なのか、なぜその業界なのか、漠然としか答えられない。これでは面接が進んできたら通るわけがありません。志望動機とからむ企業研究は具体的にしておかなければ、内定には結びつけるのは難しいと思って、心しておきなさい。

学生時代に打ち込んだことがないのですが

生きているのだから何もない人はいない。ないと思っているのはあなたの思い込みです

それはあなたの思い込み、ただの勘違いですね。自分の胸に手を当ててよく考えてみなさい。サークルやアルバイトも経験がない、学業にも打ち込んでいない、友達もいない、という人でも、打ち込んでいたことは必ずあるはずです。

私が相談に乗っていた女子大生で航空会社のCAに決まった人がいます。周りから「よくあの子をCAに内定させましたね」と驚かれるような人でした。特別な経験や知識もなかったからです。
そんな人でも内定が取れる。彼女がなぜCAに内定が取れたのかというと、「学生時代に打ち込んだこと」つまり事実をしっかりアピールできたからなのです。

自分ではあたり前すぎて「打ち込んだこと」に気づかない人がたくさんいます。でもよくよく考えてみると、授業に休まず出席したことも「打ち込んだこと」になるし、死ぬほどゲームをしたことも「打ち込んだこと」になるのです。どうしても思いつかない人は、高校時代までさかのぼって「打ち込んだこと」を思い出してみなさい。

生きていれば「打ち込んだこと」がない人なんていない。あなたが思い出す努力を怠っているだけです。

エントリーシート(ES)って、何を書けばいいですか?

質問の意図を理解し、自分の人間性がわかるような書き方をすべきです

この期に及んで、こんなことを言いだすのはあまりに意識が低い。今まで何をしていたのですか。こういう人は内定への道のりが険しいことを覚悟すべきです。

さてESの書き方ですが、企業によってさまざまな形式があります。けれど、どの質問もつまるところ「自分がどんな人間なのか」を伝えられているか、なのです。でも、あなたを含め、この時期から就活を始める学生の多くは、聞かれていることをそのまま書いてしまうはずです。 

たとえば「あなたが最近うれしかったことを400字でまとめてください」とあったら、思いつくままエピソードを書いてしまう。「先日電車の中でお年寄りに席を譲りました。ありがとうとお礼を言われたのがとてもうれしかったです。云々」。そんなESはダメに決まっているじゃありませんか。
どこがダメか。その学生の人間性がひとつも伝わってこない。質問の意図がわかっていないのです。質問の意図は、「最近うれしかったことを通じて、あなたはどんな人間ですか」ということを聞いているのです。

もっと端的に言ってしまうと、ESも面接も着地点は2つしかない。すなわち「自己PR」と「学生時代に打ち込んだこと」です。

たとえば「あなたを色にたとえてください」という質問があったら、「私は赤色です。なぜなら目標を持って努力することができる人間だからです。先月挑戦したTOEIC も数カ月前までは400点でしたが、英語の勉強に打ち込み、900点を取ることができました。この数カ月で500点上がったのは、やはり意欲と熱意があるからです。その意欲と熱意を色で表すなら赤色です」というように「自己PR」と「学生時代に打ち込んだこと」につなげていく。極端な話、この2つだけおさえておけば、どんな学生でもESで落とされることはありません。

リクルーター面談と面接は何が違うんですか?

イメージとしては1次面接だと思うこと。リクルーターもあちら側の人間です

リクルーターをなめてはいけません。基本的にリクルーターは面談の結果を人事に報告することになっています。だから面接と同じなんです。同じ大学のOBだからとか、クラブの先輩だからといって、気を許してはいけません。もちろんリクルーターは学生により近い立場ですから、不安なことやわからないことは素直に質問してもいい。企業研究の一環として質問をすることは、マイナスではないでしょうね。でも頭の片隅に「これも選考のひとつなのだ」ということは置いておきなさい。

企業によっては、リクルーター面談であまりいい結果が出ないと、次の面接に進めないところもあります。あくまでも相手は面接官の一人だという認識で、あまり失礼になるようなことは聞かないのが就活の常識です。

面接で他の企業の選考状況を聞かれたとき、正直に答えていいものですか?

違う業界の企業の選考状況を答えておきなさい

すべてを正直に答える必要はないですね。同業他社の選考状況を話してしまうと不利になることもあります。そんなバカ正直はしないことです。

違う業界の企業の選考状況なら、話してもいいでしょう。状況を聞かれて「御社だけです。他はまったく受けていません」と言うのもおかしな話ですから、違う業界の進み具合を話しておきなさい。「そっちとうちと両方内定が出たら、どっちに行くの?」と聞かれたら、迷わず「御社です」と答えればいいのです。

志望度が低い企業でも「第一志望」というべきでしょうか?

「御社も、第一志望であることには間違いないです」と答えておきなさい

「第一志望かどうか」を聞かれたら、いちおう「第一志望です」と答えておきなさい。でもそれが嘘だと明らかにわかってしまう会社であれば、「ほかも受けています」という言い方でもいいでしょう。ただし「御社も、第一志望であることには間違いないです」と付け加えるのは忘れずに。

なぜそうするのかというと、どんなに志望度の低い企業でも、とにかく内定を取ることが大事だからです。内定を取ることで、学生はガラリと変わります。私はよく「内定は精神安定剤」という言い方をしますが、卒業した時に自分が行ける会社があると思えるだけで、本当に気持ちが楽になる。その安心感は内定を取った人でないとわからないでしょうね。

とにかく1社でも内定さえ取れれば、そのあとは思い切って就活ができます。面接でも堂々と自分を出していいのだ、という気になりますし、素の自分を出して認めてもらいたいと思うようになる。結果、あとの就活がうまくいく可能性が出てきます。本命企業に内定が取れる人は、その前にたいてい他社の内定が出ているものですよ。

プロフィール

マイナビ講師 才木 弓加 (さいきゆか)

大学などでの就職対策セミナーの講師を務めるかたわら、自ら就職塾を主宰し、直接学生への指導にあたる。就職情報誌などで執筆、監修も務める。

カテゴリーメニュー

就活準備
就活ノウハウ
就活力アップ

ページTOPへ