学生のための就職情報サイト

完全版! インターンシップエントリーシートの書き方

インターンシップの募集では応募人数が多くなり、書類選考を
実施する企業もあります。その場合、履歴書のような
エントリーシート(ES)の提出が必要となるケースがあります。
このコンテンツでは、インターンシップのES・応募書類作成上の
基本的なポイントから、応用編までを凝縮してお伝えします!

基本編 まずはここから

STEP 1

書き始める前の心得

  • 下手でも、とにかく丁寧に書く
  • 誤字脱字に注意して、略字で書かない
  • 筆記用具は黒色のボールペンか万年筆を使用する
  • 修正液は使用しない
  • 記入欄の空欄はできるだけ避ける
  • 枠からはみ出すのはできるだけ避ける
  • 応募先が求めている人材を理解する
  • 応募企業向けの具体的な志望動機を書く

【締め切り間近!】応募締切日が
1週間以内のインターンシップ情報はこちら

STEP 2

基本情報の書き方

インターンシップ エントリーシート

日付
  • 提出日か前日の日付を記入
  • 応募書類全体で西暦か元号表記かを統一
写真
  • 好印象を与える表情、服装は清潔感があるもので
  • 顔写真の裏面には学校名と氏名を記入
  • 書き損じることもあるので、写真は最後に貼る
氏名
  • 「ふりがな」はひらがなで記入し、「フリガナ」はカタカナで記入
生年月日・年齢
  • 応募書類全体で西暦か元号表記を統一
  • 送付時の年齢を記入
住所
  • 都道府県から省略せずに記入
  • マンション名なども忘れずに記入
電話番号
  • 日中連絡が取りやすいものを記入
    固定電話が自宅にない場合は、携帯電話のみでもOK
印鑑
  • 印鑑は逆さまになったり、滲んだりするので最初に押す
  • 印鑑はシャチハタではなく、朱肉で押す

ページTOPへ

STEP 3

学歴・職歴の書き方

学歴・職歴

学歴
  • 中学入学から記入する
  • 学校名は正式名称で記入する
     例)「高校」ではなく「高等学校」
  • 卒業見込みの年度が分かる場合は記入する
  • 和暦・西暦どちらでもOK
職歴
  • アルバイトは職歴に含まない

ページTOPへ

STEP 4

自己PRの書き方

自己PR

結論は最初に持ってくる
「私の長所は〜です」「私は〜な人間です」「私は〜しています」など採用担当者が一番知りたい情報を真っ先に伝えましょう。
行動の背景を明らかにする
事実の羅列ではなく、なぜそのような行動に至ったのか、あなたの考えや価値観を入れます。この部分も論理的な文章に仕上げるには必須です。
結論を裏付ける経験や成果で説得力を持たせる
具体的な経験や成果を元にアピール点を裏付けます。相手を納得させるだけでなく、論理的な文章にもなります。
経験によって得たもの
経験で得たことや学んだことを入れることでそのエピソードに付加価値を与えます。
改行で読みやすさ、適度な文章量で読み手の立場を考慮
文字数の規定が特に設けられていない場合は400〜500文字を限度とします。キーワードをかぎカッコでくくったり、改行や箇条書きなど、見やすさも工夫してください。
文体の統一
「ですます」調または「である」調で、文体を統一しましょう。話し言葉や学生言葉もNGです。

ページTOPへ

STEP 5

志望動機の書き方

志望動機

  • 自社が求めている人材を理解しているか
  • 強みを把握しており、自社への思いが強いか
  • 自社だからこそ参加したい意欲が感じるか
  • あなた自身の考えを自分の言葉で表現しているか
  • 裏付ける事実や根拠(具体的なエピソード)を含んで記述しているか
  • 書いた内容に一貫性があるか

ページTOPへ

体験分野別インターンシップ情報 ■事務・管理系 ■企画系 ■営業系 ■技術・研究系 ■専門系 ■販売・サービス系 ■金融・専門職系 ■クリエイティブ系 ■IT系 ■その他(総合)

STEP 6

応募前のチェック事項

  • 誤字脱字はないか
  • フリガナを書き忘れていないか
  • 顔写真の裏面に学校名・氏名を記入したか
  • 写真はしっかり貼ったか
  • 押印されているか(押印欄がある場合)
  • 住所、学校などを省略せずに書いているか
  • 入学・卒業の年月に誤りはないか
  • 面接準備のために履歴書のコピーをとったか

ページTOPへ

STEP 7

郵送・提出時のチェック事項

封筒には応募書類に加え、送付状も同封する

封筒の書き方(表面)

封筒の書き方(裏面)

【締め切り間近!】応募締切日が
1週間以内のインターンシップ情報はこちら

カテゴリーメニュー

就活準備
就活ノウハウ
就活力アップ

ページTOPへ