学生のための就職情報サイト

緊張の連続であったインターンシップが終了し、一息つきたいところですが、「振り返ること」が体験を活かすことにつながり ます。そして、忘れてはならないのは、インターンシップ先への感謝の気持ちです。感謝の気持ちは形にしなければ伝わりません。 また、熱が冷めないうちに作成することも重要であり、速やかに送ることで伝わりやすくなります。 ここでは、お礼状の書き方について学びます。

お礼状のポイント

  • インターンシップ期間中、毎日、気付いたことなどをメモしておく
  • お礼状を出そうか否か「迷ったら、送る」ほうがよい(インターンシップ期間の長短にかかわらず送る)
  • Eメールは「略式」であるので、できれば便箋使用のお礼状のほうが丁寧な印象
    ただし、担当者が自分と年齢が近い場合、「メールのみで受付」という企業の場合はEメールでもよい。

    ※相手先に合わせることもマナー
  • 速やかに作成して送る
    (終了日当日に作成、翌日投函が理想的であるが、遅くとも終了後1週間以内には相手の手元に届くようにする)

    ※Eメールの場合は、インターンシップが終了した当日に送る
  • 直筆(手書き)が丁寧であり、気持ちが伝わりやすい
    ※字の上手、下手よりも気持ちを込めて丁寧に作成することが大切である
  • 必ず下書きし、可能であれば大学の就職課の方に見ていただくとよい

ページTOPへ

印象に残るお礼状とは?

丁寧に、速やかに送った手紙を受け取った相手が(形式的に書いて寄こしただけの手紙だな...)という印象を受ける文面がとても多いのが現状です。
では、何を書けば、相手が嬉しいと思ってくれて、印象に残るのか。ポイントは、1つだけです。 「その時、その場で、同じ空気の中で一緒に過ごしたことを思い出せるコメント」を数行入れるのです。以下の例文では、青色 部分が「対:会社」向けのコメント緑色部分が「対:個人」向けのコメントです。
(なんだ そんなことか...)と思うかも知れませんが、もし、自分自身が手紙を受け取る立場であったらどうでしょうか。これもマナーの1つなのです。
「お礼状は書いたほうがいいからマニュアルを見ながら同じように無難に書く」ことと、「受け取る相手の状況を想像し、相手の 顔を思い出しながら書く」こととでは表現が違ってきませんか。表現が変われば、相手への伝わり方も違うはずです。

ページTOPへ

お礼状の文例

便箋でのお礼状作成の場合

準備するもの
  • 便箋(縦書き、白無地、罫線入り)
  • 黒色のペン ※万年筆が正式であるが、インクのボールペンであればよい
  • 封筒(和封筒、白無地)

Eメールでのお礼状作成の場合

プロフィール

美土路 雅子(みどろまさこ)
キャリアコンサルタント。YDサポート講師。企業秘書経験を活かし、企業の人材育成研修、大学生の就職支援講座および社会人の転職支援講座の講師として幅広く活躍中。温かく熱意溢れる指導には定評がある。
著書:「マイナビ2016 要点マスター! 就活マナー」

カテゴリーメニュー

就活準備
就活ノウハウ
就活力アップ

ページTOPへ