学生のための就職情報サイト

業界大百科 キーワード1000

TOPに戻る

業界研究

鉄道・航空

概要

鉄道や路線を維持管理し、「人」や「物」を運ぶサービスを行っているのが鉄道業界。沿線でオフィスビルや商業施設、住宅エリアなどの開発も行っている。航空機によって「人」や「物」を国内外に運ぶサービスを行っているのが航空業界。

鉄道・航空業界

鉄道法の区分によれば、鉄道事業者には第一種、第二種、第三種があり、ほとんどの事業者は鉄道施設一式を持ち、列車の運行も行う第一種鉄道事業者である。

第二種鉄道事業者は、自らが所有する線路以外の線路を使用して列車の運行を行う事業者、第三種鉄道事業者は、線路を第一種鉄道事業者に譲渡する目的で敷設する事業や、線路を敷設して第二種鉄道事業者に使用させる事業を行っている。

国内では、国鉄分割民営化によって発足したJR各社、主に都市圏を中心とする私鉄や地下鉄、民間企業と地方公共団体の共同出資による第三セクター鉄道などがある。

航空業界は、ANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)の2強体制が確立しているが、近年では、従来は航空運賃に含まれていた機内食や手荷物預かり料を有料化することで低運賃を実現させる航空会社も現れている。

LCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)と呼ばれるこの形態は、海外のいくつかの国では航空マーケット3割前後のシェア(提供座席数ベース)を占めるともいわれており、今後の航空業界に大きな影響を与えることは間違いなさそうだ。

多角化で堅実な成長を目指す鉄道業界。鉄道インフラの輸出が鍵

鉄道事業者の本業である“運輸業”は、緩やかな景気回復の影響もあって、近年の各社の業績は横ばいや増益といったものが多い。

ただし、収益の柱となる運賃設定は、国土交通大臣の認可が必要なこともあり、状況にあわせて機動的に運賃設定を変えることができない。
そのため、物価や景気の変動に合わせて収益が大きく変動する可能性がある。

そんなこともあり、鉄道各社では、沿線での不動産開発、百貨店・スーパーの運営、ホテル・観光事業、食品・外食、バス・タクシーなど、古くから積極的に多角化に取組んでいる。

2014年は、日本一高いビルとなる「あべのハルカス」の開業を筆頭に、各地で大規模な商業エリアの開発があり、さらなる市場の回復が期待されている。
また、多角化に加えて、新興国での鉄道ビジネスへの参入は成長の大きな鍵と見られている。

拡大する駅ナカビジネスだが課題も

少子化に加えて、飛行機や自動車など他の競争も激化しており、中長期的には、乗降客の増加を見込むのは難しい状況といえる。

そんな中、注目をあびたのが「駅ナカビジネス」。
乗降客の多い駅では、既存の商業施設や路面店とは異なる圧倒的な人の行き来や、幅広い層の人が通行するということが特長だ。

JR東日本の2016年3月期の決算短信によれば、連結売上(連結営業収益)は前期比4.0%増の2兆8,671億円。
セグメント別では、「運輸業」の売上が前期比5.3%増の2兆79億円と大半を占めるが、「駅スペース活用事業」の売上も前期比1.0%増の4,160億円で、全体の14.5%を占めている。

また、中期計画である2019年3月期には4,270億円の売上を目指している。
ただし、「利便性に頼り、不特定多数を狙うだけでは、大きな伸びは期待できない」という意見もあり、新デザイン店舗の出店、商品構成や店舗レイアウトの刷新、「B-1グランプリ食堂」の開業など、常に新たな展開にチャレンジしている。

もともと買物目的でなく、通勤・通学で通過している人達が中心の「駅ナカ」、立地によって、その駅を利用する人も大きく異なる。
それぞれの駅にあった魅力的な店舗展開が求められている。

燃料価格の下落や訪日客の増加で好調な航空業界だが、競争の激化や世界経済の不透明感は課題

航空業界はいわゆるリーマンショックの影響で業績が大きく落ち込んだ。

日本の航空業界を牽引していた日本航空は、2010年に会社更生法の適用を申請し破産に陥った。
その後、不採算路線の廃止や大幅なリストラを断行するなどして、2012年に再上場を果たしたことは記憶に新しい。

業界全体の売上は、2010年を底に回復傾向にある。日本航空2016年3月期の業績は、営業収益(売上高)こそ前年比80億円(0.6%)マイナスの1兆3,366億円となったが、国内線の増収や燃料価格の下落により営業利益は前年比295億円(16.4%)プラスの2,091億円となった。

2017年3月期は営業収益(売上高)が前年比0.5%プラスの1兆3,430億円ながら経費の増加を見込んでいるため、営業利益は3.9%マイナスの2,010億円としている。

一方のANAホールディングスの2016年3月期の業績は、海外への新規就航による国際線ネットワークの拡充や燃料価格の下落などもあり、売上高が777億円(4.5%)プラスの1兆7,911億円、営業利益は449億円(49.1%)プラスの1,364億円となった。

2017年3月期については、売上高が189億円(1.1%)プラスの1兆8,100億円、営業利益についは86億円(6.3%)プラスの1,450億円を見込んでいる。
好業績をあげる一方で、航空業界は複数のLCCの参入や日本に乗り入れる海外の航空会社との競争も激化している。

また、世界的に経済の先行きに不透明感がただよっており、引き続きサービスの向上とともに燃費のよい機体の導入や、徹底的な費用効率化の取組みを行っている。

さらなる発着枠の増加で首都圏空港の機能強化

発着枠の拡大は航空会社にとって大きなビジネスチャンス。

都心へのアクセスにすぐれる羽田空港の拡張にともない、2014年3月に、出発・到着をあわせて国際線42便84回分が増枠となった(年間で約3万便)。
フライトプランを見ると、今回の増枠で、東南アジアやヨーロッパ方面へのフライトが大幅に拡大している。

なお、国内航空会社向けには16枠の配分があったが、ANAが11枠、JALが5枠となった。

初めての“トランジットホテル”(入国手続きなしで宿泊できるホテル)のオープンもあり、国際空港としての羽田空港の今後も見逃せない。

また、2016年4月には羽田空港日米路線の発着枠2枠(昼間・深夜1枠ずつ)がANAに配分、これまで早朝・深夜の時間帯だった配分済みの発着枠も昼間の時間帯に移行され、日米路線の利便性も向上した。

さらに、増加する外国人訪日客の受け入れ態勢の拡充、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの円滑な開催、国際都市としての競争力の強化といった目的もあり、政府では羽田空港や成田空港の年間発着枠を2020年時点で最大7.9万回増やす目標を掲げている。

国産技術が生んだオリジナルジェット

大型の旅客機の部品は数百万点に及ぶと言われており、航空機業界は、機体メーカーと多数の部品・材料メーカー、商社などから構成されている。

日本のメーカーは、素材技術や構造設計では世界でもトップレベルあると言われ、航空機製造にも深く関わってきた。
世界でも機体を製造できるメーカーはそれほど多くない中、日本メーカーによるMRJやホンダジェットといった自社開発の中小型旅客機の開発が進んでいる。

ホンダジェットは、2015年12月8日(米国東部時間)に米国連邦航空局(FAA)から型式証明を取得。
2015年12月23日(同)には、顧客への引渡しを開始している。

MRJは、2015年11月11日に初飛行、機体や操縦系統、ソフトウエアなどの改修を行いつつ、飛行テストを繰り返している。
すでに200機以上の受注を獲得しており、2018年4〜9月の初納入をめどに開発を進めている。

ページTOPへ

豆知識

世界の航空会社に広がる航空連合(アライアンス)

航空連合とは、世界的規模の航空会社間の連合組織のこと。同じグループの航空会社によるコードシェア便(共同運航便)の運行、チェックインカウンターやラウンジの交互利用、マイレージプログラムの相互提携など利用者の利便性を増すサービスを提供することで、集客の向上を目指している。

世界的には、「スターアライアンス」、「ワンワールド」、「スカイチーム」の3つの有力連合がある。

「スターアライアンス」はANA・ルフトハンザドイツ航空・ユナイテッド航空などが、「ワンワールド」はJAL・ブリティッシュエアウェイズ・アメリカン航空などが、「スカイチーム」には、デルタ航空やエールフランス航空などが加盟している。

なお、成田空港ではターミナルごとに航空連合が異なっている。
北ウイングは「スカイチーム」、南ウイングは「スターアライアンス」、第2ターミナルは「ワンワールド」となっており、乗り継ぎやラウンジの利用などで利用者の利便性が図られている。

ページTOPへ

業界関連用語

●クルーズトレイン「ななつ星in九州」
JR九州が運行を開始した豪華寝台列車で、九州各地をめぐり、自然・食・歴史文化・パワースポット・人情・列車といった九州の主な7つの観光素材を楽しむことができるという。

車両編成は、1号車がラウンジ車で2号車が食堂車、3号車から7号車までが客車となっている。
客室は14室のみで、すべて贅と美を施したスイートルーム。最高級のDXスイートルームを利用した3泊4日の旅では100万円を超えるが、発売以来大人気が続いており申込が殺到している。


●リニア中央新幹線
最高時速505kmのリニアモーターカー(超電導磁気浮上式)によって、東京−名古屋−大阪を約1時間で結ぶ鉄道整備計画。

まずは、2014年末に名古屋駅と品川駅で資材置き場などを作る準備工事が開始。本線の工事は、2015年12月18日に最難関と言われている南アルプストンネルからスタートしている。

総工費(2014年10月時点)は5兆5,000億円とされ、東京(品川駅)から名古屋間を2027年に先行開業する予定だ。
ちなみに、東京と名古屋間約286kmのうち86%をトンネルが占める見込み。

ページTOPへ

どんな仕事があるの?

●客室乗務員
飛行機のキャビン(客室)に常務。乗客の安全を確保し、サービスを提供する。豪華客船や新幹線、私鉄の特急電車などにも独自の乗務員がいる。

●航空整備士
航空機体の点検・整備を行う。部品の磨耗や老朽化、故障に常に細心の注意を払い、機体を安全な状態に保つ。

運輸(鉄道)
駅員業務、車掌業務、運転士業務(要国家資格)を行う。

●技術(鉄道)
保線業務、電気・通信設備の保守業務、鉄道車両の整備などを行う。
流システムを開発する。

就活大百科キーワード1000 トップへ

カテゴリーメニュー

就活準備
就活ノウハウ
就活力アップ

ページTOPへ