学生のための就職情報サイト

業界大百科 キーワード1000

TOPに戻る

職種研究

経営コンサルタント

何をやる仕事?

経営コンサルタントは、企業経営者にとっての相談役・参謀である。
資金調達、人材育成、経費削減、先行投資、提携・合併、リストラなど、さまざまな経営上の問題に対して方針を決めるにあたり、客観的な立場から的確なアドバイスを行っていく。

特に中小企業の場合、経営トップは相談する相手がいない場合も多く、どうしてもコンサルタントの手助けが必要になる。
グローバル化や規制緩和、IT化などによって、企業を取り巻く環境は複雑化の一途をたどっており、これまでの経営経験のみに頼って判断することができなくなってきているのだ。

経営コンサルタントは、まず顧客企業の実情把握のため、経営陣や社員にヒアリングやアンケート調査を行い、事業・人事・制度・システムなどについての課題や問題点を洗い出す。
それを踏まえて、経営トップや関係部署と綿密な打ち合わせを行いながら、改善プランを策定し、これを実行するための手順や、効果を検証するための方法なども併せて提示していく。

どんな能力やスキルが求められるか?

■経営コンサルティングを行うのに持っておきたい資格として人気が高いのがMBA。MBAは「Master of Business Administration」の略で、日本では経営管理学修士(経営学修士)といわれる。国内外の多くの学校で修得プログラムを実施しており、企業経営・管理の専門的知識を学ぶことができる。

■コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力が必要。

■企業経営に踏み込んだアドバイスを行う仕事なので、入社後は経営・会計財務などについての勉強は欠かせない。

■自主的な通信教育受講・スクーリングによって公認会計士、税理士、中小企業診断士などの資格を取得する人も多い。

■幅広い見識と知識に加えて、「自分の得意分野」を持っていることが、この仕事では有利となる。

ページTOPへ

就活大百科キーワード1000 トップへ

カテゴリーメニュー

就活準備
就活ノウハウ
就活力アップ

ページTOPへ