学生のための就職情報サイト

業界大百科 キーワード1000

TOPに戻る

職種研究

スーパーバイザー

何をやる仕事?

スーパーバイザーとは、監督、管理、監修を担当する人物のこと。
小売店やスーパーマーケット、量販店、コンビニエンスストア、レストラン、ファストフード店などの業態においては、複数の店舗を統括する職種のことを指す。

売上や管理面において店舗運営を見守り、必要に応じて指導を行う。店長にとっては頼もしい相談役であると同時に、厳しいお目付役だ。
業種や会社にもよるが、店長を経験したのち、社内の資格試験をパスしてスーパーバイザーとなることが多い。

スーパーバイザーが面倒をみる店舗は、自社の直営店とは限らない。
フランチャイズ展開を行っている場合、それまで小売業や接客を経験したことのない人がオーナーになるケースもある。
そのとき、スーパーバイザーは本社の教育担当者とともに、オーナーが経営者として自立できるよう継続的なアドバイス・教育を行っていく。

どんな能力やスキルが求められるか?

■経営や会計マーケティング、人材教育などの知識・スキルが必要となる。入社後に学ぶことができるが、学生時代から勉強をしておくと有利。

店長にアドバイス・指導をする立場なので、あらゆる面において店長を上回る知識や判断力が要求される。勉強し続ける意欲が欠かせない。

■好奇心旺盛であること。業界内の動向や担当エリアの情報はもちろん、さらに広く経済・社会全般にアンテナを向けていなければならない。

■リーダーシップが発揮できること。部下(店長たち)の相談役になれる、「懐の深さ」も必要。

ページTOPへ

就活大百科キーワード1000 トップへ

カテゴリーメニュー

就活準備
就活ノウハウ
就活力アップ

ページTOPへ