学生のための就職情報サイト

業界大百科 キーワード1000

TOPに戻る

職種研究

プログラマー

何をやる仕事?

プログラマーは、仕様書に沿ってコンピューターのプログラムを作成する。
企業により違いはあるが、基本的には処理手順を決めるフローチャート作成からはじまり、プログラム言語を使ってのコーディング、それが所定どおりに動くかのテスト、エラーがあればその原因を確かめて解消していくデバッグ、さらに、複数のプログラムを組み合わせ、システムとしての不具合がないかの結合テストや、実際にシステムが走るマシンを使ってのテストまでを担当する場合もある。

ひとつのプログラムを作るのは、馴れてしまえば楽になってくるが、キャリアアップするにつれほかのプログラムとの関連や、システム全体のなかでの整合性など、一段上の視野に立った判断が必要となってくる。

このように、プログラマーとして仕事をはじめ、プロジェクトでリーダーシップを発揮し、システムエンジニアへステップアップしていくのが通常のキャリアプランだ。

どんな能力やスキルが求められるか?

■入社前の経験はあまり問題ではない。プログラム言語を使う仕事ということで特殊に思われるかもしれないが、入社後の研修で無理なく習得できる。

■資質としては、論理的な思考ができることが基本。

■チームでの仕事がほとんどなので、協調性やコミュニケーション能力も求められる。

■技術の裏づけとなる資格としては「ITパスポート試験(IP)」「基本情報技術者(FE)」「応用情報技術者試験(AP)」といった国家資格(試験実施などの事務作業は独立行政法人情報処理推進機構が行なっている)のほか、ソフトウエアメーカーが行うアプリケーションやOSなどに関する認定試験もある。

ページTOPへ

就活大百科キーワード1000 トップへ

カテゴリーメニュー

就活準備
就活ノウハウ
就活力アップ

ページTOPへ