学生のための就職情報サイト

業界大百科 キーワード1000

TOPに戻る

職種研究

システムエンジニア

何をやる仕事?

システムエンジニア(SE)は、顧客の目的や要望を把握したうえで、それにふさわしいシステムを設計する。

プログラムの知識を学んだ後に、SEへとステップアップをするのが普通だ。大規模システムや基幹システムの場合は、上級SEあるいはシステムコンサルタントがプロジェクトリーダーとなり、サブとして何人かのSEが仕事を分担するというカタチをとる。

最適なシステムを提案するためには、コンピューターや情報技術についての深い理解を持つ一方で、顧客の業務の流れや、業界内部の用語や慣例なども押さえておかなければならない。
そのため、金融関係に強いSE、官公庁関係に通じたSE、製造ラインについての見識が深いSEなど、それぞれの得意分野を持つようになる。

どんな能力やスキルが求められるか?

■学生時代の専攻はほとんど関係ない。文系の学部出身で情報処理の勉強はしたことがないという人が、SEとして活躍しているケースも珍しくない。

■「ITパスポート試験」「基本情報技術者」といった国家資格(試験実施などの事務作業は独立行政法人情報処理推進機構が行なっている)や、ソフトウエアメーカーが行うアプリケーションやOSなどに関する認定試験を数種類取得していることが多い。

■さらに上位の国家資格としては「システムアーキテクト」「プロジェクトマネージャ」「ITストラテジスト」「システム監査技術者」などがある。

■プロジェクトを円滑に運ぶための協調性やコミュニケーション能力なども必要。

ページTOPへ

就活大百科キーワード1000 トップへ

カテゴリーメニュー

就活準備
就活ノウハウ
就活力アップ

ページTOPへ