学生のための就職情報サイト

業界大百科 キーワード1000

TOPに戻る

職種研究

薬剤師

何をやる仕事?

薬剤師は、医薬に関するプロフェッショナル。医師が出した処方箋に従って調剤するだけではなく、副作用、アレルギーの可能性や、その患者がほかに服用している薬との飲み合わせなどを考慮したうえで、服薬指導を行い、ときには医師に処方変更の相談をする。

さらには、薬だけにとどまらず、普段の健康管理や食生活についても、患者にアドバイスをしていく。医薬分業が進むなか、ますます存在感の高まっている職種だ。

その一方で、患者や顧客に対する接客業としての側面もあり、特に薬局勤務の場合は、地域コミュニティの一員という意識が求められる。
さらに、医薬品在庫管理や発注業務も重要な役目。職歴を重ねるにつれて薬局・ドラッグストアの店舗運営といった、マネジメント能力も重要となる。

どんな能力やスキルが求められるか?

■薬剤師になるには、大学で6年制の薬学系学科のカリキュラムを修了した上で「薬剤師国家試験」に合格しなければならない。

■新しい医薬に関する情報を絶えず吸収する姿勢が求められる。社内の講習会や勉強会に参加するだけではなく、自分で勉強するくらいの気構えが欲しい。

■さまざまなタイプの患者と接することになるため、臨機応変な対応力と、コミュニケーション能力が必要となる。

ページTOPへ

就活大百科キーワード1000 トップへ

カテゴリーメニュー

就活準備
就活ノウハウ
就活力アップ

ページTOPへ