学生のための就職情報サイト

ブライダル業界の規模や歴史、特色

ウエディング業界成立のはしり

日本の婚礼文化は、室町時代にほぼ整ったとされています。平安時代から鎌倉時代に「婿入り婚」(夫が妻の家に通う婚姻形態)だったものが、武家社会の発展とともに、現代の「嫁入り婚」の形態に変化をしていきました。

ウエディング業界成立のはしりは、実は、明治時代、西洋の写真撮影技術を学んだ写真館が、結婚の記念に夫婦を撮影するようになったのが起源とされています。そこからお見合い写真や記念写真という形で業界が発展していったのです。第二次大戦前の1930年代には、70%以上がお見合い結婚。その時代は、釣書と呼ばれる身上書(プロフィールデータ)とお見合い写真しか相手を知る材料がなかったため、特に女性のお見合い写真にかける情熱は並々ならぬものがあったと言われています。

結婚式場のルーツは、昭和の初めに料亭として開業した目黒雅叙園が結婚披露宴を行ったのが、その源と言われています。そこから次第に他の料亭にも結婚式場としての利用が広がっていきました。やがて第二次大戦後から、結婚式場には「写場(しゃじょう)」と呼ばれる写真スタジオが併設されるようになり、1970年代以降、ホテルでの婚礼が増えたことから、街で人気の写真館が、ホテル内に写場を構えるように。

1980年代から現在

その後、ウエディング業界は、写真館に加え美容室との提携ビジネスにより、さらなる発展を見せます。やがて神社での挙式後に、ホテルで披露宴パーティーを行うスタイルがセレブの間で流行し、それがホテルウエディングの創始とされています。このスタイルは1980〜1990年代には一般化、挙式から披露宴を行える専門式場が設けられていったのです。1990年代に入ると、バブル崩壊による企業での法人利用減少をうけ、ホテルが本格的にブライダル産業へ参入。その利便性やハード面の強さから、ホテルウエディング中心の時代へと推移していきました。また、その時期に結婚情報誌が創刊され、閉鎖的であったウエディング業界の透明化を果たしたことで、ホテルが業界に本腰を入れる後押しとなりました。

その一方、冠婚葬祭互助会も1948年に事業を開始し、平安閣グループや高砂殿グループ、玉姫殿グループが誕生。葬儀と結婚式の両面で全国に展開し、ウエディング産業を大いに盛り上げました。現在でも、それらの流れを組むメモリードやベルコなどの全国の互助会系企業はウェディング業界の一翼を担っています。

ブライダル業界にも流行がある!

ホテルウエディングの次にやってきたブームとはなんでしょうか? それは、レストランウエディングブーム。この頃メディアの影響を受け、料理にこだわりを持つ新郎新婦が増加したことや、自由度の高いオリジナルウエディングを追求するカップルの出現がそのきっかけと言われています。そのこだわりをさらに昇華させる存在として、1997年に日本初のゲストハウスが東京・立川に誕生。独立したバンケットが建つビジネスモデルは、ホテルや専門式場にはなかった「プライベート空間を貸し切ったウエディングを行う」という新しいスタイルを確立し、またたく間にそのシェアを拡張させていきました。現代は、ゲストハウスがホテルに代わって結婚式の代名詞的な存在となっていますが、近年はその良さを取り入れ、施設改修やソフト面の改善に取り組むホテルも増えてきています。

「ブライダル業界」の記事一覧

ページTOPへ