学生のための就職情報サイト

ブライダル業界の採用話

ウエディングプランナーにはギャップがつきもの?

ブライダル業界には、ほかの業界には無い、少し特殊な部分があります。だからこそ外から見える部分と、企業が採用をしたい人物像には若干の誤差があるケースが多いようです。

この業界を目指す多くの学生さんは、ウエディングプランナーを目指して、この業界を希望するのではないでしょうか? お二人の幸せを願う、ブライダル業界きっての花形の職種ですね。おそらく皆さんが想像されているとおり、いわゆるホスピタリティの精神が必要なことはもちろんです。しかし、ここで覚えておきたいことが1つ。結婚式を提供している企業にとっては、ブライダルはあくまでひとつのビジネスです。ですので、ウエディングプランナーというのは、職種で言えばセールスに区分されるのです。また、新卒に求められていることは、企業の理念を理解し、将来中核となってその成長を支えてくれること。よってこの理想と現実をきちんと理解したうえで業界の門をたたくことが、就活においては非常に重要であると言えます。

採用時期と企業規模

ブライダル業界の採用時期についてはややバラつきが見られるため、希望とする企業の採用が遅い場合は、少し戦略的な活動が必要です。最近はインターンシップを積極的に行っている企業も増えてきています。学生にとっては関心がある企業の雰囲気や、そこで働く従業員を知ることができる貴重な機会となっていますので、インターンとして就業体験をした企業の中から自分に合った企業を選択していくのもよいのではないでしょうか。

就活に関して、大きな企業と小さな企業とどちらがいいのかという質問をよく耳にしますが、何を軸に就活を行うかで、その答えは変化すると言っても過言ではありません。たとえば大きな企業であれば、教育体制や業務の専任制、大きな案件やクライアントとの提携など、組織力を生かした良さがあります。一方、小さな組織ではその規模ゆえに、新規の接客・打合せにパートナー企業との折衝、企業によっては当日のサポートまで携わるケースもあり、大きな組織では得られない経験ができるという魅力があると言えます。どちらにもそれぞれ大変さはもちろん伴いますが、将来のキャリアや自身の適性をしっかり見極めたうえで、選択していく必要があるのではないでしょうか。

新郎新婦の大切な1日を素晴らしいものにするという大きな責任を背負っている

最後に、結婚式は非常には華やかなものであり、そこに関わる人々は非常に輝いて映っていることでしょう。けれど、結婚式が行われるまでには最低でも半年間の準備期間があり、長い方になれば、1年間をかけて当日を迎えるのです。ブライダル業界に携わる方は、そんな想いが込められた大切な1日を、新郎新婦とともに創り上げるという大きな責任を背負っていることを常に覚えておかなくてはなりません。責任の分、裏方の仕事や、辛いことが多いこの業界。しかしそれを乗り越えた先には、他では得ることのできない経験と、顧客との生涯の付き合いが存在します。それこそが、ブライダル業界に携わることの、最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

「ブライダル業界」の記事一覧

ページTOPへ