学生のための就職情報サイト

裏で旅行を支える仕事

裏で旅行を支えている仕事をピックアップ!

☆メディア販売   ☆オンライン販売    
☆商品企画     ☆仕入れ、手配
☆商品PR      ☆ツアーオペレーター
☆旅行業務取扱管理者

メディア販売

新聞や雑誌の広告でツアー客を募集する、メディア販売。特徴は店舗を持たないこと。そのぶん営業コストを下げられ、低価格の旅行商品を販売できることから、インターネットが普及した現在でも広く支持されている業態。旅行各社では、顧客の囲い込みを図り、リピーターとなってもらうように、定期的に会員誌を発行している。カウンターセールスのように消費者と直接向き合って販売ができないため、商品力が勝負となる。魅力的なツアーをいかにお値打ち価格で提案できるかが問われる仕事だ。

オンライン販売

オンライン販売は24時間営業が可能となることから、旅行各社はインターネットが普及するといち早く導入した。メディア販売と同様、店舗は必要ないが、サイト上で商品説明から予約決済まで完結させなければならないため、消費者にとって使いやすいサイトの構築や日々のメンテナンス、問い合わせへのすばやい対応が求められる。同業他社のサイトで商品の中身や価格を簡単に見比べられるため、目を引く商品の見せ方の工夫や定期的なメールマガジンの発行などで、常に需要喚起を図る攻めのアプローチが必要となる。

商品企画

ツアーのコースや宿泊先、交通手段などの具体的な中身を設計するのが「商品企画」だ。一般に旅行会社では、海外旅行ならヨーロッパやアジア、ビーチリゾートなど地域別に部門が分かれている(国内旅行も同様)。旅行マーケットが多様化するなか、スポーツや音楽鑑賞、ヘルスツーリズムなどテーマや趣味に特化したツアーの企画を担当する部門もある。それらのツアー広告を掲載した自社の旅行パンフレットを制作するのも仕事。印刷会社や編集制作会社との協働となる。マーケットがいま何を求めているかを見極めるセンスが問われる。

仕入れ、手配

「商品企画」が旅行の設計をするのに対し、「仕入れ、手配」は旅行商品の素材となる航空券など交通機関の座席やホテルの客室の仕入れ、レストランやアトラクション、ガイドの手配などを行う。どんな魅力的なツアー企画ができても、実際に素材を仕入れることができなければ、ツアーは成立しない。「商品企画」がつくったツアー商品に合わせて航空券やホテルを手配するだけでなく、逆に一定数の販売を見込んで安く仕入れた航空座席や客室をもとにツアーが企画される場合もある。「商品企画」と「仕入れ、手配」は息の合った連携が求められる。

旅行業務取扱管理者

旅行業法は、旅行会社の営業所に必ずひとり以上の「旅行業務取扱管理者」を置くことを義務付けている。「旅行業務取扱管理者」とは、旅行商取引を行ううえで必要な専門知識や法律上の規定に関する国家試験に合格した有資格者を指す。旅行パンフレットには、資格者の名前を明示することが義務付けられている。

「旅行業界」の記事一覧

ページTOPへ