学生のための就職情報サイト

旅行業界を支えるその他団体

旅行業界周辺の、その他団体をピックアップ!

☆政府観光局
☆旅行PR会社(旅行コンサルティング)
☆旅行業協会
☆観光庁/日本政府観光局(JNTO)

政府観光局

政府観光局は、海外の国々が日本人向けに開設した広報センターの出先機関。観光客誘致キャンペーンやイベント、宿泊施設などを一般旅行者向けに紹介し、旅行会社やマスコミに広報していくのが仕事だ。特に旅行会社向けには、定期的にニュースリリースを配信したり、観光案内パンフレットを制作したりして、自国の観光資源をアピールし、実際のツアーを造成してもらうよう働きかける。ブリティッシュ・カウンシル(英国)やアテネ・フランセ(フランス)のように、留学や文化広報に特化した情報発信や相談を受け付けている機関もある。

旅行PR会社(旅行コンサルティング)

海外の政府観光局や外資系ホテルチェーンなどの広報やPR、マーケティングサービスなどを提供する専門会社が旅行PR会社だ。主な仕事は、クライアントとなる海外の観光局やホテル予約代行会社(レップ)の日本事務所のメディアを対象としたプレスリリースの制作・配布、メディアの取材や記者会見のアレンジなどの会場準備や運営を行うこと。また一般消費者向けの観光パンフレットやポスターの制作、日本語ウエブサイトの開発やメンテナンスなど、手広く業務を担当している。

旅行業協会

旅行業者が加盟する一般社団法人で、消費者に対する苦情処理や弁済業務、研修などの法廷業務や広報業務を広く行っている。母体が「国際旅行業者協会」で、主に海外旅行を扱う旅行業者が中心の日本旅行業協会(JATA)と、国内旅行を扱う各都道府県の旅行業協会が中心の全国旅行業協会(ANTA)がある。

観光庁/日本政府観光局(JNTO)

観光庁は国土交通省の外局のひとつで、2008年に設置された。観光立国の実現に向けて、魅力ある観光地の形成や国際観光の振興などを任務としている。観光庁所管の独立行政法人の日本政府観光局(JNTO)は、海外での訪日客への観光案内や宣伝を行っている。現在、訪日客の多い海外13都市に事務所を設置している。

「旅行業界」の記事一覧

ページTOPへ