学生のための就職情報サイト

表でレジャーを支える仕事

レジャー業界の中でも、表舞台で活躍することの多い仕事をピックアップ!

☆施設運営    
☆接客サービス   
☆ユーザーサポート
☆ショーキャスト

施設運営

オペレーションスタッフのこと。施設の管理運営に関わるため、業務内容は多岐に渡る。具体的にはアトラクションの運営、点検はもちろん、故障対応や備品管理、清掃管理、エネルギー管理、スタッフの管理など。技術職として資格を取得する人もいる。

繁忙期には自ら現場に立ち、入場者などの案内・整理にあたる。基本的なサービス技術、接客マニュアルは身につけておかねばならない。

接客サービス

迷子や落し物、体調が優れない顧客のために、窓口となってすばやく対応する。主にトラブル時の業務となるため、冷静かつ迅速、正確な仕事ぶりが求められる。

対応内容によっては問題を大きくしてしまうこともあるが、素早くていねいなサポートをすることで、新たなファン獲得に繋げることもできる。スムーズな対応のため、日ごろから警備防犯、接客サービス、人事教育など、他部門との連携が必須。

ユーザーサポート

迷子や落し物、体調が優れない顧客のために、窓口となってすばやく対応する。主にトラブル時の業務となるため、冷静かつ迅速、正確な仕事ぶりが求められる。

対応内容によっては問題を大きくしてしまうこともあるが、素早くていねいなサポートをすることで、新たなファン獲得に繋げることもできる。スムーズな対応のため、日ごろから警備防犯、接客サービス、人事教育など、他部門との連携が必須。

ショーキャスト

テーマパークなどで、パレードや、アトラクション、レストランにて客にショーを見せる。

場所や目的によって求められる要素は異なり、ダンスや演技、パントマイム、手品、バルーンアートなどさまざま。ときには着ぐるみを身に着けたり、メイクなどでクラウンになることも。

客を楽しませたいというエンターテイナーであることはもちろん、体力や日々の努力も必要。

「レジャー業界」の記事一覧

ページTOPへ