学生のための就職情報サイト

表でブライダルを支える仕事

ブライダル業界の中でも、お客さまと直接接する機会の多い仕事をピックアップ!

☆ウエディングプランナー  ☆サービスキャプテン
☆ドレススタイリスト    ☆ヘアスタイリスト
☆フォトグラファー     ☆司会者

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーとは、結婚のプランなどサポートしたり、式の段取りをしたりする職業。新規プランナーと施行プランナーがあり、新規プランナーは、成約と呼ばれる結婚式の申込を行なってもらうことを目的に、新郎新婦の希望を聞き、提案を交えつつ自社会場・スタッフの魅力を最大限伝えるプランナーのこと。ゲストの気持ちや信頼を短時間で獲得するスキルに加え、見積もり提示を意識した高い営業能力が求められる。

一方、施行プランナーとは、新規プランナーから成約のお客さまを引き継ぎ、結婚式当日までのゲストとの打合せを担当するプランナー。企業によっては新規から施行までを一貫して行なうケースもあるが、求められるスキルの違いや、効率を考え、新規と施行を分けて考えるのが一般的になっている。結婚式当日、会場に顔を出すのは施行プランナーであるケースが多い。

サービスキャプテン(バンケットマネージャー)

結婚式の進行と、料理状況共有や次の演出前の声掛けなど、当日全体のケアを取り仕切るスタッフの呼称。レストランサービスや宴会サービス経験者が多く、いわば結婚式におけるサービスのプロフェッショナルである。当日を預かる立場になるため、プランナーとの演出・進行の打合せや、会場レイアウトに対するアドバイスを担うケースもある。

ドレススタイリスト

ウエディングドレスコーディネーターとは、ウエディングドレスを必要としている新婦の希望やイメージに合うドレスや小物、アクセサリーなどをお見立てする、ウエディングドレスの専門家。自らの知識や個性、デザインセンスを活かし、一人ひとりの魅力を引き立てるコーディネートを提案しなければいけないため、見立てのセンスが必要な仕事。

ヘアスタイリスト

結婚式でのヘアメイクを担当し、ウエディングという一生に一度の特別なシーンで花嫁の美しさを最大限に引き出す仕事。ドレス、和装といった衣装や、挙式披露宴の流れなど、ブライダルならではの専門知識が必要不可欠な特殊なヘアメイクアーティストと言える。短い時間でお色直しなどをしなくてはいけないので手際の良さが必要となる。

フォトグラファー

結婚式や披露宴の写真を撮影する結婚式専門のカメラマン。人生の門出を迎えた新郎新婦の幸せな表情や結婚式や披露宴の様子を記録する。最近では、披露宴をゆっくりと楽しみたいという新郎新婦の希望が強くなり、和装を中心に「前撮り」と呼ばれる事前撮影が一般的に浸透している。

司会者

結婚する幸せな二人の門出を盛り上げるお手伝いをするのが、ブライダル司会者の役割。結婚披露宴は司会者の力量によって、成功を収めることができるか否かが決定されると言っても過言ではないため、ウエディングプランナーと共に、司会は結婚式において非常に重要なポジションを占めている。

「ブライダル業界」の記事一覧

ページTOPへ