学生のための就職情報サイト

Lesson2 「平服(私服)OK」のときは何を着ていく?

服はコミュニケーションツール

就活生のリクルートスーツの画一化が進むにつれ、面接に際して「平服(私服)でお越しください」「スーツの必要はありません」と伝えてくる企業も増えてきています。
これには、かえって、何を着て行けばいいのか難しいと頭を抱える人も多いのではな
いでしょうか?

常識的に考えると、この場合は、上下同じ色のスーツでなくても、就活生らしい服装であれば構いません、ぐらいにとらえておいたほうが良さそうです。
平服、私服=普段着でもOKと考えるのは危険。面接官に「この人となら一緒に働きたい」と思わせることができるかどうか、客観的に見直してみましょう。

社会人にとって、服はコミュニケーションツールです。あなたが、ビジネスの場にふさわしく振る舞えるマナーを身に付けている人かどうかを、服装を通して企業は見極めようとしているのです。

この選択はOK?NG?と悩みがちなグレーゾーンも基本ルールさえ理解できていれば、難しいことはありません。

服を味方につけて、面接を突破しましょう!

知的で活発な印象を狙うなら 「シャツ+パンツ」

就活用のパンツに、きちんとした印象の襟付きシャツを合わせるのも1つの方法です。

色がベーシックでも写真左のようにチェックなどの柄やボタンダウンシャツや太いストライプのものはカジュアルで砕けた印象を与えてしまうので避けた方が無難でしょう。

きちんとしたシャツに紺やグレーなどのジャケットを羽織れば、さらに知的で活発な印象になり万全です。

スカートスタイルはあくまでも上品で清楚に

好感度の高い服装としておすすめなのは、ブラウスとスカートの組み合わせ。
それだけでは寒い季節にはカーディガンを羽織るのはオフィスでもよく見かけるスタイリングです。でも、1つ気を付けていただきたいのが、「ロングカーディガン」。1番左の画像をご覧いただくと一目瞭然! こなれた大人っぽさが災いして、就活生の1番の売りである若さや清潔感が損なわれてしまっています。
就活での羽織りものは、ノーマル丈を選びましょう。平服(私服)の指定があれば、画像右のようにノーカラージャケットも失礼にあたらず、清楚な印象を与えることができます。

大きめアクセサリーは×! 色の力でイメージアップを

就活では、ネックレスやピアスなどの装飾品は極力控えたいところ。
しかし、さりげない大きさのものであればOKの場合もあります。ネックレスであれば、画像左のように大ぶりでチェーンが胸元までくるような長いものはお辞儀したときに邪魔になったり、こなれた感が出てしまうので避けましょう。
ネックレスを付けるのであれば、細めのチェーンで小ぶりのペンダントがあるものくらいがオススメです。
また、時計もシンプルなものがベター。平服、私服指定の良いところは、スーツのときよりも、色に対する縛りが多少ゆるくなること。上品なパステルカラーをジャケットのVゾーンから少しのぞかせる程度なら、さりげなく、色のイメージを自分の印象にプラスすることも可能です。
たとえば画像中央、画像右のようにミントグリーンは、身体と感情を冷やし、落ちつかせる色で、必要以上に目立たず、心に安らぎを与え、賢く優しい女性像を印象付けるのに一役買ってくれる効果があるのだとか。ぜひ、活用したい色ですね。

衣装協力

ザ・スーツカンパニー新宿本店、ユニバーサルランゲージ渋谷店、ブルー エ グリージオ バイ ユニバーサルランゲージたまプラーザテラス店、夢展望

「スタイルアップ講座はコチラ」の記事一覧

profile

佳音(かのん)
スタイリスト / 厚生労働省指定キャリアコンサルタント(JCDA所属)

関西学院大学文学部日本文学科卒  神戸文化服装学院 夜間部 服装科中退   
アパレル、ファッションマーケティングオフィスを経て独立。スタイリスト歴20年。
Oggi、Domani、25ansなどの雑誌のべ150誌、TV番組、CMで有名タレントのスタイリングを多数担当。近年はスタイリストとしての知識、経験に心理カウンセリングを融合させ「おしゃれセラピスト(R)」として1人1人のキレイを見つけ、HAPPYに導く、“服で福を引き寄せる”活動を推進中。 
ブログ「ヒロインスタイリング」http://ameblo.jp/atelier-canon/

メイクアップ講座はコチラ

スタイルアップ講座はコチラ

ページTOPへ