学生のための就職情報サイト

日焼けしていない方がいいってほんと?

「就職活動せずに遊びほうけていたんじゃないか?」と思われるから日焼けは気をつけて、と昔から言う人はいましたが、企業は、今も昔もそんなことは気にしていません。もし不採用だったとしても、「日焼けしていたから」なんて理由は絶対にありませんから、安心してください。

逆に、日焼けを上手にアピールにつなげることも可能です! 日焼けしている、ということは、その人の特徴になります。きっと面接官は、「ずいぶん日焼けしているけれど、何かやっていたんだろうか?」と考えるのではないでしょうか。そこから話が広がり、日焼けするほど夢中になったこと、頑張ったことなどをアピールすることもできますよね。

また、就職活動中は、就職活動だけしかやってはいけないわけではありません。おろそかになっていなければ、今も活動しながら両立を頑張っている、ということもアピールとしてOKです。そして面接の時には、日焼け=元気なイメージにつながりますから、そのイメージに負けないくらい、明るくハキハキとアピールしましょう。

不健康な黒さでなければ、まったく問題ないですよ!

ページTOPへ