学生のための就職情報サイト

ヒールはあまり高くないほうがいい?

ビジネスシーンでも、あまり高すぎるヒールは、好まれません。仕事は、頭も使いますが、フットワークの軽さも大事なのです。高すぎるヒールで動きが遅くなるのであれば、もちろんNG。

では、どれくらいがよいのかというと、通常3センチ〜5センチくらいが目安です。これくらいの高さは、バランス的に就活用スーツにもぴったりです。ヒールの高さはスーツと合わせて全身のバランスを見て、3センチ〜5センチで、自分が一番しっくりくる高さを選ぶようにしましょう。

中にはヒールを履きなれていないし、疲れるから、という理由で、ヒールのまったくないペタンコな靴を履いている人を見かけることがありますが、これは逆にNG! 理由は、スーツにマッチしないからです。疲れないための靴選びも大切ですが、見栄えやバランスも大事ですよ。

私自身、仕事でヒールのある靴を毎日履いていますし、一日中立ちっぱなしということも。疲れないための工夫として、中敷のクッションを敷いたりしています。また、オススメは、足首にストラップが付いている靴です。これですと、靴と足が一体になり、歩いていて足から靴が離れませんから歩きやすいですよ。もちろん、ミュールやかかとの出たサンダル型の靴は、就活用スーツと合いませんから避けましょう。

ページTOPへ