学生のための就職情報サイト

面接のときは、ゆっくりしゃべったほうが好印象なの?

面接は、あなたがどんな人なのかを全身で伝える機会です。エントリーシート(ES)に記載されている内容だけではわからない、人柄はもちろん、仕事への姿勢、どんな性格や強みを持っている人なのかを会話しながら伝えていきます。

ここでひとつ問題です。相手が受ける印象、記憶に残る要素として、話の内容は、100%中どれくらいだと思いますか? 正解は、たったの7%と言われています。それ以外から、相手はみなさんの印象を決定づけたり、覚えてくれていたりするのです。「それ以外」とは、声のトーン、スピード、語尾などの喋り方と、身振り手振り、顔の表情などのジェスチャーといった「動き」です。

ここで試しに、同じ内容のESを早口でしゃべるパターンと、ゆっくり落ち着いてしゃべるパターンとで比べてみてください。同じ内容なのに伝わる印象が違うはずです。おそらく、後者のほうが安定感がある、落ち着いているなど、ビジネススキルを持ち合わせているという印象を与えるのではないかと思います。

しかし、だからといってずっとゆっくりしゃべるだけがよいわけではありません。先ほども述べたように、相手に印象づけるためには「動き」も大事です。そのためには、ずっと同じトーンではなく、抑揚をつけて話す必要があります。

たとえば、一生懸命頑張ったことを話す時には、淡々とゆっくりしゃべるだけでは気持ちが伝わりませんから、少し早口でも元気に話すことを心がけましょう。あなたが伝えたい言葉を相手にしっかりと伝えるためには、いろいろな声のトーンやスピードを組み合わせることも大事です。これは、いわゆるプレゼンテーションスキルになりますから、練習あるのみ! 必ず身につきます。

ページTOPへ